妊娠・出産・育児の情報サイト


2015-10-16から1日間の記事一覧

妊娠5ヶ月で性別判明! 姑の一言に傷つく私に寄り添ってくれた夫に感謝

一人目を妊娠した時、妊娠2か月で流産してしまいました。 そして待望の二人目を妊娠。順調にお腹の中で大きくなってくれました。 両家ともに初孫ということもあり、私と夫だけでなく親族みんなが大変喜んでくれていました。 「男の子でも女の子でもどっちで…

変な姿勢で陣痛に耐えていたら、赤ちゃんが右にずれていた!痛み逃しの姿勢って大事かも

産院のヨガに3ヶ月も通い、ソフロロジーの呼吸法もばっちりにして臨んだ私。 予定日超過5日目。 夕方、家で待ちに待った陣痛!ちょっと強めの生理痛ぐらいな感じで産院へ着いた。 その時子宮口3cm。付き添いの旦那と冗談いいつつお喋りしていたのもつかの間……

おっかなびっくり、遅れて始めた離乳食なのに・・・。10ヶ月頃にはなんと梅干しを手づかみ食べ!

私がはじめて離乳食をスタートしたのは、一般より少し遅めの生後7ヶ月頃でした。 普通は6ヶ月に入ると、おもゆからスタートするのが最近の主流らしいですが、その頃ちょうど赤ちゃんが便秘がちになってしまいました。 心配だった私は、消化のよい母乳を中…

2人目の出産、上の子はどうする?感動!子どもの立ち会い出産

長男の出産のときは、自分が楽しく出産するのが第一だったので、食事のおいしいホテルのような病院を選びましたが、次男の出産のときは、上の子のことも考えなければなりません。 長男が1才の頃に引っ越したこともあり、病院を一から探し始めることになりま…

なにこれ脂肪!?赤ちゃんは出たはずなのにお腹に膨らみが…

もともと太ることがあまりなく、ダイエットとは無縁だった私。 でも、産後3日目くらいに病院で体重を計ってみると子供の分しか減っておらずショックでした。 出産すると子供の体重分と羊水の重さ、悪露の重さなど明らかに体から排出されているものがあるのに…

まさに「案ずるより産むが易し」だった!初めての出産レポート

結婚して2年、第一子を授かりました。 マタニティーライフは順調に経過し、私は里帰り出産のたに予定日1か月前に1人実家に戻りました。 夫も私も立ち合い出産を希望していたため、夫からは毎日「まだ?そろそろ?」と連絡が入っていました。 しかし予定日に…

安全で飽きない!プロに学ぶ手作りおもちゃのアイデア2選

子どもができるとついついなんでも買ってしまってあげたくなるおもちゃ。 でも膨大な商品の中から何がいいかを選ぶのは難しいし、せっかく買ってあげたおもちゃでも、子どもは見向きもせず、かわりに家にある日用品をおもちゃにして遊んでしまう・・・なんて…

もっと早く使えばよかった!離乳食完了期の救世主、塩麹&醤油麹!

離乳食も完了期になったからと言って、大人と同じものが食べられる訳ではなく、我が家では息子が食べられるものが多く、食卓に上がっていました。 それはなぜかというと、息子は食べ物にあまり興味がなく、食が細いうえに、自分が美味しいと納得したものしか…

検診は、男一人じゃ絶対に入れない場所に行くチャンス by SeS

こんにちは、SeSです。 ようやく産院も決まり(産院探しのエピソードはこちら)、妊娠確定したので母子手帳などの申請もしました。 私はよく検診に付き添っていたのですが、その理由は単純に面白そうだったから。 職業柄いかなるシーンも描く可能性があるの…

妊娠線対策に大事なのは、値段より保湿ができているか!オイル×クリームでしっかりケア by 前川さなえ

「妊娠線て残るのよねー」 というのは先輩ママさんから聞いてはいた。 ただ、しっかりしたケア次第で予防をすることはできるという話じゃないか! 出産したあと、人前で腹を出す機会もまあないとは思うが、防げるものならできることはやっておきたい。 妊娠…

[虻川美穂子さん×森貴美子さん対談 第1回]逆子、帝王切開、フリースタイル…妊娠出産振り返り

2015年2月に男の子を出産した虻川美穂子さんと、現在3歳になる女の子のママである森貴美子さん。月齢は違えど、小さな子どもを育てながら仕事もがんばるママ同士、妊娠や出産、育児について、思う存分語ってもらいました! 初めての妊娠・出産は想定外のこと…

産婦人科医に言い寄られた!?泣く泣く病院チェンジで幸せな出産が…

妊娠してからいくつか産婦人科を探しましたが、近所でも評判のキレイで新しい産婦人科を選びました。 本当は女医さんがいる産婦人科が良かったのですが、その病院の先生は男性。 そこは仕方がないかな、と諦めることにしました。 妊婦検診に通うと、その病院…

1歳3ヵ月。細切れ睡眠がつらすぎて断乳を悩んでいた時に訪れた自然卒乳のチャンス

生後2ヵ月頃から完母になり、ミルクはおろか哺乳瓶さえ一切受け付けなくなってしまった息子。 もちろん、おっぱいを吸ってくれている姿はとてもかわいくて愛おしかったのですが、誰にも授乳を代わってもらうことができない辛さは多少ありました。 生後6ヵ月…