妊娠・出産・育児の情報サイト

高額医療費:知っ得基礎知識

高額医療費:知っ得基礎知識

※雑誌「妊すぐ2013年10月号」の記事となり、当時の記事を掲載しています

どんな制度?

医療機関や薬局の窓口で支払った額が、暦月(月の初めから終わりまで)で一定額を超えた場合に、その超えた金額を支給する制度。年齢や所得に応じて、本人が支払う医療費の上限が定められており、またいくつかの条件を満たすことにより、さらに負担を軽減する仕組みもある

もらえる人は?

妊娠中・出産・産後に長期入院などで1カ月の自己負担額が8万100円+α(限度額)を超えた人

申請する時期は?

基本的には退院したあとに、健保や自治体国保の窓口に申請。後日、限度額を超えた金額が振り込まれる。入院中に事前に申請をして、限度額までしか支払わずに退院する方法もある

いくらもらえるの?

自己負担限度額(8万100円+(医療費※ー26万7000円)×1%)を差し引いた残りが戻される

必要なものは?

高額療養費支給申請書、健康保険証。医療機関への支払いを証明する領収書等
※3割負担でなく 10割分

妊娠・出産「かかるお金」「もらえるお金」バイブル