妊娠・出産・育児の情報サイト


ママ

寝るときに冷たい手でお腹を触られると寒い!同じ体験をさせてみようと… by モチコ

モチコ(@mochicodiary)さん家の二太郎くんは甘えたくなると、ママのおなかを触る癖が。不快感はないけれど、秋になるとやっぱり寒い…。ある日、「体験させてみたら嫌な感じが伝わるかも?」と、逆に二太郎くんのおなかを触ってみると…。

思い通りに動いてくれない時に”反対言葉ゲーム”が使える!! by まいこ

こんにちは!2才差姉弟を育てております、まいこと申します^^子どもを育てていると母としてのお仕事ってたくさんありますよね。家事も含めて1日中動き回っている気がします^^; // だからこそ家族(特に子どもたち)には協力的でいて欲しい! 「ご飯だ…

出産3日目。上手くいかない授乳に焦り、カーテン越しに聞こえてくる音に涙が出そうに… byかめかあさん

産後の入院期間中は、お世話の仕方を身につけるのに四苦八苦したかめかあさん。なかでも大変だったのは授乳。出産当日、助産師さんに教わりながら授乳してみるもののうまくいかず、ミルクを足すことに。その翌日、隣のベッドに…

格式高いセレブ産院での出産!みんなのパジャマが眩しすぎて震えた話 by あい

知り合いが勤めているという理由で産院を選んだあいさんでしたが、よく調べてみるとそこは高度な医療技術を持つ格式高いセレブ病院。いざ入院してみると、特別に豪華ということもなく拍子抜け。ただひとつだけ「なんかスゴイ」と思ったのは…

赤ちゃんの舌にカビが生えてる!? 生後1カ月健診で「鵞口瘡」と診断された原因は… by リコロコ

乳頭保護器を使いながらも、懸命に授乳を続けていたリコロコさん。生後1カ月健診のとき、その保護器が原因で赤ちゃんの舌にカビが生えていると小児科医の先生に言われて大ショック!助産師さんに習った消毒法をやっていたのになんで!?

「授乳中に知ったおきたかったなぁ…」水分補給の神アイテムはコレ!  by モチコ

「授乳中に知ったおきたかったなぁ…」ふとしたきっかけから、1日2リットルの水を飲むことを目標にしたモチコ(@mochicodiary)さん。最初は水筒を使用したのですが、洗うのが面倒になり挫折。そんなときに目についたものは…。

母乳育児奮闘中の私に「ミルクあげたら?泣いててかわいそう!」と言う母の発言の真意とは? by さやかわさやこ

さやかわさやこさんが母乳育児奮闘中の出来事。母がやたらとミルクをすすめてきたり、「泣いているのがかわいそう」というパワーワードを言ってきたり…。そんな母にモヤモヤして自分の想いをぶつけてみると、意外な返事が返ってきて…。

もう何もしたくない…そんな時旦那の一言で本当にありがたいのは?! by チッチママ

1日の終わりにガス欠状態で、何もしたくない!って時ありませんか?チッチママ(@chicchi__mama)さんのそんな夜、帰宅した旦那に「ほっときな!」と言われたんだそう。ほっといても仕事は減らないしと思ったら続きの言葉があって…。

産後の抜け毛で荒れ野原の頭…「スカルプD ボーテ」で癒やされながら毎日簡単ケア♪ by 石塚ワカメ

こんにちは。石塚ワカメです。フリーダムすぎる小3男児と4歳女児、激務で影の薄い旦那と余裕なく暮らしています。 みなさん、「産後の抜け毛」って聞いたことありますか?年齢や分娩方法に関係なく、出産を経験した人の多くが経験する現象なんですよ…。 え…

出産当日から始まったハードモードの授乳訓練。迷子から抜け出せたきっかけは… by リコロコ

母乳推奨の産院で、出産当日の夜から始まった授乳訓練。リコロコさんは、出てるか出てないかもわからない状態ながらも、おっぱいをあげる練習に励みます。退院後の一週間健診の時、助産師さんから勧められたグッズを使って授乳をしていたら…

「どうしたらこんないい子に育つの!?」と思っていた子のママの発言にビックリ! by ハナウタ

幼稚園での参観日のこと。我が子のいいところを見つけて褒めてあげよう!と思っていたのに、目につくのは課題点ばかり。お友達のいいところは見つけられるのに…。でも、あるママの発言を受けて、ハナウタさんはそう感じてしまった理由に気づきます。

もう3歳なのにアルバムは生後半年まで!写真撮りすぎでまとめられない問題 by まる美

カメラが好きで毎日のように子どもの写真を撮っているまる美(@babymoni_marumi)さん。連写した写真を厳選したり、明るさを調整したり…こだわりがあるために3歳になった今も生後半年までしかアルバムが完成してないんです!

