出産育児一時金:「直接支払制度」の流れは?

出産育児一時金:「直接支払制度」の流れは?

※雑誌「妊すぐ2013年10月号」の記事となり、当時の記事を掲載しています

1.自分が出産を予定している産院が「直接支払制度」を導入しているか確認

出産2〜3か月前

「直接支払制度」は、産院などが任意参加するというかたち。導入していない産院もあるので確認しておいて。ちなみに「直接支払制度」を導入している産院でも、「産後申請方式」を希望することもできます。

2.出産予約から入院までの間に「直接支払制度」の合意書をもらい、記入後に提出

出産2か月前〜直前

入院までの間に、産院にある「直接支払制度」の合意書をもらい、内容をよく読んで必要事項を記入しましょう。被保険者の署名欄は、彼の扶養に入っている場合は、彼の署名が必要になります。

3.出産入院時に、健康保険証を提出(健康保険証を忘れずに)

出産入院時

出産の入院時に自分の健康保険証を提出します。出産自体は病気ではないため、基本的に健康保険は効かないのですが、帝王切開になった場合や医療的処置をした場合など、健康保険を使用するケースもあります。

4.出産入院時 退院時に42万円超過分を窓口で支払う(余った場合、差額分を請求可能)

退院時

退院するときに、出産費用が42万円より多い場合はその差額を窓口で支払います。もし、出産費用が42万円より少ない場合は、差額を健康保険から受け取れます。健康保険の種類によって手続きが異なるので、問い合わせて。

妊娠・出産「かかるお金」「もらえるお金」バイブル