妊娠・出産・育児の情報サイト

妊娠中期の痛み

妊娠中期の痛み

妊娠中期に痛みを感じるのはなぜ?

妊娠中期に感じる痛みのうち、代表的なものは腹痛です。

激痛がしたり、出血を伴う下腹部の痛みの場合は、常位胎盤早期剥離や切迫早産などのトラブルを疑う必要があります。健診のタイミングでなくても、至急、お医者さんにかかるようにしましょう。

一方、以下のような腹痛は、正常な妊娠経過に伴って起こるものですので、あまり心配はいりません。

まず、下腹部が締め付けられるように感じる、引っ張られて感じる、キュッという感じの痛みであれば、子宮が大きくなるために、周囲を圧迫して生じる痛みと考えられます。

下腹部や足のつけ根のあたりがつるような痛みの場合、子宮をささえている靱帯が急に伸びたための痛みと考えられます。いずれも正常な妊娠経過に伴って起こる痛みだと考えられます。

また、胃炎である場合にはお腹の上の方が痛くなります。妊娠中は消化器官の動きが悪くなるため、ムカムカしたり、胃酸の分泌異常をおこしたりして、胃が痛むケースが考えられます。

みんなどうだった? 妊娠中期の「痛み」の体験談

6ヶ月くらいの頃、明け方にお腹がバスケットボールのようにカチカチになり、痛みと息苦しさがありました。

8週から19週頃まで頻繁にお腹の張りを感じました。お腹が張ってくると真っ直ぐに立てなくて、「く」の字に曲がった状態になるのです。無理に伸ばそうとすると、お腹が張り破けるような痛みがありました。・お腹がよく張っていたので、子宮全体がキューっと突っ張るような感じで弱い痛みがありました。

お腹と腰に鈍痛があり、生理痛のような、下痢のような痛みがありました。

お腹の右側が突っ張るような痛みがありました。

お腹の下の方に、鈍い痛みがありました。

お腹の下の方に、針で刺されるようなチクチクした痛みがありました。

お腹の真ん中がパンパンになって、はちきれそうで苦しい痛みでした。

お腹の中心(おへそのあたり)に、生理痛のような痛みがありました。

お腹の張りと、筋肉痛のような、便秘でお腹が痛い時のような痛みがありました。

お腹よりも背中や腰、お尻の辺りに痛みを感じることの方が多かったです。

お腹全体がゴロゴロして、下痢の痛みなのか妊娠によるものか区別がつきませんでした。

お腹全体が硬くなって、キューっとした痛みがありました。

おへそのあたりに、お腹を壊したような痛みがありました。

おへそがキューッとするような痛みを感じました。

おへそがチクチクして、つねられるような痛みがありました。

おへそのあたりが急に張って、はちきれそうな痛みを感じました。

おへそのまわりを、針でツンツンされているような痛みがたまにありました。

おへその下あたりがギュッと痛くなりました。軽い生理痛のような痛みでした。

おへその左右横に筋肉痛のような痛みがあり、おへその下にもチクチクとした痛みがありました。

妊娠中におへその左側がひきつるような痛みが続いたことがありました。

おへその周りで引っ張られるような痛みがありました。

産院で便秘薬を貰って便秘しない様にしました。それから、妊婦さんがよく言う股関節痛や恥骨痛、腰痛なども無縁でした。多分我が家はマンションの4階で、エレベーターもないので1日数回は新聞取りや郵便取り、買い物等4階までの階段往復をするので、足腰が強くなっているのかもしれません。あと、足がむくむので、着圧の靴下を履いたり、青竹ふみなんかもして軽減に努めました。

妊婦の時はむくみやすく、恥骨が痛くて、寝てる時よく足がつりました。(34歳)

妊娠中期の気になること