同じことを何度も注意してイライラ!でも「息子はまだ子ども」なんだから by すずか

子どもが4歳をすぎたころからイライラしてしまうことが増えたというすずかさん。特に食事の時間。はじめは穏やかに注意しているのですが、すぐに忘れるので最後にはトゲトゲしい口調になってしまい、楽しい食事の時間が毎回苦痛に…。

【医師監修】授乳すると気分が落ち込む…。不快性射乳とは?産後うつとの違いは何?

授乳すると気分が落ち込んだり、不安になったり、イライラしたりしたことはないですか?”不快性射乳(D-MER)”という現象のことですが、この言葉を初めて聞く人も多いのではないでしょうか?どういうものなのかお医者さんに聞いてみました。

授乳中なぜか気分が落ち込む…。これってD-MER(不快性射乳反応)? by PUKUTY

すごく楽しい気分だったのに授乳を開始すると同時にすごくネガティブになったり、気持ち悪くなったりしたというPUKUTY(@Pukutyma)さん。調べてみるとD-MER(不快性射乳反応)という現象ということがわかり…。

「母親だから…」と諦めなくてよかった!保育園の壁と葛藤を乗り越え、育休中に資格を取得 by まぼ

いつか取りたいと思っていた、ある資格。育休中の今がその「いつか」なんじゃ?そう思い立ったまぼさんは、赤ちゃんを育てながら資格取得に挑戦することにします。が、通学中の保育園の確保や自身との葛藤など、さまざまな壁が待ち受けていたのです。

贔屓目に見て世界で1番かわいい子どもの写真、どうやって遠方の親に見せる? by 石塚ワカメ

「世界で1番かわいい」ときっと思ってくれる祖父母たちに見せたい、子どもたちの何気ない写真。石塚ワカメ(@WakameEnk)さんは遠方に住んでいる義実家に定期的に写真を印刷して送っていましたが手間がかかるうえ、時差もあり…

親が当たり前のようにやっていい?『自分でやらせる』『助ける』の使い分け byグラハム子

娘さんが落としたお箸を拾って渡したグラハム子(@gura_hamuco)さん。ふと思った「当たり前のように私が拾っちゃったけど…。自分で落としたものは自分で拾わせるべきだったかな…?」。どちらも大切なことが学べるように思えて…

母乳パッドの使用量が半端ないっ!1人目の時と変わった体質にびっくり! by 笹吉

// // 関連記事: Tシャツが絞れるほど染み出すおっぱい。詰まって腫れ上がり天井まで届く大噴射! 息子も娘も母乳を中心にあげていました。が、とても差があった母乳パッドの使用量!!!!息子の時は本当に、おりものシート感覚で万が一に備えてつけとこ……

小さな頃に思いを馳せ、成長を噛みしめる…センチメンタルの理由 by モチコ

「最近センチメンタル系が多いね」。SNSに投稿している子育て漫画について、実妹さんに指摘されたモチコ(@mochicodiary)さん。実は、この頃、過去に思いを馳せたり、成長を噛みしめたりすることが多くなっていて…

「男の子は大変だけど女の子は楽よ」にモヤモヤ。思い切って気持ちを伝えてみたら… by いくたはな

子ども4人を連れて歩くとたくさんの人から声をかけられるいくたはなさん。末っ子が女の子だとわかると「男の子は大変だけど、女の子は楽よ」と言われるのですが、男女の育てやすさの違いにピンとこず…。思い切ってそのことをお話ししてみると…?

その発言、大人目線や先入観で決めつけてるかも?幼少期の自分の経験から大事にしていること。 by 金星

金星(@i_kinboshi)さんは幼少期、友達と遊ぶのに巨大積木を1カ所にまとめていたら、先生から叱られ、誤解だと言えず心と裏腹に謝ってしまったという経験があるそう。その経験から、子育てで大事にしていることとは…?

家族3人で川の字で眠りたいのに、眠れない! by ぴまるママ

娘が生まれてからずっと憧れていることがあるという、ぴまるママさん。それは「家族3人で川の字で寝ること」!それができない理由は、旦那のいびき問題で、実際はパパだけ別室で寝てるのだそう。いつか憧れが叶う日は来るのだろうか…。

気をつけなはれや!!実家とのビデオ通話中に起きた悲劇… by ユキミ

このご時世、なかなか実家に帰ることができていないユキミ(@yukita_1110)さん。「このままでは息子もばばの顔を忘れてしまうのでは」とはじめたのが週2~3回の実家とのビデオ通話。いつものように会話が盛り上がる最中に悲劇が…

後回しにできることは後でする!母歴9年で身につけた“限界を超えた時”の対処法 by うだひろえ

下の子に離乳食を食べさせながら、上の子にもご飯を食べさせ…。そんな時に味噌汁がバッシャーン!もう頭真っ白フリーズするしかなかったあの頃の私に、母歴9年となった今のうだひろえさん(@hiroeuda)がかけてあげたい言葉とは・・・?

