妊娠中期の症状

妊娠中期(5ヶ月・6月・7ヶ月)の症状

妊娠中期症状って何が起きるの?

妊娠中期とは、妊娠5カ月(16w0d)から7カ月(27w6d)の期間を指します。多くの人は、それまであったつわりもおさまってきて楽になる頃。子宮の中では胎盤が完成し、流産の心配もぐんと減ります。このように、妊娠期の中で一番心身ともに落ち着く時期のため、安定期と呼ばれることもあります。

妊娠中期には、子宮が大人の頭くらいの大きさになり、それに伴って、おなかが大きくなってきます。乳腺も発達し、乳房がふくらんむとともに、全身に脂肪がついてきて、だんだん妊婦らしい体型になってくきます。

また、妊娠5〜6カ月頃から、胎動(おなかの中で胎児が動いていること)を感じるようになります。これは、お腹の中に赤ちゃんがいる実感が強く持てるので楽しいものです。強い胎動はお腹が動くのが目で見てわかるほど。彼といっしょにお腹のベビーとコミュニケーションをしましょう。

このように、妊婦さんらしくなり、楽しみもたくさんの中期ですが、大きくなるおなかや乳房が負担となり、腰痛や肩こり、頭痛、貧血、めまい、便秘、痔などの症状に悩まされることがあります。また、おなかや乳房が急激に大きくなることで、妊娠線ができる人も増える時期。毎日の保湿ケアで、皮膚の弾性を高めるようにしましょう。また、ホルモンバランスの変化で体毛が濃くなったり、薄くなったりすることも。これは正常なもので、妊娠が終了すれば変化しますので、心配しすぎないで。

妊娠中期の気になること