妊娠時の熱

妊娠したら熱がでた。原因は?

妊娠した頃に妊婦さんの多くが熱っぽさを感じます。これは、生理的現象なのですが、妊娠と気づかず、風邪と間違えてしまう妊婦さんもいます。なぜ体温が高いままになるのでしょう。それは、月経周期と関係があります。

女性の体温は月経周期によって、体温の低い低温相と体温が高めの高温相に分割されます。月経から排卵までは低温相、そして排卵の後は、黄体ホルモンの影響で体温があがり、高温相になり、排卵された卵子が受精しなかったときは、高温相が2週間ほど続いた後、体温が下がり、月経が始まります。

ところが、排卵された卵子が精子とめぐり合い、受精卵になると、妊娠を維持させるために、ヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)が、受精直後から分泌され、妊娠黄体を刺激し、エストロゲン、プロゲステロンを作らせます。このホルモンの働きで、周期的にさがるはずの体温は下がらず、高温を保つので、妊娠初期には熱っぽさを感じるのです。

その後、妊婦の体温は、13週くらいまでは高温相のまま持続します。平常時の体温より0.2〜0.3℃上昇し、37℃以上の微熱となる方もいますが、大体13〜14週頃に体温は次第に下降し、妊娠6〜7カ月頃には低温相(36〜36.5℃)へ戻り、これが分娩時まで続きます。胎盤が完成し、ホルモンの産生場所が胎盤へ移行した、また妊娠維持のために産生されるホルモンの増加に身体が慣れたのが理由だといわれています。ただ、ホルモンの分泌は分娩まで右肩上がりで増加するので、慣れたと思っても、また熱っぽさを感じることがあります。

それに、妊娠中期以降になると、おなかの中の胎児も成長し、胎児から発せられる熱量も増加します。そのため熱を感じるともいわれています。

また、おなかが大きくなると、身体にかかる負担も大きくなり、とても疲れやすくなります。そのため、ちょっとしたことでも熱がでてしまうことがありますが、あまり心配しないで大丈夫。ただし、38度を超える高熱の場合は、妊娠の生理的症状とは別のものですので、まよわず病院に行きましょう。

みんなどうだった? 妊娠中の「熱」の体験談

高熱が続いていたので気になって検査薬を使ったら、待ちに待った2人目の妊娠でした。
妊娠初期の「熱」の予防法、体験談はこちら
持病が悪化し2週間くらい高熱が続いたけれど妊婦でも大丈夫な薬を使ってくれたり薬剤師の方が薬の説明をしてくれました。その後薬の量を一時的に増やしましたが今は落ち着いているので元に戻っています。
妊娠中期「熱」対策の体験談はこちら