出産してから体質が変わったなぁと実感したこととは? by ぴまるママ

ぴまるママさんは、出産してから「体質が変わってしまったんだなぁ~」と思うことが2つあるそうです。一つ目が、産前大好きだったお酒が全く飲めなくなったこと。二つ目は、PMSや排卵痛がかなりひどくなったことだそうです…。

「今日はできてないの?」…何もかも息子がいない間にすませる!をやめました byユーラシア

息子くんが幼稚園に行くようになり、「綺麗な家で出迎え、夕食もすぐに出せるようにしておこう」と思っていたユーラシア(@yuh_rasia)さん。しかし、忙しくてあまり家事ができなかったある日、「いつも帰ってきたらできてるのに」と言われ…

産後すぐ、脇に異変が…。熱くて痛くて、なんだか硬い!「副乳」ってどういうこと?  by あひる

あひるさんは産後すぐ、脇の異変に気付きます。痛くて、なんだか熱くてカチカチに硬くなっているのです。しかも少し膨らんでいるような…?助産師さんいわく、退化したおっぱいの名残といわれる「副乳」が原因だそう。副乳って…?

『立って抱っこ』は子どもにとって特別な抱っこ。 by まいこ

座って抱っこしていても、「立って抱っこしてほしい!」と子どもに言われることがよくあったというまいこ(@uchinokoto)さん。同じ抱っこで何が違うのか疑問に思っていたけど、その理由が少し理解できた出来事があったそうで…。

社交的な娘が、母の人見知りを克服させてくれた! by ぴまるママ

昔から人見知りだったというぴまるママさん。娘には社交的になって欲しいから、自分が人見知りを克服してお手本を見せなくては!と思っていたそう。だけど、支援センターなどでも緊張してうまくいかず。結局、人見知りを克服させてくれたのは…。

夫に見習ってほしい!美容院帰りの母をハッピーにする息子の「かわいい…!!」 by ユキミ

1年ぶりに前髪を切ったユキミ(@yukita_1110)さん。そのスタイルを見て、ご主人は「前よりいいんじゃない」と微妙な反応。でも、本命は、息子くんのきったん! きっと素直に褒めてくれるに違いない…その感想はまさに完璧!

1ヶ月健診で言われた「身長の伸びが悪いな」。妻の焦りがどんどん増していく… by しろやぎ秋吾

出産直後から母乳育児がスムーズにいかず、焦りと不安を感じていたしろやぎさんの奥さん。夫(父親)であるしろやぎさんは、奥さんの力になってあげられず1ヶ月健診の時期に。そこで医師から言われたひと言にどんどん焦りが増していくのです…

出産後すぐに乳首裂傷!痛みから解放してくれた私的ヒットアイテムは… by ぺぷり

ぺぷりさんは出産後すぐに「すごい吸引力でおっぱい飲んでる!」と感動していたのですが、早々に乳首が裂傷。痛みを堪えて授乳、保護のためにつけていた母乳パッドも痛い…。もう限界!と苦しんでいたときに出会ったヒット商品があったのです!

「・・・!?」悩んでも解決しない、モヤモヤの渦にハマってしまいそうなときは… byグラハム子

娘さんが2歳の頃、園にお迎えに行くと「おもちゃの取り合いで、お友達に噛まれてしまって…」と先生から聞いたグラハム子(@gura_hamuco)さん。傷もなく、娘さん自身ががケロっとしていたので、特に気にしていなかったのですが…

息子が怪我しないように細心の注意を…ってまさかの私が大怪我!? by まる美

子どもと一緒に混雑した公園に遊びにきたまる美(@babymoni_marumi )さん。他の子とぶつからないように、転ばないようにと気を付けながら息子の手を引いて歩いていたら、思いっきり遊具に頭をぶつけました…ママが!!

疲れたからゴロゴロするね~。私の「逃げる姿」を見せてきてよかったと感じた理由 by うだひろえ

育児ストレスで追い詰められる前に、「チョコを食べる」「横になる」などで“ちょい逃げ”していたうだひろえさん(@hiroeuda) 。子どもたちが成長した今、そんな「逃げる姿」を見せてきてよかったと感じているそう。その理由とは?

“お菓子専用お小遣い制度”で、感じたこととは? by チッチママ

チッチママさん(@chicchi__mama)は、最初は何となーく「お金ってものを知ってくれれば」と言う考えで、「お菓子専用お小遣い」を始めたそうです。4歳と2歳の娘たちに、この制度を続けてきて感じたことがあるそうで…?

