妊娠・出産・育児の情報サイト


2015-06-11から1日間の記事一覧

検査前に「妊娠したかも!」を直感した、初期症状とは…

〇ある朝目覚めてハッと気づいた。「私、妊娠したみたい」 そろそろ子どもができたらいいなと思っていたある日、突然妊娠を直感した。 今まで基礎体温をつけたこともなく、やっていたことといえばスマートフォンの妊活アプリで生理日を記録していたことくら…

【恐怖の15キロ増!】とにかく食べ続ける…食べづわり実録

つわりには「食べづわり」と「吐きづわり」の2種類あることをご存知でしょうか?私の場合、1人目と2人目が食べづわりでした。 1人目の長男のときは妊娠発覚直後からつわりがはじまりました。空腹になると徐々に気持ちが悪くなってきて、何か口にすると少しお…

お産の満足度は助産師さん次第!素晴らしいサポートに感動

2回目の出産で私に余裕があったこともあるかもしれませんが、第2子の出産は本当に素敵なお産でした。もちろん痛いは痛いのですが、第1子の時のようにわからないまま言われるがまま進んでいくのとは違い、助産師さんのわかりやすいリードで一緒にお産というス…

会陰切開後、一番の恐怖「トイレで大」!実際は…

「会陰切開」。話には聞いてはいたものの、いつどのタイミングで切られたのかまったくわかりませんでした。実際、出産真っ最中の記憶は曖昧だし、どれがなんの痛みなのかさっぱりわからない状態でした。出産直後に「縫っておきますね~」みたいなことを言わ…

体重コントロールしたい妊婦の救世主?珠玉の「トマト応用術」

つわりらしいつわりはなかったものの、どちらかというと妊娠前よりも食に興味が出てくるようになりました。もともとは食べるものはなんでもよく、食に対して執着心があまりないタイプだったのが、妊娠してからは「夕飯はアレを食べよう」とか「次はアレも食…

【妊娠中の病気】卵巣嚢腫と胆石症を乗り越えて

私は24歳の時に左卵巣に9cmの卵巣嚢腫があり、茎捻転を起して緊急の腹腔鏡手術を受けたという経験がありました。まだ私が年齢的にも若かったこともあり、担当医の先生が「将来の妊娠のことを考えて部分摘出にしておきました」と言われました。もちろん全摘…

自分に合うかが一番大事!私は助産院をオススメします

私の場合は子供が二人おりますが、二人とも同じ助産院で出産しました。 一人目の時に妊娠がわかってから、最初に決めなくてはいけないのが出産する病院でしたが、特に希望というものもなく、とにかく陣痛がつらいらしいしお産は怖いという気持ちで病院の分娩…

6人の相部屋×6日間。気をつかいすぎてグッタリ

陣痛促進剤使っての普通分娩だったので、相部屋での入院期間は6日間。帝王切開はもうすこし期間が延びるらしいとのこと。 6人部屋の相部屋。入院する前から嫌だなー!個室がいいな。でも個室は高いしな。って思っていました。 私は窓側のベッドで、外が見え…

新生児室がない! “完全”母子同室は超スパルタ

上の子を出産したのは、ユニセフ「赤ちゃんにやさしい病院」に認定されている全国的にも有名な産院でした。「赤ちゃんにやさしい病院」は、同じくユニセフが定めた「母乳育児を成功させるための10か条」というものを遵守しているのですが、その中のひとつ…

陣痛促進剤が効かない!いつ陣痛が来るか…恐怖のカウントダウン

1人目の出産の時、予定日を1週間過ぎても子宮口の開きが十分でなく、おしるし、前駆陣痛など、お産の前兆となるものがまったくなかったので、陣痛促進剤を使うことになりました。 初めての妊娠出産で、妊娠経過が順調だっただけに、正直ちょっとショック。…

何をするの?痛みは?費用は?「予定帝王切開」レポート

私が予定帝王切開になった理由は、以前子宮筋腫の手術を受けたことがあるから。筋腫の場所にもよるのですが、私の筋腫ができたのは子宮の内側。その場合は、どんなケースでも予定帝王切開になるのが現状のようです。 予定帝王切開の場合、手術は出産予定日の…