妊娠・出産・育児の情報サイト


2017-02-12から1日間の記事一覧

顕微授精での妊活と、主人のがん闘病が同時に…。生と死を意識し続けた日々、そして

結婚して5年、子供を授かることなく、当時私は35歳、夫39歳。 不妊治療の専門クリニックの説明会へ行きました。 その日、滅多に不調を訴えない病院嫌いな夫が、「お尻に違和感があるから病院へ行く」と言いだしました。後で知りましたが、かなりの痛みがあっ…

20日間ぶりに浴びたシャワーの気持ち良さ…。3人目にして切迫早産で絶対安静に

1番上が高校1年生、2番目小学1年生。まさかの年の差で妊娠発覚! 驚き、嬉しさと共に高齢出産という不安もありました。 仕事、育児に追われかなりハードな生活だけど、3回目だし大丈夫だろう。という甘い考えがいけなかった。まさかの切迫早産になりました。…

4ヶ月検診で告げられた「脳の発達不足」の疑い。うろたえる私の心を救った友の言葉

私は、市の赤ちゃんの4か月検診で、保健婦さんに「首の座りが遅い。もしかしたら、赤ちゃんの脳に発達不足があるのかもしれません」といわれました。 もう、その時の驚きと言ったら…。頭を鈍器で殴られたような、目の前が真っ暗になったような。その日、どう…

突然の破水、膣の奇形、癒着胎盤。主治医が「人の3倍大変だったね」と言った壮絶出産

29歳で初めて妊娠し、里帰り出産で実家で生活していました。妊娠の経過は問題なく、臨月をむかえました。 妊娠36週の検診の際、羊水が少なめだと言われ、37週の検診時にホルモン注射をしました。 その2日後、自宅で昼寝から起きた際、股から弾ける感じがして…

切迫早産でも全く協力してくれなかった夫が激変! やっぱり伝えないと始まらない

4人目を妊娠した時のこと。 4回目のマタニティーは、初めての切迫早産でした。 3人の子供を保育所に預けて、仕事をする日々。毎日無理しました。 送り迎えや平日の家事など、旦那の協力は得られなかったので私がやるしかありませんでした。 旦那は時間のある…