妊娠・出産・育児の情報サイト


2017-08-22から1日間の記事一覧

産んだママに「頑張ったね」のごほうび!親友からの特別な出産祝いに思わず涙

私は2、3歳差で子どもを産んでいるため、ほとんどの育児グッズはお下がりで使うことが出来ています。予定外の妊娠ということもなかったため、次の子のためにちゃんと綺麗に掃除をして保管をしていました。そのため、出産祝いで何かを貰うとしても、すでにあ…

歯がない赤ちゃんでも授乳が痛い!そんな時に役立った2つの優秀アイテムとは?

授乳って痛いの?と母乳育児をしたいと思っている人は、不安になることも多いはず。 私は、授乳が痛くなるのって、歯が生えてからじゃないの?と思っていました。歯が当たって、乳首が切れちゃうと聞くこともあり、歯が生えてくるまでは大丈夫と安心していま…

新生児の夜泣きに悩んでいた私。アメリカの女医さんに教えてもらった「スワドリング」

待望の我が子との対面。待っていた現実は、恐ろしい「夜泣き」でした。しかし、私はアメリカでは良く知られるある方法で乗り切ることができました! わたしは、2児の母で、2人ともアメリカで出産しました。 1人目はニューヨークのマンハッタンで、慣れな…

お腹の中で活発に動く我が子!ふいに感じる違った胎動の正体は…しゃっくり?

私は自分が妊娠するまで胎児がしゃっくりするなんて考えたこともありませんでした。 私が普通の胎動を感じ始めたのは妊娠5ヶ月頃のこと。 初めての胎動の感じ方は、腸が動いた時ように短くポコポコっとする感じでした。 その後妊娠が進むにつれ、胎動の感じ…

不正出血は身体からのシグナルだった!セカンドオピニオンで判明したのは…

子どもを授かる1年くらい前のことでした。 少し違和感があったのでお手洗いに行くと、生理の予定日まではまだ日にちがあったのにも関わらず、下着が血で赤く染まっていました。 突然の不正出血に、「まだ生理でもないのに出血?!私の身体で一体何が起こってい…

回数が増える離乳食に負担は増すばかり。そんな時現れた救世主は「ベビーフード」!

子供が5ヶ月になった頃に、離乳食が始まりました。ただでさえ慣れない育児でぐったりしているところに、慣れない離乳食づくりが加わります。 そして、離乳食は7ヶ月になった頃に1日2回へ、9ヶ月には1日3回へと増えていき、負担は増えるばかりです。可愛い子…

満月と出産の不思議な関係。月の満ち欠けを意識して生活するようになりました

満月と出産の関係は、都市伝説のように扱われる事もあるけれど、私は本当に繋がっているのではないかなと思っています。 現在6歳の長男は満月の4時間後に、3歳の次男は満月の3日前に出産しました。 長男の時は、予定日を過ぎ1週間が経とうとしていて、先生…

なかなか治らないおむつかぶれ。薬を使うことに不安があったけど…

つるつるの赤ちゃん肌。一見大人と比べて状態が良いイメージがありますが、実際は薄くてデリケートな赤ちゃんのお肌はトラブルがつきものなんです。 関連記事:繰り返すしつこいおむつかぶれ。我が家が試した4つの対策 6月生まれの二人目は生まれてすぐに季…

ついに始まった不妊治療。〇〇〇と〇〇〇がわかるだけでこんなに気持ちが楽になるなんて!byりーぬ

2015年10月に第一子となる息子を出産し、日々ドタバタ子育てに奮闘している新米ママ、りーぬと申します。 前回エピソード:「多嚢胞性卵巣症候群!!??な…なんだそれは!」病名のただならぬインパクトに衝撃 byりーぬ 病院の検査で、自力での排卵が…

便秘にバナナはNG!? 初めてかかったアメリカの小児科にカルチャーショック! by 眉屋まゆこ

アメリカに来て勝手の違いに戸惑う中、息子が風邪をひきました。こちらでは「ファミリードクター」というかかりつけ医を決め、病気治療以外の健康管理・健康指導などもまとめて診てもらう制度になっているとのこと。診療時に色々相談に乗ってもらいました。 …

父親になるほうも内心穏やかではいられない。…でも飲み会で遅いと妻はどうしても腹が立つ! by ウラク

妊婦さんももちろん大変だけど、これから父親になるほうだって内心穏やかでいられないようです。産まれてくる子どものことや、これからのこと。ましてや一度にふたりともなると、楽しみや不安も2倍に。本人曰く、お酒が入ると余計にいろいろ考えてしまった…

息子のお遊戯会中に陣痛がキター!出番はまだなの!? ドタバタの次男出産劇

私が二人目を妊娠したのは上の息子が6歳目前の時のことでした。久しぶりの妊娠と、もう体力も一丁前の上の子の世話や幼稚園行事にあれこれ忙しく動き回っていたのを覚えています。 そして予定日は息子の卒園の時期と被ることに。卒園式はもちろんのこと、お…