妊娠・出産・育児の情報サイト

妊娠 ニキビ

妊娠のニキビ 体験談

妊娠中はニキビが増えますか?

ひつじさん

妊娠初期にはホルモンバランスが大きく変化するためか、生理前後のようなお肌のトラブルがありました。普段はあまりニキビなどは出来ない体質だったのですが、妊娠初期に顎と背中に赤く大きなニキビが出来てしまいました。
つわりが治まり胎盤が完成される頃にはホルモンのバランスも安定したのか、徐々に肌荒れも落ち着いてきました。そして安定期に入ってからは肌トラブルとは無縁の快適なマタニティライフを過ごしました。
妊娠初期の肌荒れには少々落ち込みましたが、その後は人生で一番肌のコンディションが良かったと言えるくらいに良好でしたので、個人差はあるとは思いますが、妊娠によるニキビなどの肌トラブルは一時的なものである可能性もあるかと思います。

KIKOさん (5ヶ月、1歳8ヶ月児のママ)

妊娠中には、ホルモンバランスの変化でニキビができやすくなるそうです。顔のほか、背中などにできることもあり、今までできたことのない箇所にできることで、驚く人もいるようです。
その理由は、妊娠を継続させるためのプロゲステロンが盛んになるからなのだそうです。皮脂分泌を活発にするため、毛穴が詰まってニキビになります。
ニキビが増えると聞いてはいましたが、私の場合はあまりできませんでした。そのため言えるのは「個人差が大きい」ということです。
ただ、2人の出産で、つわりもあり、スキンケアもいつも通りに行えずに肌の調子がよくなかったことは確かです。また、1人目の時は初期出血もあり、日常生活を送ることができない時期もありました。そんな時はスキンケアも充分にできず、普段よりもお手入れを怠っていたことは確かです。
妊娠中はニキビのような肌トラブルはもちろん、いつもとは違う症状が出ることも多いような気がします。

なもさん

私の経験では、妊娠が分かったと同時に顔だけでなく、体にまでニキビが出来るようになりました。一番ピークの時は、胸や背中にまで出来、このまま全身がニキビだらけになってしまうのではないかとすごく不安になった事を覚えています。とにかくどうにかしなければと思い、皮膚科にも相談しましたが、妊娠中はどうしてもホルモンバランスが変化するため、仕方のないことだとの説明でした。
さらにお腹の赤ちゃんの事を考え、処方されたのは軽めの塗り薬1本だけでした。ニキビが出来たら薬を塗るの繰り返しであまり効果は見られず、どんどん増え続けていきました。
しかし出産を終え、体の調子が戻り始めると今までの悩みのニキビが嘘のように減り、ほとんど出来なくなりました。当時は本当に辛い事でしたが、今となっては跡形もなく肌も元通りになり、毎日子育てに励んでいます。妊娠期の特有の症状ですので、気にし過ぎず、割り切って過ごしていればよかったと今では思っています。悩んだことで悪化した部分もあったように感じるからです。

妊娠中のニキビの対処法はありますか?

ひつじさん

私は妊娠初期にニキビに悩まされていたのですが、その頃は赤ちゃんに悪影響があるものはなるべく排除しようと、とても気を遣っていた時期でした。今思えば神経質だったかもしれませんが、塗り薬を塗るのにも胎児に影響はないか調べるほど慎重になっていました。さらにつわりの時期とも重なっており、匂いに過敏に反応してしまうため、普段のスキンケア用品の匂いもつらいという時がありました。
そのため、妊娠初期のニキビに対してはとにかく清潔であることを心がけるようにして対処しました。顎のニキビが赤く大きくなりあまりにも見た目がひどかった時期には、マスクをして凌いでいました。
つわりで食欲がない時期もありましたが、少しでも肌荒れが改善することを願って果物などからビタミンを摂取することも意識していました。

KIKOさん (5ヶ月、1歳8ヶ月児のママ)

妊娠中のニキビの原因は、女性ホルモンのプロゲステロンによるものなので「仕方ない」と割り切ってしまう以外ありません。産後にはホルモンバランスも安定することも多く、「今だけ」と考える方法も有効です。
ですが、ニキビの跡が残ってしまうのは避けたいものです。そのため、皮膚を清潔に保っておくことは心がけましょう。
メイク落としや洗顔をしっかりして肌に汚れを残さない、跡を残さないためにもニキビを潰さない、ファンデーションをミネラルファンデーションにするなどです。食事も脂っこいものよりも野菜を中心にした方ができにくくなると言われます。
ひどい時には産婦人科のドクターに言うと、妊娠中でも使える薬を処方してくれる場合もあるようです。
私はつわりもあったので、気分をスッキリさせるために洗顔を1日に何度もしていました。顔がスッキリするとつわりも緩和され、ニキビができることもなかったので、自己流ですが「こまめな洗顔が以外とよかったのでは?」と思っています。

