ゼクシィBaby みんなの体験記


2016-01-20から1日間の記事一覧

生後2ヶ月での高熱。尿路感染症と確定するまでの入院生活は、予想以上に精神的に辛いものでした

「ねえ、2ヶ月ってこんなに熱出るんだっけ?」 生後2ヶ月の次男が発熱していた。 保育園に預けはじめということもあり、風邪をもらったか、疲れが出たか……と考えたが、体温計が38度をこえている。 <6ヶ月未満児がこんな高熱、普通出ないよな。> ピンときた…

思わず涙…0ヶ月児連れ、緊張の初飛行機を救ってくれた大先輩ママの優しい言葉

里帰り出産のママなら、避けて通れないのが赤ちゃんを連れての長距離移動ではないでしょうか? 久しぶりの自宅への帰り道、生まれたばかりの小さな赤ちゃんを連れて新幹線、飛行機などの公共交通機関に乗る緊張感は、産前、臨月のお腹を抱えての移動とはまた…

高熱で動けない、育児なんて無理…誰か助けて!そんな時助けてくれた意外な人は…

あれは2006年12月、娘が1歳のころ…街はクリスマスムードで賑わっていました。 私はというと、風邪をこじらせ39℃の高熱を出していました。 私の実家は新幹線で3時間半、両親も既に他界。(編集部注:娘さんの出産直後にお母様が亡くなったエピソード…

話題のフィンランドのマタニティパッケージ、中身は衣類から避妊具まで実に40点!こんな感じでした♪

日本でも最近話題になる機会が多い、フィンランドのマタニティパッケージ。 産後しばらく必要なものがぎっしりつまった段ボール箱が、出産前に国から届くのです。 たまたまフィンランドで出産することになった私も、ありがたいことにこちらをいただきました…

左脇腹に突然の激痛で身動きが取れない! あれはもしかしたら着床痛だったのかも…?

それは、大型連休を目前に控えたある日の午後のこと。 前日、珍しく寝つけなかった私は、頭と体に重いだるさを感じながらパソコンに向かって事務作業をしていました。 すると、突然、左脇腹にキリキリとした痛みが! 例えるなら、マラソンなどの最中に感じる…

入院したら取りには戻れないから…。入院準備の盲点!案外必要なのは上の子の◯◯だった

第2子の娘を出産したのは、上の息子が2歳半の時でした。 まだまだ目も手も離せない時期です。 こんな風に、さほどきょうだいの年齢が離れていない場合、入院時に必要となる上の子への対応について、私の経験から気づいたこと書いてみたいと思います。 なお、…

「今ポン!て言ったよ!」夫の一声で産まれたと実感。第一子出産レポ!

あ、コレ陣痛かもと思ったのは夜中の三時。 すかさず陣痛アプリで間隔をチェックするも、この時点ではまだまだまばらな様子。 寝ないまま朝を迎えいよいよ5〜7分間隔に! 夫は職場に行っていたので一人タクシーに乗り込む。病院に着いた頃にはへっぴり腰に…

産後2年経っても猛威をふるう…意外な伏兵「思い出しつわり」 by つかさちずる

出産して2年経ちますがちょくちょくつわりを思い出してオエっとなっています。 つわりピーク時の「口の中の唾液が気持ち悪くて吐く」を未だに寝起きに思い出して、目がさめるとすぐにうがいをすることがあります。 私は元々コーヒーを飲まなかった&つわり中…

カーペットが!私の顔が…! かぼちゃ色のブブブブにご用心 by きのかんち

歯が生えそうだからか、この頃の娘は唇をブブブブと震わせて鳴らすという遊びを頻繁にしていました。(もちろんヨダレ飛散!) でもまさか、ご飯中にやるとは。 しかもカボチャという色の濃いものを食べてる時に・・・!! 口の中に入っていたカボチャ粥は見事…

[吉田戦車さん×伊藤理佐さん夫婦対談 最終回]暴力的に真人間に!?子育てを通して変わったこと

2010年1月に女の子を出産した漫画家の伊藤理佐さんと、ご主人の吉田戦車さん。出産当時、伊藤さんは40歳、吉田さんは47歳でした。自由で不規則な生活が長かったお二人ですが、子育てをしていることで肉体的にも精神的にも変わった面があるそうです。 第1回:…

「もう無理かもしれないけど、子どもが欲しい」 アラフォーで再開した不妊治療で奇跡の妊娠!

今年8月に生まれた娘は、結婚13年目にして恵まれた子宝でした。 妊娠するまでの長かった道のりをここで綴りたいと思います。 新婚当初、すぐに子どもを授かると思い込んでいたのですが、なかなかその兆しはなく、すぐに不妊外来と産婦人科が併設されている病…