妊娠・出産・育児の情報サイト

妊娠中期のイライラ

妊娠中期のイライラ

妊娠中期のイライラ、原因は?

妊娠中期は、安定期と呼ばれるくらい、心身ともに穏やかな妊娠期間です。

でも、プロゲステロンの産生は分娩まで右肩上がり。妊娠期には増加したプロゲステロンが、さまざまな不調の原因となります。イライラもそのひとつ。

気分転換として、軽く体を動かす、読書などなにかに没頭するなどしてやりすごしましょう。

みんなどうしてた? 妊娠中期「イライラ」の解消法体験談

妊娠中にイライラするときは安くても好きなものを買っていました。

イライラ解消に音楽を聴きながら、大好きなお菓子を食べまくっていました。

こどもと二人きりだと気分が悪くイライラするので、なるべく外に出てママ友さんと会っています。

つわりはなかったけれど変にイライラしたので、たくさん外に出て、いろんな人と話しました。

なしなど水分が多いフルーツを食べると、気持ち悪さやイライラがなくなりました。

暗く憂鬱で泣きたい気分のときは、思い切り泣いたらスッキリしました。枕とか壊れないものを思い切り床に投げつけてイライラを発散しました。

夫の両親との同居でその関係上、常にイライラしていたので友達と出掛けたり話したり、1人で散歩するなどして気分転換していました。

妊婦なのに、父親から酒やタバコを勧められてイライラしました。(25歳)

中期くらいから下がり気味だったが、頑張って運動し過ぎたせいか1カ月早産でした。でも妊娠中のイライラなどは適度の運動が良いと思う。妊婦ヨガはすごく良かったです。

おなかが大きくなると、足の爪を自分で切るのが難しくなるので、妊娠中は夫に足の爪を切ってもらっていました。時間があればペディキュアをしてくれたり、むくんだ足をマッサージしてくれたりもしてくれました。マッサージをしながら「むくんで辛いよね」「あまり無理しないでね」と言われ、妊娠中のイライラがすっと楽になりました。ちょっとした一言でいいんです。夫には感謝しています。

妊娠中期の気になること