妊娠・出産・育児の情報サイト


2016-10-20から1日間の記事一覧

3歳の息子が夜中に絶叫、母を振り払って泣きわめく…「夜驚症」とのつきあい方

我が家の長男は、新生児の時からずっと睡眠がコマ切れタイプでしたが、やっと落ち着いて寝るようになり、ほっとしていた3歳のころ。 夜中、突然叫び声のような泣き声が聞こえました。びっくりして見に行くと、長男が目を覚まし、部屋から出てくるところでし…

「里帰りしないが、家事もしない」。事前準備と夫への根回しで2人目産後を乗り切る!

ふたりめの出産は里帰りなしでがんばろう! そう決めたのは、当時幼稚園の年少組だった長女の通園が理由でした。 長女の出産時には、産前産後合わせて数ヶ月の里帰りをし、上げ膳据え膳の生活を送った私でしたが、二度目の出産は事情が異なりました。 同じ沿…

痛いのが怖くてソフロロジー式出産を選択。ところがまさかの帝王切開に!

小さいころから子どもが大好きで、いつかはお母さんになるんだと思い張り切る反面、痛いのが怖くて「私が大人になるころには痛くなく産めたらいいのに…」と思っていました。 妊娠が判明した頃は引っ越してきたばかりだったので、まずは病院探しから始めまし…

何の心配もないと、思った私がバカだった。妊娠3ヶ月での前期破水で即入院 by 遊佐いつか

切迫流産とは、なんらかの原因で赤ちゃんが流産しかかっている状態です。 腹痛と出血がそのサインで、初期はわりとよくある事らしいです。 入院をしなくても、家で安静していれば治ってしまう事が多いそうです。 (でも切迫流産の症状があった時は、絶対に病…

「なに?子ども嫌いなの?」ガン見してきた未婚女子と話して感じた“無知”について by カワハラユキコ

これまで紹介した「味方のようで敵だよおばさん」「未来予言者」のふたつの人々は、子どもと私に何かを言ってくる人たちでした。 前回のエピソード:「この子が3歳を過ぎたら邪魔をしないように!」「床上手になるよ!」予言された息子の未来 でも育児をして…

授乳したのに体重がマイナスに…ベビースケールが怖かった、産後すぐの授乳

私の通っていた産婦人科では、妊娠中におっぱいのケアやマッサージについての指導を受けることはありませんでした。 たまに同じ妊婦さんのブログを読んで、おっぱいマッサージについて助産師さんからアドバイスを受けたという記事を見かけて、「私もいつか話…

臨月の妊婦は弱者であると実感!おばあちゃんの椅子付き手押し車に憧れたあの頃の私  byネジ子

臨月あたりの妊婦はよく歩けというけれど…。 妊娠8カ月目。仕事をしながらどうにか乗り切り、産前8週目から産休に入ると、ひとまず通勤と労働から解放されて、一息つけるなあ、と思いきや、お腹はどんどん大きくなり苦しさは増すばかり。 重くて仰向けでは…

妊娠中は喧嘩もしたけれど…。「俺、いつか義父さんみたいになりたい」夫の一言に号泣

私が妊娠中、主人は帰りが遅く、休日も勉強会等で自宅を空ける事が多々ありました。その度に、私はイライラしてしまったり思ってもいない事を口走ってしまったりして喧嘩になりました。「なんで分ってくれないの?」と不満から、一度検診に来てもらえば少しは…