妊娠・出産・育児の情報サイト


2016-09-03から1日間の記事一覧

出産のフルコース

出産予定日は4月5日だったのですが 3月31日朝おしるし軽い陣痛があり、病院に行きました。 明日のお昼には出産だね!まだ赤ちゃんは下がってきてないし子宮も開いてないけど入院!との事で31日に入院。 病室で「あぁーやっと明日、会えるんだって!一緒に頑…

ギリギリ出産

妊娠中ずっと切迫、逆子だった私。 初めての出産で安静がどこまでというのもわからずフルタイムだった仕事も事務ならいいかなと安易な気持ちで出勤していました。 あと2週間で産休に入るぞという時に出血し子宮口も柔らかく入院になってしまいました。 ずっ…

主人は再婚、自分は初婚のステップファミリー

美容師免許を取得後、都内で美容師を経て、芸能人も多数訪れる都会では有名な美容サロンで勤務してました。多忙とストレスから身体を壊し、退職して地元へ帰る事を決意。両親が離婚、再婚としていて居場所もない為、上京を決意した際は地元に戻るなど微塵も…

産後の就活は「育児とのバランス」が肝! 優先順位を見つめ直して情報収集を

出産して2年。 育児の合間に書き物をしながら生活していた私。実家暮らしのため、そんなに生活費はかからないけれど、娘の保育園入園を決意してから就職活動をすることにしました。 出産前は都内で編集者として働いていました。 深夜帰宅、土日返上はあたり…

娘との出会いと夫の病気が家族の絆を結ぶ

夫の誕生日に娘が無事に誕生し、奇跡の出会いでした。 しかし、1週間後、夫が倒れてしまい病気になってしまいました。嘘のような話ですが実話です。私が夫の病名を聞いたのは3日後、電話で聞きました。私は実家にいた為、夫のそばには居てあげられませんでし…

つわりだけじゃない! 腰痛、便秘に鼻水…ホルモンバランスに翻弄された妊娠初期

妊娠期間を通して体の不調が目立ったのが、妊娠初期でした。 妊娠5週頃からつわりと思われる症状がありましたが、その他にも不調だらけでした。 すーじーさんのつわり敢闘記はこちら:「テレビドラマのつわりは演出」という母。でも私のつわりはドラマ通りで…

産後すぐには出ない母乳。それでもお母さんだと思ってくれるの?

10ヶ月、待ちに待ってようやく会えた息子は、本当にかわいくてかわいくて、夢のようでした。産後すぐから母子同室でしたが、夕方に生まれ、そのまま次の朝までぐっすりの息子。「この子はあんまり泣かないのかな?」なんて主人と余裕で過ごせたのは、その一…

貴重な入院体験

今からちょうど一年前予定日を1週間後に控え今か今かと待ち構えていました。23時床につき暫くしてからパシャと水風船が割れるような音が。こりゃいよいよだと慌てて夫と病院に。車中あ~破水の後はすぐ陣痛くるからこの道も次に通る時はママだなと感慨深くい…

陣痛よりマシ!と緊急帝王切開後の痛みに耐えていたら…私を号泣させた手紙

予定日を1日過ぎた七夕の夜中、規則的な弱いお腹の痛みを感じ目を覚ました。 隣に寝ている旦那を起こし、「陣痛かもしれないからしばらく様子をみるね」と声を掛けました。 時計とにらっめっしながら感覚を測っていると、やはり規則的にお腹が張っている! …

産まれる前に準備するから…誕生〜1ヶ月半、実録・使ってみて良かったベビーグッズ

お腹の赤ちゃんとの対面を待ち焦がれる妊娠期。 出産準備を進めていくと、楽しみでついついあれもとこれもと買ってしまいがちです。 これからなにかとお金が入り用なのでベビーグッズは無駄なく買い揃えたいですよね。 5月下旬、我が家に娘が生まれました。1…

おじいちゃんと不育症

今回の体験記にも選択項目がないくらい、まだあまり認知されていない不育症。私は、三度の流産を経て、ようやく現在6ヶ月まで妊娠を継続できています。 最初の妊娠の時は、無知で妊娠がわかったらすぐ家族に知らせてしまいました。祖父も大変喜んでくれたの…

天国のお爺ちゃんへ ~見守ってくれてありがとう~

約2週間に第2子となる長女を出産した私。陣痛時間が53分と短かったのは、天国に旅立ったお爺ちゃんが助けてくれたからだと思います。 東京に住んでいた私は、家族の支えもあり里帰り出産を選択。実家のある三重に帰省しました。90歳にもなるお爺ちゃんが亡くなっ…

泣き止まない我が子。

はじめまして。現在生後5ヶ月の男の子を育てている新米ママです。 我が子は、生後3ヶ月くらいまで、1日中泣いている子でした。泣かない時は、寝てる間とミルクのときだけ。寝てる間といっても、お昼寝などはなかなかしてくれず、夜も2時間起きに起きては寝か…

結婚式

私は24歳の時できちゃった婚をしました 【親への報告】 悪阻が始まったのが6週3日 妊娠2ヶ月の時でした。 5日ほど気持ち悪いなーなんだろうと放置しましたが、ある時ふと「あれ、そういえば生理最後いつきたっけ」その瞬間に不安と期待が同時にくるというか…

親のわがまま

妊活するもなかなか授かれず、病院で診てもらいようやく赤ちゃんを授かることができました。妊娠中は辛いこともたくさんありましたが、旦那と二人で、お腹の中の赤ちゃんを「豆助」と名付け、たくさん愛情を与えてきました。 もちろん二人共、感動を分かち合…

あまりの悪阻に臨月でまさかの転院!

安定期っていつ?という程、悪阻が出産ギリギリまであった私。通っていた産院は、10代の頃 親の離婚、再婚を中心に、国家試験を控えていたりと過度のストレスで第一無月経となり、通院。20代になってからもPMSで通院しており、妊娠発覚後もそのままお世…

重症悪阻と切迫早産を経験しての出産

妊娠が分かり喜んだのも束の間、地獄の日々が続きました。食べることが出来ず、氷を舐めるのがやっとで、トイレに這ってしか歩けず…。どうにもならない具合の悪さに毎日泣いていました。 諦めようと…もう無理と旦那さんに泣きながら訴えたら『俺の子供を産め…

決して豪華ではないけれど。可能な範囲で手作りした我が家なりのお食い初め

夏のはじめに生まれた娘は1か月検診の頃に真夏を迎えるため、一般に生後30日頃に行うというお宮参りを延期していました。しかし漠然と涼しくなってからということしか決めていなかったため、気が付けばすでに3か月になろうとしていました。 華やかなことがあ…