妊娠・出産・育児の情報サイト

じんましんの症状と治療法

猛烈なかゆみを伴う病気。投薬で治療を

アレルギーや紫外線など、原因はいろいろ

じんましんは輪郭のはっきりした赤い発疹(ほっしん)で、猛烈なかゆみを伴います。突然皮膚に現れ、位置が移動するのが特徴です。食べ物や薬によるアレルギー反応、紫外線や急激な温度変化に肌が刺激されることによるもの、風邪などの感染症からの併発など様々な原因が考えられ、血液検査をしてみても原因がわからないことも多いです。かゆみが非常に強く、ひっかくとまたじんましんが広がるという悪循環になりやすいものなので注意したいです。

口やのどにできた場合は受診しましょう

とくに治療をしなくても数分から数日で自然に消えていきますが、口やのどがはれて呼吸が苦しそうなときはすぐに受診しましょう。猛烈なかゆみからひっかいて広がってしまうという悪循環を起こしてしまいます。抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬を飲んだり、症状がひどいときはステロイド薬を使うこともあります。かゆみがひどいときには、じんましんが出ている部分をぬれタオルで冷やし、かゆみを落ち着かせてあげましょう。