妊娠・出産・育児の情報サイト


2016-12-26から1日間の記事一覧

「ぽこっぽこっ」とお腹の中で空気が出ているような感覚。初めての胎動記念日

妊娠初期は、赤ちゃんが本当にお腹の中にいるのかどうか、正直わからなくてとても不安でした。産婦人科での妊婦検診のエコーで確認できたり、つわりの症状で間接的にわかったりしたのですが…。 その為、胎動を感じるのを心待ちにしておりました。 しかし初め…

昔ながらの「岩田帯」に挑戦!巻くのは面倒だけど、歩く姿勢が良くなりました

第3子が妊娠7ヶ月に入りました。「性別分かった?」などと、みんな気にしてくれますが前回のエコーでは、赤ちゃんが隠してたので次回のお楽しみです。 実は、長女のときからお世話になっている産院は地元でも1、2位を争うほど、体重管理の厳しい病院。私…

保育園に通い始めて1か月で集団生活の洗礼を受けた娘。ロタウィルス感染で大慌て!

長女が3歳5か月のときに経験した、痛苦しい思い。ただ見守ることしかできなかった母の、もどかしかった気持ちをお伝えします。

息子を連れてはじめての新幹線。絵本、おもちゃ作戦に失敗し、最終的に良かったのは…

イヤイヤ期の息子と2人だけで新幹線に乗りました。泣くと大騒ぎになる息子をいかに機嫌よく過ごさせるか。事前に車内での遊び対策を練り、万全の準備をしたつもりだったのですが・・・。

進行してからの発見は、口惜しい。乳がんは早期発見がカギだからこそ検診が大切! by シェリーカトウ

乳がんを年イチの健康診断で見つけてもらって、手術退院後は3ヶ月〜に1回のペースで乳腺外科を検診診察。 ただそれは乳がんの予後を見るのがメインなので、他の健康チェックのため、変わらず年イチ健康診断は行ってます。 前回のエピソード:手術してがんを…

合計6700gを予定日超過で自然分娩!?安産体質な母の奇跡のような双子出産体験記 by水谷さるころ

さて、前回はうちの母が「驚異の安産体質」であることをお話しました。 「陣痛がない」というのはすごい体質だと思うのですが、私自身の出産エピソードも中々すごいのです。 私は双子です。 二卵性双生児で、弟と一緒に産まれてきました。 前回のエピソード…

保育園なんて、一人っ子なんてかわいそう!?おなじみの“かわいそう攻撃”への対処法 by カワハラユキコ

これまで敵だったり謎だったりのいろんな「育児をめぐる人々」を紹介してきましたが、今回はおなじみ(?)のあの人々を紹介します。 前回のエピソード:「リアル」は伝えたい!でも…。妊娠・出産・育児経験者が、ママ予備軍に伝えられること このときは本当…

1歳だけど、やっぱりお姉ちゃん

2人目がお腹に出来た時、よく上の子が赤ちゃん返りすると聞いて心配しましたが、我家の場合、余りそういう事はありませんでした。 2番目が産まれると、1歳8か月しか変わらないのに「赤ちゃんが泣いているよ」っとせっせとオムツを持ってきたり、「おっぱい飲…

ピコピコ光っていた、あの子。人の命のはかなさと重みを教わった最初の妊娠

結婚後、子どもが欲しい気持ちよりも自分の自由が欲しい日々が続き、約10年ほど夫婦で楽しんだ後で妊活を始めました。 30代後半でクリニックにて産婦人科デビュー。排卵が若干遅いということで、身体をあたためる漢方を処方して頂きながら、市販の排卵薬を使…