妊娠・出産・育児の情報サイト


2017-08-23から1日間の記事一覧

うちの子はこれにハマった!1歳までの赤ちゃんにおすすめの玩具3選

1歳くらいまでにわが子がハマった玩具やどう遊んでいたかなどをご紹介していきます。玩具購入時の参考にしてみてくださいね。 ◆生後4か月頃:赤ちゃんにもつかみやすい網状のボール ねんねの頃は握力の弱い時期だからか、私が作った『にぎにぎ』を渡してみて…

やっと寝返りができた!と喜んだのもつかの間、新たな心配事が。一喜一憂する育児

赤ちゃんが産まれて、その成長過程を楽しみながら過ごす毎日。ただ、成長過程に個人差があるとは話に聞いてはいたものの、やっぱり周りの子との発達の進み具合を比べてしまいます。 早く動けるようになったらいいな、と期待する私をよそに、ウチの娘はどうや…

悪夢の再来!? 赤ちゃんの手が自分の口から出てきそうなほどの圧迫感。辛かった後期つわり

妊娠してから最初の試練、つわり。経験したママさんならよくわかるはず…。とても大きな試練です。赤ちゃんが無事に育っている証拠だと分かっていても、辛いものは辛いですね。 私のつわりは、24時間常に吐き気が付きまとい、気持ち悪くないのは眠っている時…

顕微授精で授かった第一子。きょうだいを作ってあげたくて1年半後に妊活再チャレンジ!

5年間の不妊治療の末、36歳で長女を出産しました。不妊外来専門医で、タイミング・人工授精とステップアップしていくなかで2度の流産を経験し、最後は顕微授精で娘を授かりました。 不妊原因は、私のホルモンバランスが悪く卵の育ちが悪かったことです。4歳…

大変だけどかわいい成長もいっぱい!生後2か月の赤ちゃんとの生活を振り返って

赤ちゃんが生後2か月になると、それまで引きこもりがちだった生活から、少しずつ短時間のお散歩やお出かけを楽しめるようになりますが、娘が生後2か月時の季節は冬。 風邪を引いたり、どこかでウィルスに感染したりしたら大変ですし、娘も眠っている時に冷た…

戌の日の安産祈願。地元の風習に触れる良い思い出になりました!

みなさん、「戌(いぬ)の日の安産祈願」ってご存知ですか? 妊婦になって初めて耳にした方も多いかと思いますが、日本に昔から伝わる風習で、お産の軽い犬(戌)にあやかっているそうです。 私が安産祈願の日に決めたのは、妊娠5ヵ月の終わりにあたる「戌の…

足の指がくっついて見える?妊娠中のエコーで指摘され、不安の中で挑んだ出産

それは妊娠22週目に受けた、妊娠6ヶ月の定期健診でのことでした。 エコーで見る赤ちゃんは順調に育っていて、3Dの映像も楽しく見ていましたが、今日はこれで終わりという頃になって急に、先生はエコーを慌しく動かしはじめました。 「胎児の足なのですが、…

突然の熱性けいれんに夫婦そろってパニック!救急車に揺られて流した涙

息子が1歳半の頃、熱性けいれんを起こし入院したときのお話です。 土曜日の朝、体が熱いなぁと思い、念のため熱を測ると38.5度でした。慌てて小児科を受診し、もらったお薬を飲ませて自宅安静となりました。解熱剤をもらっていましたが、食欲もあるし元気そ…

なかなか癒えぬ産後の腰痛、なかなか出会えぬ運命の“キネ”。次に現れたキネジストは…KI(気)!? by さとえみ

2番目に出会ったのが、当時夫婦で経営していたお店の向かいにあるキネジセラピストのお店。お店といっても若いキネジスト達がグループで場所を借りている感じであった。近くて通いやすそうという理由で行ってみたお店だが、そこでさとうは「一言でキネジセラ…

気乗りしなかった出産3日目の義実家お見舞い…そんな思いも吹っ飛んだ義母の優しさに感謝 by きのかんち

産後結構すぐに義両親がやってきました。生まれたばかりの我が子を中心にワイワイと盛り上がっている中、義母がやってきて、突然私を褒めてくれたのです。 前回エピソード:「私にカ〇ピス作ってくれたこと、あったっけ!?」子どもが産まれて驚くほど変わった…

ピーピーピー!!モニターから突如大きな音!?わけのわからぬまま産むことに…。byやまもとりえ

前回のエピソード:「ダンナさんがいる間に絶対産んでやる!」陣痛の痛みに震えつつ、食べる、登る、降りる! byやまもとりえ 関連記事:「あたま、超とんがってるーー!!!」出産直後の息子のコーンヘッドに目が点 by水谷さるころ 著者:やまもとりえ年齢…

無痛分娩を希望していたのに突然の破水!心の準備もないままに…

妊娠が分かったとき、出産時の痛みは誰もが不安に感じることだと思います。私もそのうちの一人で、陣痛などお産にまつわる話題がとにかく苦手でした。 テレビなどでは時折、痛みで叫び声を上げている産婦の映像が流れることもありますが、あのイメージがどう…

新生児の沐浴はいつまで?先生に入浴OKと言われても踏み出せなかった私

新生児のお世話で一番気を使ったのは沐浴でした。 出産前から沐浴を楽しみにしていたけれど、いざやってみるとうまく手が動かなくて慣れるまでに時間がかかりました。 小さな体を片手で抱いて、もう片方の手で赤ちゃんの体をきれいにしてあげるお世話は、神…