妊娠・出産・育児の情報サイト


2017-04-27から1日間の記事一覧

私の仕事はお花屋さん。力仕事が多い職場で妊娠報告のタイミングに悩みました

結婚5年目、2年ほどの妊活を経て、37歳でやっとの妊娠でした。 私は若いころからずっと花屋に勤務しており、これが見た目以上に力仕事が多い仕事です。 職場へどの時点で報告するのか、すごく悩みました。 私の先輩は、妊娠6か月まで職場にも同僚にも報告せ…

「10分間隔だよ」と心配する夫を一喝! これはまだ前駆陣痛…と思っていたけれど?

2人目の予定日は1月14日。年末の37週の検診では、 「赤ちゃんは下がってきつつあるけど、まだまだ。赤ちゃんも小さめだし、年始明けてから産む体制に入ろうね」 と言われていました。 長男を39週で産んでいたため、予定日よりは早まるだろうと思ってはいたも…

忘れられない授乳室での話、そして今「この子が可愛い」。ダウン症の娘との3年半

第二子の娘を出産後、退院直前に「ダウン症の疑い」があるという診断を貰いました。 確定診断が出るまでの1か月間、それはほぼ新生児期と同じだったのですが、その間に私が辛かったのは 「せっかく生まれてきてくれた赤ちゃんを、手放しで可愛いとは思えない…

「いつかは子ども部屋に…のつもりが物置部屋」を防ぐ、未来を見越した部屋作り

今では片付けのプロとして「引越しオーガナイザー」を名乗り、 引越し前後の整理収納サポートやコンサルティングのお仕事をさせていただいてますが、片付けに目覚めたのは7年前の1人目妊娠の時。 以前は汚部屋暮らしでした。 産後は汚部屋から脱却して快適…

家族の時間と絆が深まるスキンシップ術 みんなで妊娠線ケアが最新トレンド! byやまもとりえ

「妊娠線ケア専用クリームを選びました」こんにちは、やまもとりえです。一人目妊娠のとき、あっという間に大きくなるお腹のスピードについていけず、妊娠線ケアをサボってしまったんですよね・・・。案の定、妊娠後期の乾燥による痒み、肌のツッパリ感はハ…

居眠り中でも娘の攻撃をかわし、余裕がなくても弱音は吐かない。そんな夫の特技とは by カフカヤマモト

こんにちはカフカヤマモトです。 平凡な家族(我が家)の日常を描いた著書『家族ほど笑えるものはない』から、選りすぐりのシーンを紹介しています。 今回は、家事も子育てもそつなくこなす、同い年の夫編です。 関連記事:「何やっとんねん!」雨粒と戦い、…

使い終わったマタニティ&ベビーグッズ、どこまで残す?捨て魔が決めた「残すルール」 by ゆるりまい

周りのママ友と話をすると、度々話題になるのが『使い終わったマタニティ&ベビーグッズはどうするか』。また出産を希望しているかどうかにもよりますが、どこまで取っておくかは悩みどころではないでしょうか? 前回エピソード:兜飾り、いる…?捨て変態でも…

最悪の状態で逃げ出さないために…。心の余裕を取り戻す「逃げアラーム&カード」 by うだひろえ

前回エピソード:ママの最重要ミッションを朝イチにクリア!「ラブラブ起こし」のすすめ by うだひろえ 私だって、最初から余裕がないわけじゃないんです。心の余裕ゲージ、前日までの疲れを引きずってることもありますけど、大体の朝は、満タンなんです。 …

2人目だって不安は同じなのに…。1人目の出産時と全く違う夫の態度に大爆発!

1人目の出産のときは、妊娠・出産についてとても勉強熱心だった主人。私が買ってくる妊婦雑誌も一緒に読み、プレパパ体験にも参加し、時間が合えば産婦人科の定期健診にも一緒に行ってくれました。出産のときも1日仕事を休んで、夕方生まれてくるまでずっ…