妊娠・出産・育児の情報サイト


2017-06-01から1日間の記事一覧

できなくても、それは神様が決めたこと。そう思っていた42歳の私が妊娠に至るまで

私は42歳の高齢初任婦です。 年齢的にも体力的にも、(多分)最初で最後となる妊婦の日々がやってきました。 結婚が遅く、結婚したときすでに40過ぎだった私。 30代の頃につきあっていた人との結婚を夢見ていたころには、『早く結婚したい!子供が欲しい!』…

つわりで7週から入院に! 1日4本の点滴でしのいだ日々を支えてくれた夫と実母

念願の子どもを授かり幸せに包まれていたのもつかの間、妊娠6週のある日、突然吐き気に襲われました。 その日を境に食事も飲み物もほとんど摂れなくなり、みるみる体重が落ちていきました。 家ではほぼ寝たきり、通院して点滴をしても症状は変わらず、心配性…

完全母乳育児の落とし穴…! どんなにお腹がすいていてもダメ、哺乳瓶完全拒否の息子

産後から母乳の出が良かったので、完全母乳で育てていました。 NICUに入っていたとき、息子は哺乳瓶で、粉ミルクや搾乳した母乳をぐびぐび! それを見ていた私は、赤ちゃんは哺乳瓶で飲めるものだと思っていました。 関連記事:混合って楽♪と思っていたら、1…

前駆陣痛

私は、妊娠後期の34週目の妊娠検診で 子宮口が1センチ開いて赤ちゃんの頭も下の方にあるということで、もしかしたら早く生まれるかもしれないと言われてました。 そして、生産期になってからはいつでも生まれても良いということで、私自身も早く子供を産みた…

新生児用品

新生児って意外と色んな物がいるって知った。 私の場合は5月から6月が予定日だったので暑くなく寒くなくちょうどいい季節でした。 でも赤ちゃんは体温とか調節出来ないから肌着とか替えがたくさん必要。 ベビーガーゼが必需品ですよね。 もし母乳がでない…

原因不明の不妊と、血の繋がらない子育て

31歳の時、2人の子連れの人と結婚しました。2人の子供は、生みの親に虐待され、家出を繰り返されて離婚したそうです。 子供達は愛情不足によりひねくれており、躾も全く出来ていませんでした。 そんな感じで子作りする気にお互いなれなくて、気付いたら不…

食べたいものがコロコロ変わる!私のつわり体験

妊娠が判明してほどなくしてつわりが始まり、丸3ヶ月以上悩まされることになりました。吐きづわりではなかったものの、常に気分が悪く寝たきり状態に。 食欲も妊娠前より落ち、食べたくなるのはなぜかコンビニで買えるようなジャンクな食べ物ばかりでした。 …

24w緊急帝王切開にて出産!

22w3dの日、なんとなくオリモノが水っぽいなぁ~と思い、何もなければ良いや程度で仕事終わりに産婦人科へ。 お腹の張りも特になく先生に「オリモノなのか尿漏れなのか分からないけど水っぽいのが頻繁に出る」と話した所、ビックリされ経膣エコー。 すると先…

赤ちゃんとパパ

生まれてから2ヶ月になった息子、ちょいちょい笑顔が見れるようになりました! 育休中なので息子と2人きりの時間が多く、笑ってくれたり喋ってくれたりすると凄く嬉しくて、きっと1番一緒にいるのが私だから、こんなに笑顔を見せてくれるんだろうなーと思い…

正夢?!

出産予定日が近づいても前駆陣痛など出産兆候が全く見られませんでした。 早く会いたいなぁ~という思いは募り、毎日10000歩お散歩をしてみたり、スクワット、雑巾がけ、オロナミンC、焼肉など、あらゆるジンクスを試しましたがダメ。 初産だし、予定日超え…

原因不明の手のしびれ

妊娠して4ヵ月頃に、手足が痺れやすくなってきて、徐々に悪化して、料理で鍋を振ったり、洗い物をしたりするのに支障が出てきました。 インターネットで調べると、妊娠後期にはよくあると記載はありましたが、原因は高血圧だったり浮腫だったり。 私は病院の…

迷わず帝王切開を選択! へその緒が2重巻きの娘、ストレスをかけず産んであげたい

当初は無痛分娩を希望していました。 妊娠初期から中期となんのトラブルもなく過ごしていましたが、36週くらいで、へその緒が赤ちゃんの首に二重に巻かれていることがわかりました。 しかし二重は決して珍しいことではなく、三重なら迷わず帝王切開を勧める…

5歳児息子 現 妊娠10ヶ月目のシングルマザー

私が10代で出産した時の体験を書きます。 未婚シングルで出産にのぞみました。 ある日の夜テレビを見てる時に脇腹がつるように痛くなり、産婦人科に電話をして病院へ行きました。 診てもらいましたが、陣痛ではないそうでしたが 念のため内診をしたところ3cm…

「息子が輝いて見える!何で今まで買わなかった?!」子どもの成長記録はスマホよりビデオカメラが大正解!!byやまもとりえ

「実は大変だった、スマホで残す0~1歳の成長記録」こんにちは、やまもとりえです。はじめての笑顔、寝返り、ハイハイ、お座り…と0~1歳の赤ちゃんの成長はあっと言う間。毎日が忘れたくない大事な瞬間のオンパレードです。長男のときは、貴重な記録を逃…

かわいいけれど、油断も大敵。しゃべり始めの息子にやられた、赤面事件 by tomekko

こんにちは。 次男が大好物のカボチャを見て「ブッチャー…」と呟いたので、聞いたことあるな~と何気なく検索したら閲覧注意な画像がいっぱい出てきてドン引きしたtomekkoです。 関連エピソード:1秒でも無駄にすまいと全力疾走していたワーママの頃。「自…

入院中は24時間点滴生活。両腕とも針の痕だらけで刺す場所さえもなくなって… by トキヒロ

こんにちは、トキヒロです。 前回のエピソード:切迫流産で入院中、ずっと一緒の我が相棒!妊婦と点滴の切っても切れない関係 by トキヒロ 前回は切迫入院中の点滴の話をさせて頂きましたが 24時間点滴と言っても、同じ所にずっと刺しっぱなしなんてできない…

テニスボールはなんか違う…。強烈ないきみ感が来るたびおしりの穴をセルフプッシュ!by こたき

出産の話続きです。もうちょっと続きます。 前回のエピソード:子宮口チェックは大切なバロメーター。1cm開くごとに「よし!ゴールが近付いてる!」by こたき 陣痛が始まって約10時間、この頃には時間の間隔も無くなっていたのですが、子宮口の開き8cm~全開…

友人宅で突然起こった熱性けいれん。焦る気持ちを抑えて行った対処法とは

「熱性けいれん」誰もが一度は耳にしたことのある病名ではないでしょうか? 子どもの10人に1人ぐらいの割合で起こす、比較的メジャーな病気のようです。私自身も幼少時代に熱性けいれんを起こしたことがあり、実母から「熱性けいれんを起こしたことのある親…