妊娠・出産・育児の情報サイト


2017-09-12から1日間の記事一覧

切迫早産で2ヶ月間の入院を経て無事37週で出産

今回は第2子の出産体験記です。 1人目の時は32週で突然、切迫早産と診断。その3日後に自宅で破水しました。そこから1週間入院しましたが、感染の兆候がでたため、34週で出産しました。 今回、2人目の妊娠にあたって、切迫早産には妊娠がわかった時点から気…

産後1ヶ月はママも赤ちゃんもおっぱいの事で頭がいっぱい

私の出産した産院は母子同室で母乳育児推奨の所でした。 32歳の初産、少し前に子供を産んた妹が当たり前のように完全母乳で育てていたので、私も疑う事無くおっぱいは出るものだと思っていたのです。 世の中のマタニティ系雑誌って、妊娠中の過し方や安産の…

妊活中はストレスを溜めない生活を。高温期はゆったりと過ごすようにしました

妊活中の高温期は妊娠しているのか、していないのかやきもきする期間なので、結構ストレスを溜めやすい時期です。 私が妊活中に気をつけていたことは、とにかくストレスを溜めない!ということでした。そのために気をつけていたことが3つありました。 関連記…

一人目の離乳食時期はストレスの塊だった私。二人目になるといい意味でズボラになれた!

一人目の育児は授乳にオムツ替え、離乳食。何をするにも初めてのことだらけです。 「これで本当に合ってるの?」と不安を感じながら日々過ごした記憶がよみがえります。 特に自分のやり方に自信がなかったのが「離乳食づくり」でした。地域で開催される離乳…

どう工夫しても薬を飲んでくれない。咳が止まらずとうとう肺炎になってしまった!

最初はちょっとした風邪から始まりました。 その時は1歳3ヶ月で、それまでにも何度か風邪を引いたことはありました。そのたびに病院を受診し、薬をもらっていましたが、シロップはもちろんダメ。粉薬を練っても、服薬ゼリーで包んでても、大好きなものにこっ…

体調だけじゃない!急な心境の変化があった私の妊娠超初期症状

私が第二子長男を妊娠した時は、一般的な妊娠超初期症状である食欲不振・だるさ・眠気・微熱ではなく「心」に大きな変化がありました。 長男を妊娠した頃は、第一子長女が誕生してから6年が経過しており、仕事と育児に超多忙な毎日。いわゆる「2人目不妊」と…

赤ちゃんの肌が黄色い!経過観察が続く新生児黄疸はいつになったら治るの?

出産後、毎日のようにチェックされる黄疸の数値、入院中の前半は黄疸の数値に問題はなかったのですが、新生児黄疸が出始める生後一週間が過ぎた頃、赤ちゃんの肌が黄色くなって気になっていました。顔と胸の色の変化が顕著に現れていたのです。 関連記事:あ…

従業員20名足らずの小さい会社で初めての育休取得。しかも担当事務員は自分自身

当時勤めていた会社は、従業員20名足らずの小さな会社。 私が対象となるまで、育休を取得した従業員はいませんでした。そう、私は初めての取得者になるのです。 総合受付、総務、経理を担当していた私は前職で少し経験があることを理由に、自分の育休取得の…

前へ突き出すお腹は男の子だと言われたけれど。本当の性別は一体どっちなの?

私は毎回妊娠中同じようなお腹の形をしているのですが、妊娠中期頃から急にお腹の変化を感じます。 妊娠初期はぽっこりと少し太った?というようなお腹をしているのですが、赤ちゃんが大きくなってくるとどんどん前へ突き出してきます。前へ突き出すので立つ…

見知らぬ旦那さんに告ぐ「産婦人科のベッド・トイレは妊産婦以外使用禁止!お見舞いの人も禁止!」by肉子

こんにちは、肉子です。 前回のエピソード:「妊娠菌!?」意味不明な都市伝説、ジンクスネタでナーバスな妊婦を脅すのは辞めて頂きたい by肉子 ネットなどでよく 「産婦人科の待合室の椅子が満席で、お腹の大きい妊婦が立ってるのに付き添いの男が座ってて…

「いたい!」「それはイヤ!」「こわい!」何でもかんでも口にする息子の入院で私が学んだこと。 byイシゲスズコ

こんにちは、イシゲスズコです。 今回は我が家で起こった大事件から学んだ大切なことを。 前回のエピソード:習い事の教室選び。厳しい先生、優しい先生。良い先生はどっちだろう? byイシゲスズコ 大けが!救急搬送!入院! 夏休み中に外出先で起こったトラ…

街中で爆竹を鳴らしまくる!? お祭り大国スペインの「サン・ファンの火祭り」 by ハラユキ

突然ですが、祭りは好きですか?私は昔から大好きなのですが、いま私が住むスペインも祭りが多い国としても有名なのです。特に夏は各地でいろんな祭りがあるらしく…。今回はバルセロナの祭りについての話です。 前回エピソード:日本で隠しながら授乳するの…

まるでウミガメの産卵!? 出産時、いきみながら自然と涙がポロポロ出ていた私

ウミガメって産卵時に涙するって言いますよね。 産卵時に浜辺に上がって、卵を産み出す時に出る涙は、一般的に海の潮が乾いて目が痛いからだという説が有力です。 でも、自分が経験してからウミガメもきっと出産する痛みで泣いてるんだと思うようになってし…

「生まれてきてくれてありがとう」母も不妊治療経験者。「私もきっと大丈夫」と強い心で治療に臨めた

私は小さい頃から、母にこう言われてきました。「私は子供が欲しくて欲しくて・・・、でもできなかったの。病院で子供は産めないと言われたんだけど、やっぱり子供が欲しくて、病院を探してまわってなんとか治療してくれるところを見つけて、やっとあなたが…