妊娠・出産・育児の情報サイト

妊娠5ヵ月にやることダンドリ

妊娠5ヵ月にやることダンドリ

※雑誌「妊すぐ2014年1月号」の記事となり、当時の記事を掲載しています

  • ●乳房が大きくなる
  • ●体重が増え、おなかの膨らみが目立つようになる
  • ●貧血になりやすくなる
  • ●早い人は胎動を感じ始める
  • ●赤ちゃんの性別がわかり始める

やっておくべきこと

戌の日には安産のお参りへ
日本には妊娠5カ月目に入った最初の戌の日に、妊婦さんが腹帯を巻いて安産祈願のお参りをする風習が。彼や親と行ってみて。

マタニティウェアを着用する

前かがみで浴槽を洗うなどおなかを圧迫するような姿勢はさけるように

鉄分の多い食生活を心がける
妊娠中は赤ちゃんの発育のため鉄分の必要量が増加し貧血になりやすい。ほうれん草やレバーなど鉄分が豊富な食材をしっかりとろう。

母親学級がいつあるか調べて参加する
住んでいる地域と入院する病院の母親学級があり、準備するものや赤ちゃんのお世話の方法がわかるのでぜひ参加を。彼も参加できる両親学級がある場合も。

引っ越しや挙式をするなら今のうちに
つわりもおさまり一安心な時期だけど無理は禁物。業者に頼む引っ越しパックやきつくないウエディングドレスを選んで身体へ負担がかからないように。

彼にお願い!

おなかが大きくなるとしづらい家事は彼の担当に
おなかがつかえて食器洗いやふろ掃除をするのが大変に。無理な姿勢で続けると腰痛の原因になるので、できるだけ彼にまかせよう。

ワーキング妊婦さんがやるべきこと

産休・育休のタイミングを検討する
仕事の段取りをつけて、後任の人が困らないように引き継ぎは計画的に進めて、人事・総務に提出する書類のチェックも忘れずに。

座りっぱなしや立ちっぱなしにならないよう、何か用事を作ってたまに身体を動かす工夫をする

何かあったときのため、母子手帳と健康保険証を持ち歩いて