妊娠・出産・育児の情報サイト


2015-12-09から1日間の記事一覧

止まない雨はない!  夜泣きする我が子に振り回され、疲労困憊だった2年間

赤ちゃんはひらすら眠る生き物だと思っていた私。 ところが、生まれてきた可愛い我が子は眠るのがとっても下手なお子様でした。 0歳の頃は、夜は大体2時間おきに起きて泣き、時期によっては1時間ごとに起きるなんてこともざらにありました。 眠りが浅いのか…

後悔先に立たず。予想もしない場所で子供が大やけど、不甲斐ない自分に涙

最近よく聞く「ヒヤリハット(意味:突発的な事象やミスにヒヤリとしたり、ハッとしたりするもの)」ですが、我が家庭内では、ある事件を境に、ヒヤリハットに敏感になりました。 上の子は活発な性格で、1歳半頃には、どこでもテクテク歩いては気になるもの…

取り上げられた瞬間、「ほら見える?ついてるよー!」 最大のサプライズ

妊活3年目にして、初期流産、切迫流産を得て待望の第1子を妊娠。 4ヶ月に入りエコーで念入りに先生が赤ちゃんのお股を確認。 「女の子ですよ!」「確定だよ」と言われ、ずっと女の子が欲しかったわたしは嬉しくてワクワクしながらピンクのグッズを少しずつ準…

陣痛や分娩痛なんて比ではない痛み! 感動の対面もつかの間、激痛の会陰切開縫合の恐怖

愛くるしい我が子とのカンガルーケアのひと時、私にとって最高に幸せな時間だった。 パイにぺったりとくっついている姿が可愛くてしかたがない。 と、そこで先生 「今から縫いますのでまた後でね。」 息子別室へ移動。 忘れていた!産まれる直前に会陰切開し…

陣痛来たのにタクシー来ない!まさかの配車1時間待ちでようやく病院へ

予定日を3日過ぎた夜中の12時。 規則的にお腹が痛くなるようになって「陣痛来たかも?!」と思い、用意していた陣痛アプリで間隔を計り始めました。 まだかまだかと生まれるのを毎日心待ちにしていた旦那も、次の日は会社を休むつもりで一緒にカウント。 …

乳腺炎でバタバタ。いざそうなった時のために、産前に最寄の乳腺外来を調べるのがオススメ

長男を産んで入院している時、助産師さんに左のおっぱいの乳腺が右に比べて細いから出が悪いね~と指摘されました。 確かに、両方バランス良くあげているつもりでも左の時は息子も物足りなさそうでミルクを追加することも多かったです。 ただでさえおっぱい…

日々のマザーズバッグと旅行のパッキングが大ヒント! 乳幼児を抱えての避難バッグ、どうする?

子どもが生まれて、避難バッグの中身を見直すことに。 オムツと着替え、粉ミルク……全部詰めようとして諦めた。 すでに自分用の備えでぎっしり詰まっている避難バッグ。 どう減らそうとしても、オムツが入る気配がない。 そもそも子どもを抱っこした状態で避…

赤ちゃん連れの外食&旅行は離乳食前が”絶対に”おすすめ!なその理由

赤ちゃん連れで初めて外食したのは息子が3か月の時。 近所の焼き肉屋さんでした。 人生初の子育てで神経質になっている中ではなかなかの大冒険(大げさ!)だったのですが、決め手は先輩ママのひと言。 「子どもが動き回るようになったら、焼き肉なんてとて…

「男の子だとつわりが辛い」!?お腹の赤ちゃんの性別は… by ゆずぽん

「男の子を妊娠するとつわりが辛い」という噂は長男妊娠時によく聞きました。 2回目のつわりも結構きついので、「じゃあ今度も男の子?」と思ってたら、なんとなんと・・・女の子でした~! 元々、女の子希望だったので嬉しかったのですが、つわりが軽いと…

[麻生怜菜の寺嫁ごはん] 質の良い血液を作る=母乳が出やすくなる!産後のママにオススメの”ストックスープ”2選

精進料理研究家/フードアナリストの麻生 怜菜です。 夫の実家がお寺であったことをきっかけに、お寺行事食に関わり、伝統的な和食に興味を持ちました。日本の伝統食の考え方や、日本の伝統食材・調味料を使ったレシピなどを発信しています。 旦那さんと1歳…

[蛯原英里さん×安めぐみさん対談第1回] つらかったつわり、その時うれしかった夫の気遣い

蛯原英里さんは2014年8月に、安めぐみさんは2015年3月に、それぞれ女の子を出産。普段から仲のいいママ友でもあるお二人に、つわりの大変さや、ご主人の気遣いで嬉しかったこと、妊娠時代にやってよかったことについてお話いただきました。 それぞれのつわ…

マタニティ用品じゃなくても工夫次第で大丈夫!妊婦だからって、おしゃれを諦めたくない私がやったこと

妊娠3ヶ月頃まではお腹がまったく出ていなかったので、妊娠前までの服をそのまま着ていました。 ただ、つわりがひどく横にならずにはいられない日も多かったので、できるだけお腹をしめつけるような格好は避け、ウエストがだぼっとしたパンツをはいたり、ワ…

出産準備に消極的だった私がいち早く買ったアイテムは「マザーズバッグ」!重視したポイント、実際の使用感とは?

マタニティグッズ、ベビー用品を買うことに消極的だった私が「これは買っておこう!」と決めたのはマザーズバッグでした。 産院の産前クラス(バレエストレッチ)に通おうと決めたので着替えなどを入れる大き目のトートバッグを購入。 産後はマザーズバッグ…