妊娠10ヵ月にやることダンドリ

妊娠10ヵ月にやることダンドリ

※雑誌「妊すぐ2014年1月号」の記事となり、当時の記事を掲載しています

  • ●子宮の位置が下がりおなかが前に突き出てくる
  • ●胃の圧迫感がなくなり、食欲がでる
  • ●腰や足の付け根、恥骨のあたりが痛むことが多くなる
  • ●さらにトイレが近くなる
  • ●おなかの張りを頻繁に感じる
  • ●胎動を感じることは少なくなる

やっておくべきこと

産院までの交通手段のメモを作り所持しておく
病院に行く道順や方法を確認し、緊急の時のためにタクシー会社や緊急連絡先の電話番号もすぐにわかるようにしておこう。

[緊急リスト]

・タクシー会社の電話番号

・病院の電話番号

・彼の電話番号・メールアドレス

・病院までの行き方(ラッシュ時)

・病院までの行き方(深夜など)

入院・出産用品をもう一度チェックする

出産に備えて心の準備を

出産の兆候を見逃さないように
おしるしと呼ばれる血のまじったおりものが出たらお産が近いサイン。数日後に陣痛が始まる場合が多い。先に破水があった場合は、感染症の心配があるのですぐに産院に連絡し向かおう。

[いくつかのサイン]

・おしるし

・陣痛

・前期破水

ワーキング妊婦さんがやるべきこと

定期的に職場に連絡をする。
定期的に仕事場に連絡をしてつながりを絶やさないことが、仕事場への信用にもつながるので大事。

彼にお願い!

手続き関係はすべて彼におまかせ。
産後は赤ちゃんの世話で忙しい日々が続くので、出生届など早めに提出するべき書類の手続きは彼にまかせるなど役割分担を。