妊娠・出産・育児の情報サイト

食物性アレルギーの症状と治療法

アレルゲンになりやすい食物に注意

食物によりアレルギー症状がでます

食物性アレルギーは、アレルゲンである食べ物を食べたあとに、じんましん、嘔吐(おうと)、下痢、呼吸困難、アナフィラキシーなどのアレルギー症状が出る病気です。代表的なアレルゲンとしては鶏卵、牛乳、小麦があり3大アレルゲンと呼ばれています。これらは成長とともにアレルギー症状が軽くなることが多いですが、えびなどの甲殻(こうかく)類、そば、ピーナッツなどはアレルギーとなる人の数は少ないものの大人になってもアレルギー症状を起こします。

発育に注意しながら除去食を行いましょう

アレルゲンとなっている食べ物を食べないことが一番です。これを除去食(じょきょしょく)といいます。しかし、赤ちゃんや子どもにとってはむやみな除去食は発育障害を引き起こす原因となることもあります。医師に相談した上で、食物日誌や検査を行ってアレルゲンを突き止める、除去品目は最小限にする、代替食品を与える、漠然と長期間除去しないなどの注意が必要です。アレルゲンが複数ある場合は、除去する品目は最小限にして抗アレルギー薬を飲ませることもあります。