兄妹でも似ていないと思っていたけど、意外に似てる?! by 笹吉

男女の性差もあるのか、兄と妹の顔が似ていないと思っていた笹吉(@sasakichidiary)さん。娘の1歳の記念写真を撮って部屋に飾ってみてびっくり!兄の1歳のそれとそっくりだったそう!同月齢の写真を並べる楽しみが増えたとか。

「子どもを預けてもいいのかな…?」罪悪感をおぼえてしまうとき、私が想像する一つのこと by モチコ

「子どもを預けて友達とお茶しに行っていいのかな?」「保育園に預けて働いていいのかな?」 自分の予定を決めるとき、罪悪感をおぼえてしまうことがあったモチコ(@mochicodiary)さん。ある考え方をするようになってから…

【1400人にアンケート】妊娠・出産して、仕事続ける?辞める?いつ決めた?

妊娠・出産で、体調や働ける時間が大きく変わり、生活や働き方を見直す人も多いですよね。そこで、先輩ママたちに、妊娠前の仕事を続けられた?それとも退職や転職を考えた?いつ決断した?など「ワーママのお仕事」について大調査しました。 今回のテーマは…

母乳外来でおっぱいマッサージ、スーパーでいきなり発熱…乳腺炎エピソードあれこれ by 肉子

肉子さんは二人の子どもたちを母乳育児していたとき、何度も乳腺炎を繰り返していました。「詰まりをとってスッキリしたい」とマッサージに行ったら痛い経験をしたり、スーパーで買い物していたらいきなり発熱したり…乳腺炎あれこれ話です!

私が笑えば子も笑う…幸せのループを繰り返していく、ということ byグラハム子

つけっぱなしのテレビから流れてきたシュールなギャグに、つい笑ってしまったグラハム子(@gura_hamuco)さん。娘さんも笑っていたので、意味が分かったのかを聞くと「ママが笑ったからちーちゃんも笑いたくなっちゃった!」

いつかそんな日が来たらいいなぁ。妊娠中に思い描いていた光景が今、目の前に by いくたはな

まだ子どもが生まれる前、よく夫と将来のことについて話をしていたいくたはなさん。「いつか息子と一緒にキャッチボールがしたいなぁ…」そんなことは遠い遠い未来の話だと思っていたのに、ふと気づけばあの頃話していた光景が今、目の前に。

この気持ちは忘れない…。早産で生まれた我が子に初めておっぱいをあげられた日 by ふゆだこん子

妊娠8か月で急遽出産することになったふゆだこん子さん。NICUに通いながら赤ちゃんのお世話を続けていたのですが、ある日、ついに赤ちゃんの呼吸器が取れたので初めておっぱいから授乳することができます。その時の感動といったら…。

「ええー!みんなこちょこちょ楽しいの!?」子どもたちに手加減をしていたけれど… by モチコ

子どもの手遊びによく取り入れられる「こちょこちょ」をされるのが子どもの頃からスーパー嫌だったモチコ(@mochicodiary)さん。もちろん子どもにするときは手加減。 ある日、思いっきりこちょこちょするご主人を見て…

保育園生活初・PTA役員。なんでもデジタル化、どう思いますか? by 肉子

肉子さんは息子くんが通う保育園のPTA役員になりました。今年度はコロナ禍でいろいろな行事がなくなり例年より負担が少ないので、PTA業務をどんどんデジタル化していこうということに。PTAの集まりもリモート会議にしてみたら…

女の子はピンク、男の子は青…?息子が選んだ手作りマスクの布は by ユキミ

幼稚園で利用するマスクの生地を買いに行ったユキミ(@yukita_1110)さん。自分が使うものだからと、息子くんに好きな布を選んでもらうことに。様々な生地の中から気に入ったのは、ピンク地にかわいいうさぎ模様。「ねぇこれって…」

二人目の写真が圧倒的に少ない!なので意識してみたら…? by 笹吉

「二人目の写真は圧倒的に少ない!」という体験記をネットで見てから、撮ってるつもりでもやっぱり実際に少ないかも?と気になった笹吉(@sasakichidiary)さん。それからというもの、二人目を意識して撮影することにしてみたら…?

妻が悩んでいるとき、夫である自分が育児に協力的だったら… by しろやぎ秋吾

母乳育児で悩んでいる奥さんの様子を、男性(父親)目線で紹介してくれるエピソード第3弾!今回は新生児訪問で保健師さんが来てくれた時のお話です。保健師さんから言われたアドバイスにも不安を感じていた奥さんに、夫のしろやぎさんは…

ゴッドハンド降臨!!乳腺炎の痛みから解放される!! by さやかわさやこ

こんにちは、さやかわさやこです。 // 前回からの続きになります。 前回エピソード:乳腺炎で悲鳴をあげるほど痛い!市の相談窓口に電話すると・・・? by さやかわさやこ 自宅まで来てくれた助産師さん。溢れ出る凄腕オーラに、私はすでに救われたような気…