妊娠・出産・育児の情報サイト


2017-02-01から1日間の記事一覧

誰にも相談できない!デリケートゾーンがかゆくてもじもじ…その原因は「膣カンジダ」でした

2人目の妊娠8カ月の頃のお話です。 当時私は、出産ぎりぎりまで仕事をしていました。仕事はデスクワークです。いつも通りに仕事をしている時、ふとデリケートゾーンに違和感を感じました。なんだかもじもじしたくなるようなかゆさが・・・。 そういえば、最…

勢いよくうがいするような音にびっくり!新生児のミルク吐き戻しであわや窒息の危機

新生児のお世話は本当に大変です。慣れてきた頃に事件は起こる!まさかこんなことが起こるなんて!ちょっと笑える、いやいや全然笑えない私の失敗談。

計画無痛分娩を希望したはずが…時間外に来てしまった陣痛に「こんなはずじゃなかった…!」

最近よく話題にのぼる「無痛分娩」。2人目は絶対無痛がいい!と思って完全無痛のクリニックを予約したのに、早めに陣痛が来てしまった私。予想とはちょっと違った無痛分娩の体験記です。

妊娠中の受動喫煙の恐怖!タバコをやめない夫を泣きながら説得した私

ヘビースモーカーだった自分は、つわりのおかげですぐにタバコをやめられました。しかし夫は外で吸っていれば大丈夫と考えていました。受動喫煙の心配はないと思っていた矢先、主治医の一言に反省した出来事です。

「言いたい、けど言えない…」不安が先立つ、40歳での妊娠報告タイミング。ついに言ったきっかけは… byもづこ

高齢出産が確定してから悩んだのが「まわりにいつ言うか」でした。 前回のエピソード:胎教に稲川淳二、若大将…!?好きなものを選んだらこうなった、高齢夫婦のカオスな胎教 by もづこ 親やきょうだいには報告したものの、友人や仕事先の人達にはいつ言うべ…

「双子の子守り」vs「妻の買い物に付き合う」、出不精な夫に究極の選択を迫った結果… by ぐっちぃ

以前「早朝家出」をした話を書きましたが、ほんのわずかな時間でも「ひとりの時間」があると思った以上に心がスッキリすることが分かりました。 関連記事:「私は一体いつ休めばいいのか…」思い立って早朝に家出した時のこと で、子どもたちがそこそこ自分た…

不動の男、ご機嫌斜め!殿のご機嫌取りに明け暮れた、先が見えない辛い日々 by 眉屋まゆこ

以前の記事でも書きましたが、息子は10ヶ月までずりばいもハイハイもしない子でした。 関連記事:不動の男!?我が子はオイルヒーター型。発達で悩んでいたときに救われた姉の言葉 ハイハイをしなくとも寝返りでコロコロ移動したり、おすわりのままお尻で移…

この人こんな人だっけ? 普段はふわふわ系の夫が立ち会い出産で見せた、力強い支え

学生の頃に出会った私たち。 夫の仕事は柔道整復師、鍼灸師、マッサージ師。少し気が抜けてて、年下の夫は普段からふわふわしてるような人。何か決断が必要な時はわたしが率先してリードしてきた。そんな関係の私たち。 初めての妊娠がわかったのは1月末。結…