妊娠・出産・育児の情報サイト


2017-07-07から1日間の記事一覧

帝王切開直後、天井まで血が噴き出す!お腹の中で赤ちゃんと一緒にひっそり育っていたものとは?

5年前、私は13週で流産しました。そこまでは順調だったのに突然の流産で、原因は不明でした。その時の妊婦検診を含めて、市町村の子宮の検査などでも「ガンはもちろん、内膜症や筋腫も無く、奇麗な子宮ですね」と太鼓判を押されていました。しかし、流産後、…

1時間に6~7回もお腹の張りが。産休に入ったばかりで自宅安静を言い渡されてしまった

妊娠中の自宅安静というと、切迫流産や早産の場合などを想像しますが、私の場合はこのような診断がなくても安静が必要な状態になってしまいました。 妊娠33週を過ぎた頃、お腹も大きくなり動くのも億劫になってきたのに加え、お腹が頻繁に張る感覚が何日か続…

わずか生後25日で発熱しパニック!慌てて産婦人科に電話してアドバイスをもらったところ…

長い陣痛を終えやっと生まれてきてくれた赤ちゃん。 母親になった私の体は非常に疲れていましたが、赤ちゃんの顔を見れば、こちらも幸せな気持ちになれ、充実感と満足感に満たされていました。 しかしそんなときに、大変なことが起こりました。それはまだ新…

流産後、初めての胎嚢確認で感動!ピクピク動く心臓に夫婦であげた驚嘆の声

私が初めて妊娠した時は、いつもとは違う体の不調がありました。普段とは違う種類のイライラ感があり、旦那に肩を触られるだけでもイライラしていました。その事で旦那とはケンカにもなったほどです。私はなんとなく女性ホルモンが関係している不調なような…

予定日ぴったり!前日に破水からスタートしたお産

26歳で初めての妊娠、この春に男の子を出産しました。 何もかもが初めてのドキドキ妊婦生活を経て、いよいよ臨月も後半に。 周りからの「まだかな!?」「もう産まれた!?」コールに焦りを感じつつ、初産は遅れる説を信じてみたり、ジンクスの焼肉や某栄養…

妊娠超初期の不思議な感覚

入籍を先にして、式を1年後に予約し、主人の出身地へ引っ越しをして日々暮らすなか、慣れない土地ではじめはホームシックになり涙することも多かった私でした。入籍前の同棲時より避妊せず主人と仲良くしていましたが、妊娠中に結婚式をすることには抵抗が…

ママのお腹にいる赤ちゃんは愛おしい存在。そう思ってくれた、上の子への妊娠の伝え方 by まいこ

我が家にも2人目の赤ちゃんがお腹に宿り、幸せ〜〜〜と思いきや、気になることと言えば、上の子のことばかりでした。 2人目を妊娠したのが上の子が1歳3ヶ月あまり。 まだまだ小さい。 今回は、上の子にお腹の赤ちゃんのことを伝えるにあたって、私なりに…

うちではもう診れませんから。浮かれベテラン妊婦を突き落とした、医師からの無感情な癌宣告 by ゆき

こんにちは!ユキです。 第三子妊娠で、初めての経験が多かったのでご紹介させてください。 三人目は奮発してちょっとゴージャスな産院を選び、ウキウキして初診に来ました。 妊娠出産すっ飛ばして、私の頭の中はゴージャス産院での、ディナーやおやつ、エス…

産後うつに気づかなかった私。「妻が変わった」と感じているパパにお願いしたいこと by 園田花ヨウ

「産後のうつ」になかなか気づかなかったという点は私の体験です。 一番ひどい状態の時は「生きている意味などない…子供が成人するまでは生きるけど…でも自分の存在価値などない…意味などない…」 こんなことしか考えられなかったと記憶しています。 前回エピ…

フライング入院、前駆陣痛、理性が吹き飛ぶ陣痛…想像していたのと全然違う!第一子出産!

結婚3年目にして、授かった第一子。 初産は陣痛が始まってから分娩までが長い、ということも、陣痛はとても痛いということも知識として身につけていました。 しかし、なんとなく私はスピード出産で、安産だろうと思っていたのです。なぜなら、私の母の出産が…

上の子のお世話があるのに「安静に」なんて難しすぎる…早産で産まれた第二子

私は臨月に突入する週、36週目に出産しました。 37週から正期産なので、36週での出産は臨月でも早産扱いになります。 早産の兆しは、妊娠6ヶ月頃からありました。よくお腹が張っていたので、妊婦健診の時にお腹が短時間に何回も張ることを先生に伝えました。…