妊娠・出産・育児の情報サイト


ベビー服

肌着の種類

赤ちゃんの肌着は、短肌着・長肌着・コンビ肌着と種類があり、何が何枚ほど必要なのか準備段階のときはいまいち把握できていませんでした。 雑誌や産院の準備リストを参考にし、冬生まれなのでそれぞれ同じ枚数を購入しました。 実際に着せてみると、コンビ…

お着替え

生まれたてって本当にお着替えたくさん必要です。一日に何度替えても吐くし、飛ばすし、汚されます。授乳やおむつ替え、沐浴もしてさらに毎回のようにお着替えまでしていたら、ママは休む暇もありませんよね。 でも、着替えって誰にでもしてもらえるんです。…

スリーパー着せたら四角い我が子♪ 赤ちゃんの衣類のグッとくるポイントBEST3 by 眉屋まゆこ

こんにちは。眉屋まゆこです。コミックエッセイ本『すくすくそらまめ』から厳選した四コマご紹介記事第三弾です。 赤ちゃんのスリーパー姿は可愛いですよね。 1歳過ぎて夜中の寝返りが加速し、掛け布団の意味がなくなったため最近は足首までの長いスリーパー…

1歳になるまでに6サイズ?! オランダのベビー服はジャストサイズを着せるのが定番

オランダのベビー服は、日本とサイズの基準が違います。 日本は、70とか80とか、ゆるいくくりなのですが、オランダではこんな感じです。(サイズは身長です) ※50より小さいサイズも作られていて、サイズ「45」などもあります。 どうですか?1歳になるまで…

子ども服は1シーズン3セットあればOK!私がその境地に至った理由 by ゆるりまい

こども服ってあっという間にサイズアウトしますよね。当たり前の事だけれど、こどもを生むまで気がつかなかった事の一つです。 サイズアウトしたこども服ってどうしていますか?周りの友達に聞くと、結構残しておく人が多いみたいですが、私はほとんど処分し…

全身キャラ物は序の口だった!?男児の驚愕ファッションセンス4選 by ちちかわえみぞう

皆さんこんにちは、美容院では前に雑誌どころか「やせるヨガの本」を置かれるちちかわです。 前回の記事で、うちの子が自分で選んだコーディネートを紹介しましたがそちらは主に娘の話だったので、引き続き今回は男児バージョンをご紹介いたします。 前回のエ…

衣替えは断捨離のチャンス! 増え続ける子供服は「収納場所に入る分だけ」を死守すべし!

うちは3歳と0歳の男の子がいます。なのでお下がりも多くとってあり、なかなか片付きませんでした。 しかーし!昨年からチマチマ始めた服の断捨離が一通り終わったのでその一部始終をご紹介します。 まずは袋いっぱいのお下がりの分別。 そもそも産まれた季節…

見返すたびに愛おしい…! 初めて買った真っ白のベビー服には思い出がいっぱい

ベビー服って、小さくて可愛くて、見ているだけでほっこり幸せな気分になりますよね。 自分のおしゃれに関してはカジュアル一辺倒、どんどん適当になりつつある私ですが、息子の洋服選びはシーズンごとのお楽しみに。 妊娠中から息子が1歳になった現在まで、…

「この服はイヤ!」 女子は2歳にして服の好みが…想定外だったわが家のお下がり事情

出産前は、「子どもの人数が増えると、その分いろいろと出費がかさむのかな…」なんて思っていたけれど、実際に三人子どもを産んでみると、繰り返し使える育児グッズも多々あることがわかりました。 チャイルドシートやベビーカーはもちろんですが、たとえば…

子供服の保管はサイズ別用途別がベスト!

今は片付けのプロとして「引越しオーガナイザー」を名乗り、 引越し前後の整理収納サポートやコンサルティングのお仕事をさせていただいてますが、片付けに目覚めたのは6年前の1人目妊娠の時。 以前は汚部屋暮らしでした。 産後は汚部屋から脱却して快適な暮…

消耗品でもあり、思い出の品でもあり…。どんどん増えていくベビー服、どうする?

子育てには、なにかとお金がかかるもの。 現在7歳の娘が産まれた頃は、ベビーカー、チャイルドシート、オムツなど毎週のように赤ちゃん用品専門店に行っては、買い物をしていました。 その中でも、特にお金がかかったのがベビー服です。 汗をかいたり、ヨダ…

大変なことばかりじゃない!双子育児ならではの楽しみ方、私的3ポイントご紹介

双子を妊娠したとわかったときは、具体的なことはなにもわからないけれど大変そうだ、としか思いませんでした。 確かにやることは2倍、3倍、同時に泣くが昼寝はずれるなど、なかなかうまくいかないことも多いです。 ただ、双子ならではの楽しみというものも…

使いたかったのに使えなかった!2つのベビーグッズとは

妊娠するまで、特に子どもが好き!というわけではなかったけれど、テレビや広告などで可愛い赤ちゃんを見るのは好きだった私。 特に外国人のベビーが、足先まですっぽり包まれるつなぎを着ている姿は、ぬいぐるみみたいに愛くるしくて、「いつか私も赤ちゃん…

【出産祝い】 失敗しないおすすめのベビー服の選び方

元々ファッションは好きな方でしたが、妊娠してからはその意欲は停滞気味。 産後も授乳を考えると洋服が制限されるし、アクセサリーもつけられるのは小さなピアスくらい。 抱っこを考えるとヒール靴もなあ・・・と産前のようにはいかなくなってしまいました…

あれこれ着せようと妄想していたのに…ベビー服が集まってくる!

ベビー服は本当に可愛いく、どれを着せようかと悩むのは妊娠してからの私の大きな楽しみの一つになっていました。 お宮参りにはこんな服、肌着はこんな感じと色々と買う前に妄想してウインドウショッピングを楽しんでいました。 売り場には可愛らしい柄のち…

シューフィッターさんに叱られた!1歳から気をつけたい子どもの靴選び ~大き目サイズは?お下がりは?~

子どもの足はあっという間に大きくなりますよね。 私自身、物心ついた頃から誰かのお下がりの靴を履き、多少のサイズ調整は靴下で行ってきたという悲しい過去があったので、子どもには新しくて可愛い靴を買ってあげたい!と思っていました。 しかし、選び方…

「今日は何を着せようかな♪」お下がりと友人の手作りで大助かり

ありがたいことに、肌着やベビー服はいただきものばかり。 甥っ子や友人の子どものおさがりたっぷりプラス出産祝いのいただき物などもあったので、ほとんど服を買った記憶もないほど。 我が家のベビーは女の子だけど、男の子の知り合いが多く必然的に男の子…