妊娠・出産・育児の情報サイト

あせもの症状と治療法

かきむしったり、蒸れないように気をつけて

汗をかくとできやすく、化膿(かのう)することも

あせもは、赤ちゃんの肌の汗のたまりやすい部分にできるブツブツです。とくに赤ちゃんのおでこ、首の周り、頭、脇の下、腕や膝の裏のくぼみ、背中、股のしわの部分などにできやすく、赤や白のブツブツが点々とできます。これは汗腺(かんせん)の入り口がほこりや皮脂で詰まって炎症をおこすことが原因です。かゆみを伴うため、かきむしってしまうと細菌がついて化膿し、痛みや発熱を伴うこともあります。汗をかいたり、蒸れやすい状態になるとできやすくなります。

赤ちゃんの肌を清潔に、涼しく保ちましょう

赤ちゃんの肌を清潔に、蒸れないように保ってあげることであせもはよくなります。汗をかいた後はシャワーで洗い流してあげる、外出先ではこまめにぬれタオルなどで汗を拭き取ってあげるなどして対応しましょう。また、冬でも暖房を効かせすぎたりするとあせもになってしまいます。年間を通して、室温調節を心がけ、厚着をさせすぎず、吸水性や通気性のいい服を着せてあげましょう。かきむしり防止のため赤ちゃんの爪は短く切り、悪化するようなら小児科を受診します。