妊娠・出産・育児の情報サイト

乳児湿疹(にゅうじしっしん)の症状と治療法

汗腺(かんせん)や皮脂腺の集まる場所にできる

多くの赤ちゃんにできるのが乳児湿疹

生後2週間〜1年ぐらいの時期に、顔や頭、わきなど、汗腺や皮脂腺の集まる場所に赤いブツブツができるのを総称して「乳児湿疹」といいます。これは特別な病気ではなく、多くの赤ちゃんがかかるものと考えてよいでしょう。汗やよだれ、離乳食の食べこぼしなどが原因でかかったりし、アレルギー性のものではありません。口の周りや頭、額、ほほなどにカサカサした、またはジュクジュクした湿疹ができます。かゆみはあるものとないものがあり、症状には個人差があります。

ていねいなケアをすれば3〜4週間で治ることが多い

乳児湿疹が一番出やすいのが生後1〜2カ月で、3カ月を過ぎると減ってくるというパターンがよくあります。湿疹が出た場合にはまず肌を清潔に保ってあげることを心がけましょう。汗をかいたり汚れがついた時は、お湯につけて絞ったガーゼなどで優しくふいてあげ、汚れが肌についたままにならないように気を配ってあげましょう。乾燥しそうな箇所には保湿剤を使ってあげながら、ていねいにケアをすれば3〜4週間で治ってきます。かさぶたが分厚くなったり、症状が長引いたり悪化したら小児科に連れて行きましょう。