妊娠・出産・育児の情報サイト


2016-12-19から1日間の記事一覧

下の子が生まれてもまだおっぱいがやめられなかった長女。涙、涙の断乳の夜

卒乳か断乳か、迷っているお母さんは多いと思います。私の子供は、元々お乳に執着が強かったので、なるべく長く飲ませてあげたいと思っており、卒乳を選択していましたが、更に執着を強くすることが起きました。 それは、子供の入院でした。一度目は、ノロウ…

職場に迷惑をかけたくない…葛藤で毎日泣いた。仕事をしながらつわりに悩んだ日々

妊娠が判明し、夫婦共に喜んでいたのですが、その後間もなくやってきた悪阻にかなり悩まされることになりました。私の場合なんとか食べ物は食べられるのですが、あらゆる匂いに敏感になり、気持ち悪くなってしまって嘔吐するという症状でした。 当時私は仕事…

おめでたムードから一転。出血が止まらず予想外の緊急搬送!生まれたばかりの我が子と離れ離れに

数年の不妊治療を経て子どもを授かったとき、私はすでに35歳を過ぎた、いわゆる”高齢出産”の年齢になっていました。高齢出産は様々なトラブルを伴いやすいと言われますが、最近は有名人の方でも高齢出産が増え、また周りに同じようなタイミングで出産する友達も…

「手をつなぐのイヤ!」イヤイヤ期真っ盛りの2歳児。ひとりでエスカレーターに立たせて思わぬ事故に!

「なんでもイヤ!」のイヤイヤ期真っ只中の2歳の息子。ショッピングセンターに家族で出かけたこの日も、「手をつなぐのイヤ!」と、私の手を振りほどいて、少し前を歩いていました。 上の階のお店へ移動するためエスカレーターに乗った時、一旦は手をつない…

妊婦なのにX線!?40歳特定健診、医師の『ウッカリ』であわや危機一髪 byもづこ

妊娠中に40歳になったため、区から特定健診(市区町村が実施している40歳~74歳ぐらいまでの国民健康保険加入者が無料、または一部負担で受けられる健康診査)の通知がきました。 前回のエピソード:初めての健診。笑顔一つないお医者さんと看護師さん…

【医師監修】混同しやすい「産後うつ」と「マタニティブルー」。症状の違いは? ~産婦人科医きゅー先生の本当に伝えたいこと~

こんにちは、産婦人科医のきゅーと申します。 前回は、「帝王切開」についてお話しさせていただきました。 今回のテーマは「産後うつ」。 前回同様、「とにかくわかりやすく信頼できる妊娠情報」をモットーに説明したいと思います。 前回のお話:自然分娩>…

初診料4万円、4回で16万6千円也!!高度不妊治療は、超高レートの課金ガチャ!? by 肉子

こんにちは、肉子です。 前回のエピソード:理不尽なクレームだらけの不妊クリニック掲示板!院長の塩対応ウキウキウォッチング♪ by 肉子 ここまでいろいろありましたが、とうとう体外受精の不妊専門クリニックでの本格的な治療が始まりました。 これまでの…

0歳8ヶ月での復職、職場にも息子にも申し訳なくて…。迷いを払ってくれた先輩の言葉

生後8カ月。0歳児クラスの4月入園で入った長男。 第二子をすぐに欲しいと考えていたことや、1歳児クラスに入れなかったらという不安から、早めの職場復帰となりました。 ブランクとしては1年はないものの、時短勤務をしながら保育園の送迎に家事に育児にと、…