妊娠・出産・育児の情報サイト

絨毛膜下血腫

絨毛膜下血腫による出血

※雑誌「妊すぐ2013年4月号」の記事となり、当時の記事を掲載しています

少量〜大量の鮮血

診察で血腫の大きさを診てもらう
できつつある胎盤の絨毛という組織が子宮内膜に根を伸ばしていく際、子宮内膜の血管が壊されて出血します。血腫が大きいと流産に移行することがあり、早めの診察を。超音波検査で心拍が確認できていて、胎児に異常がなければ、妊娠が継続できます。この場合5カ月頃までには血腫が吸収されて、出血はおさまります。