妊娠・出産・育児の情報サイト

薬疹(やくしん)の症状と治療法

見た目だけでは判断が難しい。医師に相談を

薬のアレルギー反応として発疹が出る

飲み薬などを使用した時に、アレルギー反応として赤い点々や丸いブツブツなどが出る病気です。形や大きさなどがまちまちなので、見た目だけで薬疹かどうかを判断するのは難しいですが、多いのは、丸く赤い斑点が出てかゆみを伴うものです。ひどいときは、かゆみとともに発熱や、リンパ節の腫れなどが出ることがあります。抗菌薬、風邪薬、抗てんかん薬など、さまざまな薬が原因となり、一度薬疹が出ると次回からはさらにひどくなるのが特徴です。

まず医師に相談し、再発防止に努めましょう

万が一、処方薬を飲ませたあとに発疹が出たら、かかりつけの病院などですぐに相談をするようにしましょう。服用した薬、服用量、症状が出た時間などを、なるべく詳しく伝えましょう。たいていの場合、かゆみ止めとして抗ヒスタミン薬の飲み薬や塗り薬が処方されます。症状が悪化している場合はステロイド剤が処方されることもあります。かゆみがひどそうなときは冷やしてあげましょう。また、再発防止のためにその後病院にかかる時は、必ず医師に薬疹が出たことがあることを告げましょう。