妊娠・出産・育児の情報サイト


【助産師監修】希望の出産に向けて、バースプランを立てよう

出産が近づくと、自分のお産についてどうありたいか、考えておくことが大切です。「こんなときはこうしてほしい」と具体的に考えることによって、例えその通りにならなくても、納得できるお産につながるからです。あなたも、出産の計画=「バースプラン」を立てておきましょう。

助産師

鈴木恵子先生

日本赤十字社医療センター
看護部看護師長

日本赤十字看護大学卒業。助産師としての経験は20年以上。産婦人科で数多くの妊婦に寄り添ってきた、出産のスペシャリスト。今まで立ち会った出産はのべ1000人以上。妊娠期、分娩期、産後ケアとそれぞれの現場での経験を経て、現在は看護師長を務める。

バースプランが必要な理由

自分らしいお産は何かを考え、真剣に向き合うことが自信につながる

バースプランとは、出産直前から退院するまでをどのように過ごしたいか、どんなお産にしたいかを妊婦本人が考えて記すリストのことです。バースプランを立てるうえで一番大切なのは、「どのような気持ちで赤ちゃんを迎えるか」を考えること。まずは「お産のときにどのように過ごしたいか」をイメージしてみましょう。具体的に思いつかないときは、キーワードだけでも構いません。それをもとに医師や助産師と相談し、自分のお産プランを具体的に考えていけばOKです。予定通りにいくことばかりではありませんが、赤ちゃんを産むことに真剣に向き合ってきたことで「自分はがんばった!」と自分自身に自信が持てます。

妊娠中期に考えておきたいこと

出産のイメージを膨らませよう

妊娠中期になったら、どんなお産にしたいかをノートに書き出したり、以下のリストにチェックを付けてみましょう。それをもとにお産に向けて今からできる心と体の準備を始めます。些細なことでも気がかりがあれば、医師や助産師にあらかじめ相談しておくと安心です。

出産に向けて

どんなお産にしたい?

  1. 赤ちゃんと一緒にがんばりたい
  2. リラックスした環境で産みたい
  3. なるべく明るく楽しい雰囲気で赤ちゃんを迎えてあげたい(好きな音楽をかける、上の子も立ち合うなど)
  4. 可能な限り自然の力でがんばりたい
  5. アットホームなお産にしたい
  6. ひとりで集中したい
  7. その他具体的な内容(        )

今、心や体にはどんな変化がある?

  1. 母になる自覚の芽生え
  2. 体調の変化
  3. 体質の変化
  4. 体重の変化
  5. おなかの膨らみが目立つ
  6. 妊娠線が出始める
  7. 胎動を感じる
  8. その他具体的な内容(        )

お産に対して不安なことや聞きたいことは?

  1. お産の流れについて
  2. お産の方法について
  3. 分娩中の緊急対応(吸引分娩や帝王切開など)について
  4. 陣痛時の過ごし方について
  5. 陣痛の乗り切り方について
  6. 立ち合いについて
  7. その他具体的な内容(        )

妊娠後期に考えておきたいこと

陣痛から退院後まで具体的に考えてみよう

出産予定日が近づいてきたら、お産に向けて準備してきたことを振り返りながら、具体的な過ごし方をイメージしましょう。以下のチェックリストを参考にすると、考えるべきポイントがわかりやすいです。赤ちゃんとの過ごし方は、入院中だけでなく、退院後のことまでプランニングしておくと万全です。

陣痛のとき

希望する過ごし方は?

  1. 好きな音楽をかけたい
  2. 静かに過ごしたい
  3. アロマを焚きたい
  4. 部屋をあまり移動したくない
  5. 部屋の明かりは暗めがいい
  6. 動けるうちは自由に動き回りたい
  7. その他具体的な内容(        )

夫や家族にお願いしたいことは?

  1. 腰をさすってほしい
  2. 常に立ち合っていてほしい
  3. マッサージ・いきみ逃しなどを手伝ってほしい
  4. 呼吸をリードしてほしい
  5. 飲物の用意などを手伝ってほしい
  6. その他具体的な内容(        )

助産師さんにお願いしたいことは?

