妊娠・出産・育児の情報サイト


2017-12-01から1日間の記事一覧

「妊娠は病気じゃないんだから普通通り生活できるでしょ」理解のない夫の言葉にカチン!!!

女性は妊娠が分かった瞬間から少しずつ時間をかけ、約10ヶ月の間に母親になる準備をしているといわれています。 日々変化していく自分の身体にとまどいつつも、日常生活を送ることは、想像以上に大変であることを、長女を妊娠中に実感しました。 それと同時…

新生児と1歳児、年子の兄弟を連れての外出。少しでもストレスなく、自分も楽しむ方法とは

生後1ヶ月を過ぎると、だんだん赤ちゃんと外出する機会も増えてくると思います。 うちでは長男と次男が年子の兄弟。 次男が新生児期の間は、長男も家の中に缶詰状態でした。 思うように外に出れず、家の中だけでは消費しきれないエネルギーはイライラへと変…

おっぱいおいしーーー!!

一歳を迎え、離乳食も順調に進んでいたので、そろそろ断乳を考えないといけないなと思って毎日授乳をしていました。 息子はあまり大人の真似をしない子で、心配だったわたしは、とりあえず簡単なものから!と思い、おいしいときにほっぺに手を当てておいしい…

やっと会えました。

元々、多嚢胞性卵巣症候群があり生理不順でした。 そんなある日、いつものように生理が遅れているだけかなぁと思いながら妊娠検査薬をしてみると陽性。ずっと子どもが欲しく、いずれは不妊治療かなぁって思っていたので凄く嬉しかったです。 妊婦生活は、悪…

何度もお店に行っていろいろチェックした結果…欲しいチャイルドシートの優先順位がつけられた!

退院時、車で退院する人は必ず必要になるチャイルドシート。 私の住んでいる地域は車が必需品。 チャイルドシートは総じて値段の高いものが多いため、痛い出費ですが、毎日乗ることを考えると、レンタルという選択肢はありませんでした。 さらに、現在は多く…

私の1年間

結婚してすぐに私の元に赤ちゃんが来てくれました。 子どもが大好きで赤ちゃんが欲しいと思っていたと旦那はとても喜びました。 既に心拍も確認でき2週間後にまた病院へ。診察してもらうと胎嚢が不安定だねと言われその夜に出血…そして腹痛。トイレに行くと…

思いやりのバトン

ドラッグストアの店長を任されて早数年、この仕事を選んだのも患者さんに日々寄り添い、健康相談等を通して生活の質を良くして欲しいという気持ちからでした。 しかし現実は患者さんの事よりも、売り上げ、利益。いかに患者さんから利益を採取出来るか、その…

嬉しい誕生日プレゼント

わたしの妊娠が分かったのは、結婚式から、一年と少し経った日でした。 生理がちょうど一週間遅れていたので市販の検査薬を使って調べたところ、嬉しい陽性!主人と2人で喜びました。 わたしは38歳。高齢出産になるので、もしかしたら妊活をしたほうが良い…

お父さん、お母さんにしてくれた「たからもの」

妊娠した時、自然と笑みがこぼれ、とても幸せな気持ちでした。その嬉しさを独り占めできなくて、主人に話しました。主人は病院に行くまで、もしも勘違いだった時に私が落ち込まないように冷静な対応をしてくれました。 そんな主人ですが、妊娠が確定し、つわ…

「辛いのに赤ちゃん育ててくれてありがとう」

結婚して1年半。 お互いの実家から離れた地で、初めての妊娠。 大きな喜びの一方、次々と押し寄せる身体の変化や体調不良に、心身ともに付いて行けなくなってしまいそうになっていました。 特に初期の悪阻が辛いとき、なんとか仕事に行くのに精一杯で、家事…

保育園慣れるまで、、、

去年の5月に長女を出産をし、仕事復帰する為に4月から保育園の0歳児クラスに入園させました。 初めの1週間は預かり時間を9時~10時、翌週は9時~11時までという形で約一ヶ月をかけ9時~17時まで預かってもらうように慣れさせるつもりでした。。 1ヶ月たっ…

楽しみにしていた結婚式の日。痔と膀胱炎になり不安で一杯。旦那さん、親、スタッフの方のお陰でのりきれました

妊娠4ヶ月目から痔と膀胱炎になりました。汚い話ですが、トイレでどちらをするのも辛い毎日でした。我慢しようものなら次にトイレに行く時、膀胱や肛門が痛くて堪りませんでした。 デスクワークで接客業でしたが、お客様と話しながらいつもトイレが気になり…

大量出血...赤ちゃんからエール

13wに入りつわりはややありましたが、気分転換にもなるし事務仕事なので普通に仕事をしてました。 この日も体調は普通で変わった様子もなく、いつものように書類を書いている最中...「パシャーン!」といきなり下半身に違和感が。 びっくりしてトイレにいく…

頑固すぎる陥没乳首を「飲める乳首」にするまでに私がやったことのすべて

人生31年、寒い日も暑い日も、搾乳機を使おうが陥没が治るとうたわれる器具を使おうが、どんな刺激を受けようが、まぁびくともしない私の陥没乳首。 長男の時は、病院の方針がミルク重視の方向性なのか搾乳も授乳も全く指導してもらえずに、母乳マッサージす…

子宮口全開までの長い道のり…。陣痛・眠気と戦っていた私に先生が伝えた一言とは? by チッチママ

皆さんこんにちは、チッチママです。 さて、前回のお話では破水から旦那さんの到着まで5時間が経過していたにも関わらず、子宮口の開きはわずか1㎝! 今回のお話で子宮口はいったい何㎝開くのか…! 旦那さんが到着した頃(a.m7:00)はまだ痛みも我慢で…

間食禁止の同室妊婦さんがいると気まずい…!入院中の差し入れは要注意 by pika

こんにちは、pikaです。3歳の双子男児を育てています。 双子の妊娠、管理入院中の食事のお話。今回は、食事制限や差し入れ、間食のお話です。 入院中、検査や診察の時間をのぞくと、1日3回の食事が生活のメインイベントと言えます。(面会以外では、楽しみ…

「聴いて、認めて、I(わたし)メッセージで伝える」子どもとの関係が安定した会話のコツ by うだひろえ

前回エピソード:限りある時間の中で「子どもが自分でできるまで待つ」って忍耐!子待ちタイムの有効活用 by うだひろえ 「否定しない」「命令はNG」「非難、批判、脅迫はもってのほか」などなど……。 子どもに言ってはいけない言葉って、たくさんあるなあ、…

我が家は5ヶ月半からスタート。離乳食をはじめるチェックポイントは?

一昔前、離乳食といえば、2ヶ月ごろから白湯や果汁をあげて、3~4ヶ月ごろからは重湯をあげることが一般常識だったそうです。 ですが、現在では2~3ヶ月の赤ちゃんはまだ消化器官が未発達なので、5~6ヶ月ごろから離乳食をはじめることになっていると病院で…