出産育児一時金:知っ得基礎知識

出産育児一時金:知っ得基礎知識

※雑誌「妊すぐ2013年10月号」の記事となり、当時の記事を掲載しています

どんな制度?

平均で30万〜50万円かかる出産費用を健康保険が補助してくれる制度。妊娠4ヵ月(85日)以降の出産ひとりあたりにつき42万円が支給される。出産を機に退職した人でも、退職後6カ月以内の出産なら元の職場の保険でも請求可能

もらえる人は?

健康保険や国民健康保険に加入し、きちんと保険料を納めている人で、妊娠4カ月(85日)以上になってから出産した人が対象。もちろん被扶養者でも大丈夫

申請する時期は?

直接支払制度利用なら、病院との合意書の取り交わしでOK。産後申請方式利用の場合は、必要書類を揃えて、退院後に健康保険組合に提出

いくらもらえるの?

ひとりにつき最低42万円もらえる。双子の場合は×2。また職場や自治体(国民健康保険の場合)によっては付加金が付く場合もあるので、事前に確認を

必要なものは?

直接支払制度利用の場合は、事前の契約書取り交わし時に印鑑が。入院時に健康保険証が必要。産後支払制度利用の場合、申請書が必要

妊娠・出産「かかるお金」「もらえるお金」バイブル