妊娠・出産・育児の情報サイト


2016-06-30から1日間の記事一覧

夫へのモヤモヤ・イライラが詰まった秘密兵器は「下書き」フォルダで発射準備中

私のスマホのメールアプリ「下書き」フォルダには、ずっと未送信のままのメールがある。 その長ーいメールを書いたのは、もう2年くらい前。娘が生まれて2年くらい経った頃のこと。 でも、この下書きメールは、送信先にアドレスがない。 送信アドレスを入れて…

インテリアを変えたり、断捨離したり…赤ちゃんスペースづくりは生活を見直すチャンス!

家での赤ちゃんスペースについてです。 うちでは、1人目と2人目とで赤ちゃんの居場所はだいぶ違います。 まず1人目の息子の時は、こんな感じでリビングの床にマットを敷いてゴロンさせていました。 ↓ ↓ ↓ が!2歳差で次男誕生後は、踏み潰さないか目が離せな…

娘が「ダウン症の疑い」。告知を受けて退院、そして大病院での確定診断<後編>

【前編はこちら】 「ダウン症の疑い」という告知を受け、生後8日の新生児を連れて大病院へ。 ちょっとした不手際が重なり、空腹時に採血検査を受けさせてしまったため、診察前に赤ちゃんは大泣き。 それでもなんとか採血を終え、ミルクを飲ませておむつを換…

娘が「ダウン症の疑い」。告知を受けて退院、そして大病院での確定診断<前編>

娘の出産後、「ダウン症の疑いがある」と告げられました。 前回の記事はこちら:子どもの「ダウン症」を退院直前に告げられたママ…でも、それってどういうこと?? 産院を退院後、生後数日の新生児を連れて地域の大病院に行き、血液検査などを経てダウン症の…

心をバキバキに折られまくった双子の離乳食。乗り越えられたのは「困ったときの○○○」のおかげ byぐっちぃ

双子の離乳食の食べさせ方。 面倒くさいながらも開始した離乳食。 離乳食スタートのエピソード:想像しただけで泡吹きそう!なるべく先延ばしにしようと思っていた双子の離乳食のはじまり by ぐっちぃ 双子の場合、どうやって食べさせたらいいか考えました。…

愛犬と仲良く遊んでいたときに…!一瞬の油断が招いた危険にヒヤリ byムーチョ

以前「ペットボトルが口に入って危険」という漫画を描きましたが、これは僕が実際に体験した”まったく予想できなかった危険”シリーズ第二弾です。 関連記事:まさかこんなものが口に入るとは…!?日常に潜む赤ちゃんの危険 by ムーチョ うちではペットとして…

全然まだまだ…のつもりだったのに、今すぐ帝王切開手術!?二人目出産は猛スピード進行…byうだひろえ

第一子出産時、破水からの24時間後に陣痛始まるも、胎児の心拍低下で緊急帝王切開でした。 実際陣痛に苦しんだのは3時間程度だったのですが、それでも猛烈に痛くて、付き添いの夫の手を握りつぶしながら「いったああああああいいいい!!!」と叫んでました…

人の上に乗っかるのが大好きなやんちゃ猫。妊婦のお腹にだけは乗らないで~!

私の家には猫が2匹います。やんちゃで元気いっぱいな黒猫とおっとりしているけど肥満で重量級の茶猫。2匹は私の膝の上やお腹の上に乗るのが大好きです。でも妊娠がわかって、さすがにお腹の上には乗ってほしくないと思い、2匹を遠ざけたのですが・・・。