勘違い7:助産院じゃないと助産師にはみてもらえない

勘違い7:助産院じゃないと助産師にはみてもらえない

※雑誌「妊すぐ2013年4月号」の記事となり、当時の記事を掲載しています

助産師外来のある大きな病院も

助産師は助産院にだけいるわけではありません。多くの場合、分娩施設に助産師はいます。助産師との関わりは分娩時のみの施設もありますが、最近は助産師による妊婦健診(助産師外来)も増えています。こまごまとした生活の悩みや食べ物のこと、不安に感じていることなど、忙しい先生には相談しにくいことも聞きやすいと、妊婦さんには好評のようです。もちろん医師の判断が必要なら、つないでくれます。助産師外来の頻度や関わり方は施設によってさまざま。規模というより方針によるので、「助産師さんにいろいろ相談したい」と思うなら、「助産師外来はありますか?どれくらいの頻度ですか?」と事前に電話で聞いてみては?

高リスクでも助産師外来

不妊治療、高齢出産で初産という高リスク妊婦なので総合病院にしましたが、助産師外来が充実した所で、ゆったり質問や相談ができました。(RKさん)

助産師は心強い助っ人

分娩時だけでなく、健診のときにも、助産師さんから「頑張り屋さんよね」、「無理しないでね」と優しくねぎらっていただき、心強かったです。(Iさん)

産院選びでよくある勘違い10