  1. お産の進行状況を教えてほしい
  2. 夫にサポート方法をアドバイスしてほしい
  3. 体を触る前に声をかけてほしい
  4. できるだけついていてほしい
  5. しばらく来られないときは事前に伝えてほしい
  6. その他具体的な内容(        )

分娩のとき

分娩時に希望することは?

  1. 自由な体勢で産みたい
  2. 無痛分娩で産みたい
  3. なるべく自然の力で産みたい
  4. 出産の様子をビデオ撮影したい
  5. 赤ちゃんが生まれたらすぐに抱っこしたい
  6. すぐに赤ちゃんに母乳を飲ませたい
  7. 赤ちゃんと家族みんなで写真を撮りたい
  8. その他具体的な内容(        )

夫や家族にお願いしたいことは?

  1. 分娩に立ち合ってほしい
  2. 分娩時は外にいてほしい
  3. 立ち合いの場合はなるべく頭側にいてほしい
  4. 赤ちゃんの産声を撮っておいてほしい
  5. 写真やビデオを撮ってほしい
  6. 手を握って応援してほしい
  7. その他具体的な内容(        )

助産師さん、お医者さんにお願いしたいことは?

  1. 会陰切開を行う場合は説明してほしい
  2. いきみのタイミングや方法をアドバイスしてほしい
  3. 呼吸の仕方をアドバイスしてほしい
  4. 励ましてほしい
  5. カンガルーケア(分娩後すぐにママの胸元で赤ちゃんを抱っこすること)を行いたい
  6. 胎盤をみせてほしい
  7. その他具体的な内容(        )

産後や入院中の
過ごし方

産後はどんな風に過ごしたい?

  1. 母子同室にしたい
  2. 個室にしたい
  3. できるだけ家族と過ごしたい
  4. 出産の様子をビデオ撮影したい
  5. お見舞いは断り赤ちゃんとの時間をとりたい
  6. 初乳を飲ませたい
  7. 退院後は、実家で過ごしサポートをお願いしたい
  8. その他具体的な内容(        )

病院にお願いしたいことは?

  1. シャワー時や夜は赤ちゃんを預かってほしい
  2. 母乳指導をしっかりと行ってほしい
  3. 赤ちゃんの様子に応じて粉ミルクを飲ませたい
  4. 沐浴指導を夫と一緒に参加させてほしい
  5. 病室前に氏名を掲示しないでほしい
  6. その他具体的な内容(        )

この記事のまとめ

バースプランを通して、心の準備を

バースプランのチェックリストを記入することで、出産に向けた心の準備も徐々に整ってきます。例え何度経験しても、出産に不安がない妊婦さんはいません。今抱えている不安も含めて、周囲に伝えればOK。医師や助産師が豊富な経験で、あなたを支えてくれるはず。

構成・文/
稲垣幸子
イラスト/
itabamoe

バースプラン

出産した病院は、事前にバースプランを書いて提出することになっていました。 主人は、立会い出産がきっかけで産後の夫婦生活のレスにならないか悩んでいたようです。立会いするかどうかは私に任せると言っていました。 私も2人目を希望しているので、産後レ…

失敗した!バースプランで書かなきゃよかったコト2つ!

妊娠して初めて知った言葉「バースプラン」。どんな出産がしたいか、どんな状況で赤ちゃんを迎えたいか、たくさん考えて書きました。 ただ、想像と実際の出産は別もの!!バースプランに書かなきゃよかったなー!と思った2つをご紹介します。 まず1つ目は、…

出産の現実はこんなんだった!バースプランの理想と現実 by imo-nak

身を削って臨む一大イベントだからこそ、理想の環境で出産したい。 そんな思いを叶えるための“バースプラン”について、私の体験談です。 私の場合はこうでしたが、真逆の感想を抱く方もいると思います。出産への理想も考え方も人それぞれ。些細な希望でも言…