妊娠・出産・育児の情報サイト


初産

夫に家事能力がなくても問題ない!と思っていたのに。妊娠で考え方が一変!? by あひる

夫の家事能力が低すぎて、すべての家事を私がやらなければ生活が破綻する!と、会社を辞めたあひるさん。妊娠するまでは、それでお互いうまくいっていたのですが、つわりで動けなくなったとき、生活を担う人が自分しかいないリスクを痛感します。

痛みから気をそらせるために好きなことやり放題なの!? 陣痛中って天国や~ん! by まきこんぶ

陣痛中はリラックスするために好きな音楽を聴いたり、アロマをたいたり、しかも今まで体重制限で我慢していた好きなものを食べられるチャンス!そう聞いて「陣痛中って、好きなことやり放題で天国や~ん」とまきこんぶさんは思ってしまったのですが…。

赤ちゃんのうんちは臭い?臭くない?いざ産まれてみると… by もつ

もつ(@mameko_h)さんは、出産前から赤ちゃんのうんちの処理ができるのか心配だったそうです。臭いのも耐えられるのか…周囲は臭くないと言うけれどホントに?半信半疑でいざ出産、うんちは臭い?臭くない?

赤ちゃんに泣かれるのが怖い。新生児期のわたしを救ってくれた、あの音 by つぶみ

つぶみさんにとって、新生児期の育児はとにかく不安いっぱいだったそう。いつも赤ちゃんの泣き声にびくびくしていて、2人きりになると赤ちゃんが怖いと感じるほど。そんなつぶみさんを救ってくれたのは、寝かしつけに役立った、ある“音”でした。

痛くない…わけないけど、出産への恐怖はなかった“ソフロロジー式分娩” by リコロコ

リコロコさんは第一子妊娠中、陣痛や出産への恐怖心があったそう。でも産院で「ソフロロジー式分娩」の話を聞いて、少し不安が和らぎます。痛くない…わけではなかったのですが、落ち着いて陣痛を乗り切れたという出産。どうだった?

夫の地元で産むのが一番だけど…。義実家同居を回避した夫のファインプレー by 白目みさえ

産前産後のことを考えると、自宅や自分の実家より、夫の地元で出産するのが一番いいという結論になった白目みさえさん。でも、義実家に里帰りするのはちょっと抵抗が…。そんなとき夫がファインプレーな提案をします。どう乗り切った?

ひどかった乳児湿疹。耳ガーゼの写真は、息子のために必死だった私の思い出 by チーコ

耳にガーゼをした息子の写真。これをみるとチーコさんは、乳児湿疹を治すために必死だったことを思い出すそう。生後3週間のころから出始めた乳児湿疹。耳の裏が特にひどくてガーゼをあてたり、髪をきったり。試行錯誤を繰り返します。

「行きたくない…」先延ばしにしていた妊婦歯科健診で、まさかの虫歯が! byかめかあさん

「あーあ、虫歯があるなぁ!」。早めに受診しておいたほうがいいとはわかっていたけれど、ついつい先延ばしにしていた妊婦歯科健診。妊娠後期まで残り2週間になった頃、やっと重たい腰を上げて歯医者さんの予約をとったかめかあさんでしたが…

助産師さんの「今です」を合図にパワー全開!いきむってどんな感じ? by あい

促進剤を開始して5時間。すさまじい陣痛といきみたい感覚に襲われるのを、深い呼吸で耐え続けていたあいさん。助産師さんから「次に痛みがきたら力を入れていきんでみてね」と声をかけられます。ついにいきんでもいい瞬間がやってきたのです!

タメ口になるタイミングって⁉ なとなく先輩ママ友に気後れ byユーラシア

幼稚園入園前、息子くんが楽しく過ごせるかだけでなく、自身のママ友付き合いも不安に思っていたユーラシア(@yuh_rasia)さん。初めての保護者会では、みんな初対面だと思っていたら、自己紹介もしてないのに親しげに話すママ達がいて…

海を渡って小旅行気分♪ 島暮らしの産婦人科通い by まつざきしおり

瀬戸内海の直島在住のまつざきしおり(@matsuzakishiori)さん。出産の際は島の住人から情報をかき集め、アットホームでこじんまりした産院を選びました。島外にあるので受診のたびに海を渡ることになり、気分はまるで小旅行!

2~3分間隔の痛みを8時間半耐えたのにお産が進んでない!? 聞いていた陣痛と違ーう! by りんりんまま

夕方に破水して、夜中には陣痛も始まったりんりんままさん。痛みの間隔も短くなってきて、「もしかしてスピード安産?」と期待します。でも朝になっても、昼を過ぎても、夕方になっても子宮口はまだ1.5センチ!進まないお産に目の前が暗くなります。

コンプレックスだった“高身長”に初めて感謝!陣痛中に染みた助産師さんの言葉 by まきこんぶ

身長が高いことがずっとコンプレックスだったというまきこんぶさん。でも、陣痛中に助産師さんから「背が高いから安産でお産も早そう!」と言われて初めて自分の体格に感謝します。でも何よりも嬉しかったのは、その助産師さんの優しさでした。

子どもに「ちょっと待ってて」は伝わらない!?言い換えてみた結果は… by ユキミ

休園中、息子くんとべったりな毎日だったユキミ(@yukita_1110)さん。家事やちょっとした用事をこなしたいとき、「ちょっと待ってて」と言ってはみるものの、もちろんなかなか伝わることもなく…。違う言い方に換えてみた結果は…?

【小児科医監修】「共感性羞恥」ってどんな状態?わが子がなったらどうしたらいい?

