妊娠中期の微熱

妊娠中期の微熱

妊娠中期の微熱、原因は?

妊婦の体温は、13週くらいまでは高温相を持続します。通常の体温より0.2〜0.3℃上昇し、37℃以上の微熱を示すこともありますが、そんな妊娠初期に感じた微熱も、妊娠中期になれば落ち着きます。

大体13〜14週ごろには次第に下降してきて、妊娠6〜7カ月頃には低温相(36〜36.5℃)に戻り、分娩時まで続きます。これは、胎盤が完成し、ホルモンの産生場所が胎盤へ移行した、また妊娠維持のために産生されるホルモンの増加に身体が慣れたためではないかといわれています。ただ、ホルモンの産生は分娩まで右肩上がりですので、慣れたと思っても、また微熱を感じることもあります。

また、妊娠中期ともなれば、胎児も成長して大きくなってきますので、胎児の産生する熱量が増加し、このことで熱っぽさを感じるともいわれています。
ただし、38度近くの高熱の場合は妊娠の症状とは別のものですので、医師の診察を受けましょう。

みんなどうだった? 妊娠中期の「微熱」の体験談

妊娠中期の気になること