妊娠・出産・育児の情報サイト


2016-01-08から1日間の記事一覧

兄弟ともに新生児黄疸、そのとき母親の心境は……

帝王切開で産まれた2人の息子たちは、それぞれ保育器に入る生活を数日ずつ経験している。 2人とも、新生児黄疸だ。 長男は生後4日目のときに黄疸が出はじめた。 新生児の病気としてはそんなに珍しくもなく、治療でよくなるものなので経過を見ましょうといわ…

最初で最後の出産は、無痛分娩で!バルーンの処置から赤ちゃんの誕生まで、14時間の無痛分娩完全レポート

出産という人生の中で大きな出来事を、どう迎えるか。 特に私は高齢出産。 これが最初で最後になるだろうと、出産方法について考えに考え抜きました。 普通分娩にするか、無痛分娩にするか。 結果、無痛分娩で出産したのですが、妊娠9ヶ月頃までかなり迷いま…

赤ちゃんが寝ない!辛い! ~実録タイムテーブル!新生児は実際どれくらい寝ないのか?~

産前から「赤ちゃんが寝ない」という噂は聞いていましたが、実際に生まれてみるとその寝ない度合いは想像以上でした! 特に産後1ヶ月の新生児期は、まだ赤ちゃんの扱いに慣れていないこともあり、なんで泣いてるの?なんで寝ないの?と焦るばかり。 「泣き止…

ついには一歩も踏み出せない状態に…臨月に近くなるほど増す、あなどれない「恥骨痛」の救世主はこれ!

第一子と第二子の妊婦生活で一番違ったことは、何と言っても「恥骨痛」。 恥骨痛…何だか響きだけで人に言いづらい。 でも、これが本当に辛いのです。 第一子の時は30歳、第二子の時は36歳。 この年齢差が如実に出たのか、はたまた一度出産を経験して骨盤…

万事順調かと思いきや…検診に行ったら「この状態だと帰せない」と言われ、翌日には緊急出産

初産でしたが検診も順調にこなし、出産日と自分の誕生日が一緒にならないかなあと心待ちにしていました。 職場にもぎりぎりまで行っていて、毎日のほほんとすごしていたし、やらなきゃと思っていた入院準備、出産準備も、まだいいだろうとだらだら準備せずに…

何もしないで「できない年齢」になりたくない! 思い切って夫と話し合い、40歳からはじめた不妊治療

私は42歳です。 いま、息子は6か月になりました。 22歳で就職し、ずっと男性と同様に忙しく働いていました。 34歳で結婚しましたが、夫も私も妊娠には積極的でなく、子どもはいなくてもいいのかな、と長いこと思っていました。 ただ、40歳になるこ…

怖がりな私ががんばった!安産お守りを6つも握りしめ…予定日超過からの、30時間の壮絶出産

人一倍怖がりな私は、出産予定日の1か月以上前からそわそわ落ち着かず、料理中包丁で指を切ってしまったり油で火傷をしてしまったり頭の中が出産の恐怖でいっぱいでした。 安産のために一日2時間の散歩も欠かしませんでした。 いつ陣痛がくるのか気になっ…

想像もつかなかった双子育児。「双子・三つ子ママ・パパのつどい」に参加して現実を垣間見る by ぐっちい

こういう風に「双子・三つ子」限定で講習会を開いてくれるのは すごくありがたかったです。 このとき、私は妊娠5ヵ月でした。 1歳の女の子の双子のママとパパが出産の体験談を話してくれました。 リアルに双子を産んだ話を聞けるのは嬉しい! しかし、絶賛…

[麻生怜菜の寺嫁ごはん]赤ちゃんにも優しい!美味しい!”お麩”レシピ(離乳食中期~)

離乳食が中期~後期へすすんでいくと、だんだんとバリエーションに困ったりしていませんか? 我が家では、そんな時精進料理でよく使う「お麩」が重宝しました。 フワフワモチモチの麩は、赤ちゃんも大好き! 離乳食のバリエーションの中に、お麩メニューを取…

[蛯原英里さん×安めぐみさん対談第3回] 産後、数ヶ月が勝負!? 夫婦ゲンカをしないコツ

第1回:つらかったつわり、その時うれしかった夫の気遣い第2回:愛と笑いの出産体験。 いちばん悩んだ母乳問題 産後、親子ふたりっきりはとにかく不安。誰かに助けてもらうべき! 蛯原さん:産後はとにかくいろんなことが大変だし不安もあるから、旦那さんは…

これって陣痛?痛みを我慢しすぎて病院に着いたら子宮口8cm!

里帰り出産を予定しており、実家に帰郷中の出来事です。 その日は、早朝から生理痛のような痛みが続き、目が覚めました。 ちょうど出産予定日&検診の日だったので、この痛みには陣痛なのかどうか先生に聞いたところ、 「まだ陣痛ではないし、今日は産まれな…

エレベーター停止に日中の騒音…妊娠後期にマンションの大規模修繕はダメージ大!

大規模修繕でエレベーターが使えない! 妊娠後期、そろそろ身体が重くなってきたころの話です。 住んでいた賃貸マンションが築30年をむかえ、大規模修繕が行われることになりました。 それまで一戸建ての実家と安いアパートにしか住んだことがなかった私は、…