妊娠・出産・育児の情報サイト


2016-10-28から1日間の記事一覧

張り切ってアドバイスしてくる実母だけど…。今と昔の子育て方法は違うんです!

産前産後の期間、多くの人は自身の実家に里帰りするのではないでしょうか。私の実家は自分の家から徒歩で15分ほどの距離でしたが、退院後は私も1ヶ月ほど実家で過ごすことにしていました。 私の実家にとっては初めての孫で、父母にとっては30年以上ぶりに触…

もしかして自閉症?目線が合わず言葉の出ない息子を発達相談に連れて行くと…

息子は1歳9ヶ月になっても言葉が出ませんでした。男の子のおしゃべりの成長は、ゆっくりと言われているので、それほど心配してはいませんでしたが、息子は遊び方や反応がほかの子とかなり違う…。もしかして、なにかあるのでは…。

着替えを持っていくだけでは甘かった。う◯ちに始まりう◯ちに終わったお宮参り

我が家の3人の子供たちは、お宮参りを生後3か月の頃にしていました。 生後3か月頃は、授乳はリズムができつつあり外出の予定も立てやすいのですが、 うんちは量が増えすぐ漏れてしまう時期!1人目、2人目の時の反省を踏まえて挑んだ 3人目のお宮参りをお伝え…

年子?2歳差?3歳差…?我が家に最適なのは何歳差なのか、周囲にリサーチしてみた by あね子

はじめまして。『正直 余裕はありません。』を描いているあね子と申します。 この本は2人目を妊娠するまでの葛藤から、妊娠・出産、2人育児になってからの日々をまとめた内容となっています。 今回は、きょうだいの年の差をどうするか!?決定に至るまでの経…

「リアル」は伝えたい!でも…。妊娠・出産・育児経験者が、ママ予備軍に伝えられること by カワハラユキコ

前回のつづきです。将来ママになるかもしれない女性との会話が、その女性になんらかの影響を与えることもあるのかもしれないな~と思ったという話、また別の女性の話であります。 前回のエピソード:「なに?子ども嫌いなの?」ガン見してきた未婚女子と話し…

飢餓、寝不足、低血圧、お風呂入れない…でゾンビ化!?吐きつわり地獄 by 遊佐いつか

こんにちは、遊佐いつかです。 今回はつわりエピソードです。 前回のエピソード:何の心配もないと、思った私がバカだった。妊娠3ヶ月での前期破水で即入院 食べつわりとか匂いつわりとか色々ありますが、私は吐きつわりでした。 今まで好きだった食べ物が食…

引きこもり育児の思わぬ反動!?授乳ケープ断固拒否な赤ちゃんとの外出は大変! by 内野こめこ

前回のエピソード:出なかったゲップがオナラに?!新生児期の謎の大泣きは、まさかのオナラ待ちだった 三歳の現在も非常に怖がりな息子なので、もしかしたらケープを被ると暗くなったり母の顔が見えづらくなったりで怖かったのかもしれません。 もうケープ…

連日続く高熱は「マイコプラズマ肺炎」だった!小さな体でがんばった娘の入院体験記

長女が3歳の時に、マイコプラズマ肺炎にかかって入院しました。連日40℃の高熱で苦しむ長女を見て、本当に胸が痛かったです。大人でも大変な入院生活ですが、小さな体でがんばった長女との入院体験談です。

7月に出産した加藤夏希さん。生後3ヵ月の赤ちゃんと過ごす1日に密着しました!

今年7月7日に第一子となる女児を出産した加藤夏希さん。現在は、3ヵ月になる娘さんのお世話に忙しい毎日を送っています。そんな加藤さんの1日に密着して、新米ママとしての素顔を覗かせてもらいました! 6時 起床。朝一番のミルクはキューブタイプで楽々最近…

3歳までのケアが一生の肌質を決定する!?今すべき赤ちゃんの正しい入浴法とスキンケアとは

赤ちゃんの入浴やスキンケア、皆さんはどうしていますか?生まれながらもちもちの肌には、特別なケアは必要ないと思っている人も多いかもしれません。でも、赤ちゃんの肌は汗っかきで汚れやすく、生後2ヵ月までは頭やおでこがベタつきがち。また、皮脂の分泌…

妊娠してから判った、私の血液型は『RHマイナス』。リスクを医学の力で乗り越える!

RH式血液型不適合を知っていますか? 簡単に言うと、血液型がRHマイナスの女性がRHプラスの赤ちゃんを妊娠することです。私はそのRHマイナス妊婦でした。 今まで大きな病気や怪我もなく、趣味がマラソンということもあり、周りからは「健康体」と呼…