妊娠・出産・育児の情報サイト

出産育児一時金:退院後に受け取る「産後申請方式」を選択する

出産育児一時金:退院後に受け取る「産後申請方式」を選択する

※雑誌「妊すぐ2013年10月号」の記事となり、当時の記事を掲載しています

「産後申請方式」とは、産院で出産費を自分で支払った後、健康保険に申請手続きをして、お金を振り込んでもらうという方法です。入院中に産院に記入してもらい、自分で健康保険の窓口に提出するという手間がかかり、産院で記入する際に手数料がかかるケースもあります。「直接支払制度」を導入していない産院で利用するほか、出産費をクレジットカード払いにしてポイントを貯めたい人や、出産育児一時金を子ども用の貯蓄にしたいという人が選んでいるよう。産後のバタバタ期に申請するので、事前にしっかり確認しておきましょう。

1.被保険者証の記号・番号や氏名、住所などを記入

被保険者証の記号・番号、氏名、住所などを記入。被保険者証の記号・番号は「健康保険被保険者証」に書いてあります。

2.出産した産院名と連絡先、ベビーの名前などを記入

出産した産院名と連絡先を記入。左の「出生児の氏名」には生まれたベビーの名前を書くので、名前が決まってから提出します。

3.氏名や出産日、産院名などを産院に記入してもらう

出産したママの名前や出産日、産院の名前や連絡先を、産院に記入してもらいます。「単胎」とは、生まれたベビーが1人という意味。出産したママの名前や出産日、産院の名前や連絡先を、産院に記入してもらいます。「単胎」とは、生まれたベビーが1人という意味。

4 . 出産育児一時金の振込先口座を記入

出産育児一時金の振込先にしたい金融機関、本・支店名、口座番号、口座名義などを記入。彼名義の金融機関にしてもOKです。

妊娠・出産「かかるお金」「もらえるお金」バイブル