なもさん

妊娠中にニキビがたくさん出来て酷く悩んだので、妊婦検診の際に産婦人科の先生に聞いてみると、どうしても妊娠中はホルモンバランスの変化により、ニキビが出来やすいとのお話でした。しかしその話を聞いた後も出産を迎えるまでは本当に驚くほどのニキビが出できてしまい、毎日鏡を見るのが憂鬱になった程です。
しかし、赤ちゃんのためには出来るだけ薬や漢方を服用する事を避けるようにお医者さんに言われていたため、為す術がなく落ち込んでいました。そのことを先輩ママさんに相談すると、毎日の食生活を整えたり、睡眠を多くとる、規則正しい生活をする事で肌の状態も変わると教えてもらいました。つわりの時の食事はとても辛いけれど、食事を摂らない事には便秘にも繋がるし、便秘になれば肌の調子も自然と悪くなるから悪循環になってしまうそうです。だからといってサプリメントに頼ったりせず、自分のいける範囲内で実践する事が大事だと教えてもらい、早速その日から実行するようにしました。
出来るだけ新鮮なフルーツを食べたり、一日三食の食事を和食にして間食を控え、早寝早起きを心がけるなど自分の出来る範囲で実践してみたのです。必要に応じて、適切なサプリメントを摂りいれたりもしました。さらに朝と夜の二回洗顔を試みるようにしました。すると、毎日のように出来ていたニキビの数が減り始めた気がしました。出産までに全部が完璧に治ったわけではありませんでしたが、出来る事を実践していなければもっとひどい肌になっていたかと思うとゾッとします。やはり体の中から整えていくことが一番だと実感しました。

妊娠中のニキビは、産後改善されますか?

ひつじさん

安定期に入ってからはニキビに悩まされることはなくなり、出産後もニキビは出来ていません。産後は産後でニキビ以外の肌トラブルに悩まされてはいるのですが、ニキビに関しては妊娠前の体質に戻ったように思います。
出産直後もホルモンのバランスが乱れるため、ニキビが出来るかもしれないというという不安はありましたが、自分のことにはあまり構っていられないような慌ただしい生活を送る中、ニキビに悩まされることがなかったのはありがたかったです。
母乳育児をしていると油ものを食べすぎないように気を付けたり甘いものを控えたりするため、ニキビが出来にくい食生活になるということも要因として考えられるかもしれません。
また、化粧をする機会も極端に減ったため、肌へのストレスがなくなったということも肌質改善には良かったのではないかと思います。

KIKOさん (5ヶ月、1歳8ヶ月児のママ)

妊娠中のニキビは、産後になるとよくなる人が多いです。妊娠中にできるニキビの原因は女性ホルモンのプロゲステロンによるもので、妊娠を継続できるように分泌が多くなってしまうからできるのだそうです。ストレスや生活習慣が原因のすべてではないので、気に病むのはいけません。
ニキビも初期にできる人が多く、安定期に入るとおさまる場合も多いと聞きます。
生活習慣で言えば、産後も授乳で、夜中も起きなくてはいけません。そのため、スキンケアに時間をかけていられない時もあります。そうしてニキビが出る場合もあります。
しかし、女性ホルモンの分泌によってのニキビで悩む人は少なくなります。処方できる薬も妊娠中より多くなるので、治療もしやすくなります。 妊娠中にニキビに悩んでいても「今だけ」と思って割り切るのが気持ち的にも楽になります。

なもさん

私は、妊娠初期頃から肌荒れに悩まされ、皮膚科にも通った経験があります。顔や背中などにたくさんのニキビができてしまい、鏡を見るのも嫌になるほどでした。芯のある大きなニキビが多く、触ってはいけないと分かっていながら、どうしても潰してしまい、跡が残らないかどうか心配するといった繰り返しでした。皮膚科のお医者さんからは、出産するとまた体質もガラリと変わるので、ニキビも落ち着くだろうから、妊娠中は出来るだけニキビを触らないようにし、清潔に保つように言われました。
しかし実際出産を終えても、ニキビが激減するわけでもなく、このままどうなってしまうのだろうと心配で仕方ありませんでした。初めての育児に毎日バタバタしていて、自分の肌の事など考える余裕もなくなっていたこともあり、いつの間にかあまり気にしなくなりました。
すると育児にも慣れ、生活も落ち着いてきた半年位から、肌の調子が良くなり始めているような気がして鏡を見てみました。気付かないうちにニキビは改善され、幸いにも跡形も残らず綺麗に治っていました。本当に驚きましたが、ホルモンバランスの変化に加え、ストレスや睡眠不足などがやはり大きく関係していたのだと気付かされました。