妊娠・出産・育児の情報サイト


保険・貯蓄

気管支炎で入院

子供が一歳を過ぎた頃に我が家の保険を見直しました。 その時に担当してくれたプランナーさんに、実体験から「子供の医療保険は入院時に一時金が出るものが良い」と薦められたので、一時金ありの保険に入りました。 子供が2歳になってすぐ、風邪をこじらせ急…

FPの活用を!

子供が産まれたら学資保険の加入をしなきゃ!と思っていたので、息子が1歳になる前に、以前からお世話になっていたFPさんに相談をしました。 結論、学資保険はおススメできないようです。子供が産まれたら学資保険加入!と決め込んでいたので、目から鱗のお…

「息子の将来が見えた!かも」たった1分で子育てにかかるお金の不安を解消! byやまもとりえ

未来の2人の教育費を想像したら…不安しかない! 我が家は長男が今年4歳、次男が1歳の3歳差兄弟。今は、長男の習いごとにお金がかかる程度ですが、長男が中学生になる頃、次男は小学生。 塾、習いごとの費用がダブルでかかり、長男が大学生のときは次男の…

教育資金どうする?学資保険?

2018年4月に初めての出産を経験しました。 私自身は看護師として働いていましたが、准看護学校、正看護学校と2つの専門学校に進学しました。経済的な理由から、奨学金を借りました。一児の母となった今でも返済中です。 この奨学金の返済が、思っていた以上…

マ…マジか!? この先必要な教育資金に絶句…男子3人の母が将来のお金のことを真剣に考えてみた! by tomekko

こんにちは、tomekkoです。 実は昔から憧れがあった3人きょうだい、晴れて5人家族になったわけですが、これがまさかの男子3人… まだまだ三男の口は数に入れない今でも、もう唐揚げは鶏肉3枚分でちょうどよくなりつつあるし、うどんは一回に5玉茹でてます。 …

子どもの教育にかかるお金の準備の仕方、私の選択した方法とは

赤ちゃんが生まれてからは、夫婦2人の頃に比べると保育園の費用や食費、日用品費など、かさんではいますが、今のところはまだなんとかなっています。 けれども「子どもが小さいうちは貯め時」という話を周りから聞くようになり、自分でもいろいろと調べてみ…

子どもの教育資金。プロに相談したら返戻率の高い保険を教育資金にする方法が!

将来必要になる教育資金を積み立てるため、子どもが産まれてすぐ某生命会社の学資保険に加入しました。 満期は18歳。返戻率は106.91%でした。年率にすると0.73%になります。ゼロ金利の時代からすると、高いほうだと思い、申し込みました。 また、契約者が万…

子どもの将来を考え、我が家は児童手当をそのまま貯金ではなく、学資保険代に!

我が家は、旦那さんと私の共働きです。 旦那さんの給料は残業時間でも変わりますが、大体手取りで20万前後、私は育休後会社にパートとして戻り、扶養には入らず自分で社会保険をかけているので、引かれて手取りで8万円ぐらいです。なので一家の収入は合計で…

貯金よりもお得かも!? 子どもへ貯金したいなら学資保険という選択肢もアリ

子どもが産まれると、「将来のために貯金をしなきゃ!」と思いますよね。 私は、子どもが産まれてすぐに子どもの名前の通帳を作りました。 毎月決まった金額を子どもの通帳に入金するという方法。コツコツと子どものために貯金をはじめたのです。 少なからず…

赤ちゃんの予想外の入院。シングル家庭の我が家は保険に入っていて大助かり!

私は今、第2子妊娠7ヶ月です。 まだ気が早いのかもしれませんが、第2 子が生まれたら赤ちゃんのうちから保険に入ろうと今から考えています。 考え始めたきっかけは第1子の病気入院です。 現在1歳11ヶ月になる息子は生後6ヶ月の頃、先天的な病気を持っている…

子供の貯金

結婚してすぐ、まだ妊娠する前に学資保険に入りました。 学資保険とは名前だけであって実際は生命保険と変わらないと聞き、積み立ての生命保険ということで、もしも子供ができなくても自分たちで使えるので夫婦1口ずつ入りました。 子供が生まれて子供の名前…

出産を機に入った保険のことと、その後の家計のやりくりが大変になった話

出産前からずっと考えていたのが、子どもの学費のこと。 色々調べて、銀行に貯金するよりも、学資保険などを使って貯めた方が、確実で万が一の時にも安心だと思いました。 しかし主人は、何故か保険が嫌い。 結婚した時も、保険を見直そうと言ったら嫌な顔を…

学資保険

自分が初めて出産してわかったこと。 保険は見直したり、入っておくべきだったと思いました。 私の場合、自然分娩を望んでいましたが予定日過ぎても生まれず、入院して4日間も陣痛誘発を打ち続け、破水はしたものの…赤ちゃんが途中まで降りてきたと思ったら…

進学資金どうする?夫婦で話し合い「学資保険」と「普通の貯金」の2本立てプランに

子供が生まれたのは私32歳、妻31歳の時でした。 都内在住でIT系の会社で働くサラリーマン、美容業界で働く妻。 出産後は妻が育児休暇を1年半取得し、てんやわんやで過ごしていました。 我が家ではボーナス等のお金が入った際は、なるべく使わずに貯蓄という…

どんな道に進むのかな?貯金や保険で、現在と将来に少しずつでも備えてあげたい!

現状、子供には3歳まで、児童手当として1か月あたり15,000円が、決まった月にまとめて貰えます。 それが3歳を過ぎると1万円に減額されます。 教育費にお金がかからない3歳までに、しっかりとした貯蓄が大事だと、今考えたら思います。 幼稚園の費用にも一応…

学資保険だけがすべてじゃない!? 大切なのは、長期的なライフプラン

子どもが産まれたら、多くの人が検討するのが「学資保険」ではないでしょうか。 いろいろな計算法がありますが、子どもが産まれてから大学卒業までにかかるあらゆる費用を算出すると、2000万円以上になるという専門家の意見も…。 備えあれば患いなしはいうけ…