妊娠・出産・育児の情報サイト

胞状奇胎

胞状奇胎による出血

※雑誌「妊すぐ2013年4月号」の記事となり、当時の記事を掲載しています

少量の出血がだらだら続く暗赤色のおりもののような出血のことも

超音波検査で早めの診察を
胎盤を作るための絨毛という組織が異常に増殖して、子宮内に充満してしまう病気。受精卵の遺伝子の異常が原因で、受精卵は育ちません。異所性妊娠と同じく、妊娠検査薬で妊娠を知った人は早めに医師の診察を受けて確認を。出血の他にhCGホルモンの大量分泌により、重いつわりの症状が出るのが特徴です。

こんなだったよ!

2度の手術を受け、組織を完全に取り除く必要があると言われました

胞状奇胎で流産しました。流産までとにかくつわりがひどく、流産後に手術した後で胞状奇胎とわかり、ひどいつわりは胞状奇胎が原因だったと知らされました。翌週に再度、残った絨毛組織を取り除く手術を受けました。