妊娠・出産・育児の情報サイト

児童手当:Q&A

児童手当:Q&A

※雑誌「妊すぐ2013年10月号」の記事となり、当時の記事を掲載しています

Q.いつまでに手続きをすればいい?

A.子どもが生まれたら、誕生日の翌日から数えて15日以内に必ず住所のある市区町村窓口に所定の申請書類を提出する必要があります。15日以内に手続きがないと、申請月の翌月からの支給になります。2人目も額改定手続きが必要です。

Q.子ども名義の口座に振り込んでもらえる?

A.児童手当は子供を養育している保護者(父母または養育者)に支給されます。そのため申請者は保護者であり、手当が振り込まれる金融口座も申請者名義でなければなりません。また2人目以降も同一口座への振り込みが原則。

Q.引っ越しをしたら手続きが必要?

 A. 別の市町村に引っ越すなら、まず移動届と同時に消滅届が必要。そのあと、転入先の市区町村に転入届と同時に児童手当認定請求書の提出を。転出した日の翌日から数えて15日以内に転入先の市区町村に申請が必要。

Q.離婚したら受取人は誰に?

A.申請者が離婚や離婚を前提に子供と別居するなどで、子供の面倒をみなくなったら、「消滅届」を提出して、実際に子供を育てている人が受けるように手続きの変更が必要。新たに受給する人は認定請求書の提出を。

Q.振込み指定口座の変更はできる?

A.振込指定口座の変更は随時市区町村の窓口で受け付けてくれます。郵送での受付が可能な場合もありますが、必ず電話などで詳細の確認を。変更届が支給月の前月の20日までに到着しないと旧振込口座に振り込まれることもあるので注意。

Q.子供が3歳になりました。何か手続きは必要?

A.児童手当は子供の年齢や出生順に応じて、受け取れる手当の金額が変わります。ただし、支給金額が変更になるからと、そのたびに申請書を提出するといった手続きは不要。役所のほうで、自動的に手続きをしてくれて、支給額は変更されます。

Q.一昨年までは所得制限内でしたが、昨年の年収は制限を超えてしまっています。何か手続きが必要でしょうか?

A.6月以降に全世帯に「現況届」が郵送されますので、その提出をもって役所が審査。所得制限対象者であれば、自動的に支給額を5000円に改定します。この作業は毎年行われますので、現況届の提出を忘れずに。

妊娠・出産「かかるお金」「もらえるお金」バイブル