妊娠・出産・育児の情報サイト


2017-09-08から1日間の記事一覧

心配も関心もなかった自分の子宮筋腫。その無関心さが大きなトラブルに…

私の子宮筋腫は漿膜下子宮筋腫というもの。 妊娠する前から子宮の外に7㎝ほどの大きさがありました。発見当時から特に症状がないため、半年に一度だけ経過観察をしている以外にすることはなく、正直あまり筋腫についての心配や関心はありませんでした。 それ…

離乳食を食べてくれない…その悩みを解決したのは「コンビニスイーツのスプーン」だった

今まで4人の子供たちに離乳食を作ってきた中で、まず大切だと思ったのが「雰囲気」。 次に「スプーンの選び方」です。 離乳食初期からずっと「食べない」で苦労した長女。 この子はもともと食べることに興味がなく、「さあ今からお食事だよ!」という雰囲気…

慎重にケアをしたのに…あと一歩で出産の妊娠9か月に恐れていた妊娠線が!

アフロ 妊娠をしてから、注意深く調べていた事柄の中に、妊娠線が上位を占めていました。 それもそのはず。だってできたら一生消えないというではありませんか。 一生残ったら一大事ということで、お高い保湿クリームをぬりぬりしていました。 妊娠初期から…

3人目を無事出産のはずが…まさかの激痛「胎盤癒着」で大号泣に

3人目の妊娠は2人目の出産から2年後でした。 上2人は年子だったので、妊娠中はとても大変でしたが、2人目の出産は、高位破水からの促進剤使用で本格的な陣痛の時間は3時間ほどの安産。 微弱も含めたトータルの陣痛時間も初産の3分の1ほどだったので、…

男の子の立ちションってどうやるの?外出がラクになる立ちションサポート法を伝授! by マルサイ

「立ちションってどうやってさせればいいの?」 「立ちションさせると必ず失敗しちゃう!」 これは長男のおむつが外れた頃、私が抱えていた悩みです。 前回のエピソード:三兄弟の母になれて良かった…。きょうだい育児のありがたさを感じた、夏休みの出来事 …

ヒッヒッフー! 両親学級での呼吸法練習中、「そちらのパパ、みんなの前でどうぞ」って、え~!! by 笹吉

前回エピソード:布団もチャイルドシートも洋服ももらったし。大量のお下がりに安心して出産準備を怠ったら… by 笹吉 産院主催の両親学級に参加しました。出産予定日ごとに事前に日程を指定されるので、夫に都合をつけてもらい夫婦で参加。もちろん妊婦さん…

クールな旦那さんに、赤ちゃんを喜ばせる方法を教えたら…。まさかの珍行動に赤面 by チッチママ

皆さんこんにちは、チッチママです。さて、今回の体験記は、妊娠後期に起こった面白エピソードです 前回エピソード:なぜ、こうも毎回…。先生も笑うほど、毎回ダンシング状態だったエコー検査 by チッチママ この時期は本当にお腹が大きくて、巷で噂の「靴下…

悪阻が辛くて家事が手抜きに。優しい夫は理解してくれていたわけではなかった!

私は上の子の時にひどい悪阻で点滴をうつ手前まで体が弱りました。 食べないと気持ちが悪いし、食べると吐く。おまけに今まで何ともなかった生活全般の匂い、例えば冷蔵庫の中の匂いや洗濯洗剤の匂いなどで気持ちが悪くなって家事も何もできなかったのです。…

とっても嬉しかった出産祝い。上の子にも「お姉ちゃんになっておめでとう」!

二人目以降で同性の兄・姉のいる赤ちゃんへのお祝いって、悩みますよね。 我が家には現在4歳と0歳の女の子がいます。 うちも女の子続きだったので、二人目の出産祝いの時は何がいい?と聞いてくれたり、好きなものを選んで!と商品券や図書カードを贈ってく…