【小児科医監修記事】他人が怒られたり、失敗したりするのを見ると、あたかも自分のことのように感じてしまう。「共感性羞恥」という特性について、受診の必要性や接し方などを、“こどもの心”の専門家に伺いました。

お昼ご飯にネギ食べた? つわりで警察犬並みの嗅覚を発揮!by ありま

日を追うごとに食べづわりとにおいづわりが酷くなるありま(@arimama_umauma)さん。最終的に「自分が食べられないものを食べた人」の体臭までも受け付けなくなりました。「この人お昼に〇〇食べたな」と警察犬並みの嗅覚を発揮!

36歳にしてやっと授かった命。夫婦でかみしめた、今まで感じたことがない喜び by おみき

33歳の時にスピード結婚したおみきさん。子どもを作るなら早く、という気持ちと、もう少し夫と2人の時間を楽しみたいという気持ちの間で揺れる日々を過ごします。でも妊娠が分かった時、胸に広がったのは今まで感じたことのない喜びでした。

高熱と緊張と陣痛と息苦しさでパニック状態!妊娠8か月での緊急帝王切開 by ふゆだこん子

妊娠8か月で破水したふゆだこん子さん。あれよあれよという間に救急車で運ばれ、緊急帝王切開で出産することになります。でも高熱と緊張と陣痛でプチパニック状態!さらに手術中の酸素マスクが息苦しくて意識が朦朧としてきます…。

母乳育児で悩んでいる妻の横で、責任を押し付けていたんだ… by しろやぎ秋吾

しろやぎ秋吾さんの奥さんは、母乳がでないことをママ友に相談しました。ママ友から「ミルクを飲ませた」と聞き混合でやってみることに。そこでまた不安になることがありとにかく悩んでいたのに、しろやぎさんは奥さんに寄り添ってあげることをしないで…

産後のために…と妊娠中に目指した脱ペーパードライバー。でも、やってしもた…! by チーコ

産後のために…と妊娠中に車の運転の練習をしていたチーコさん。ある日、一人で運転しているときに細い道で対向車とすれ違うことに。恐る恐る進んでいたのですが、大きなお腹がつっかえて相手の車との間隔が見づらい!そして…ザスッと擦れる音が⁉

待ち望んでいた妊娠だったのに、体調と生活の激変ぶりに心がついていけず辛かった日々 by 園内せな

ずっと子どもが欲しいと思っていたので、妊娠がわかったときは本当に嬉しかったという園内せなさん。でもすぐにつわりで体調がままならなくなり、仕事も進まなくなり・・・。妊娠による生活と体調の変化についていけず苦しみます。

赤ちゃんを泣きやませられず、家族に当たり散らす自分にイライラ。辛かった産後の日々 by つぶみ

頻回授乳で疲れるし、夜はろくに寝られないし、悪露は続いて体も痛いし…。何よりどうやっても赤ちゃんを泣き止ませられない。そんな産後のイライラを、つい里帰り中の家族にぶつけてしまっていたつぶみさん。今振り返ってみると・・・?

大ピンチ!はじめてのお出かけでアレを忘れたー!そのとき代用したものは… by もつ

もつ(@mameko_h)さんは娘さんを連れて、はじめてのお出かけに行くことに。必要なものを準備して出発! 少しだけ買い物して帰る前におむつをかえようとしたら、おしりふきがない!パニック状態のもつさんは大切にしていたあるもので代用したのですが…

「こいつがいないと眠れない!」妊娠中期~産後まで大活躍の“抱き枕” byかめかあさん

つわりでよく眠れない日が続きとにかく少しでも楽になればと、抱き枕を購入したかめかあさん。いまいち姿勢が定まらず、使う機会が減っていきましたが、本当の出番はがやってきたのは妊娠中期。それからは「こいつ(抱き枕)がいないと眠れない!」

母渾身の作品にダメ出し! ぬりえから見る子供の美学!? by ユキミ

絵を書くことはもちろん、ぬりえも大好きなユキミさん。休園中、親子でぬりえをしたとき、ただ塗るだけでなく、濃淡つけて絵に立体感を出すなど大人ならではのこだわりを楽しんでいました。それを息子くんに見せると、上から塗りつぶされて!?

テーブルの周りをグルグル回るのは、腰も足も限界! 寝かしつけを昔ながらのアレに変えたら… by ぺぷり

赤ちゃん時代は、かなりの時間をあやしたり寝かしつけたりすることに費やされてしまう。抱っこしてテーブルをグルグル回り、寝たかと思って座ると何故か泣き出す…。足腰が限界になったぺぷりさんは、こんなとき昔ながらのアレで寝かしつけをするそうです。

「大人になった息子とビールで乾杯」が夢の夫。息子が描いているのは… byユーラシア

ユーラシア(@yuh_rasia)さんの息子くんはお父さんが大好き。休日の外出は「お父さんと二人だけで行きたい! 」と叫ぶほど。もちろんご主人も息子くんが大好きで、「息子が成人したらお酒を飲みたい」という夢を描いていました

空腹→気持ち悪い→食べる→気持ち悪い…これがつわりの無限ループ! by ありま

朝起きた瞬間吐き気がする。そんな毎日が5週頃から始まりました。昨日まで食べていたものが今日は臭く感じて食べられない。「昨日の味方は今日の敵」状態のありま(@arimama_umauma)さんはもはや自分のことが信じられなくて…

ヤバ…なんか出そう…!お尻の辺りの猛烈な違和感。これが「いきみたい」感覚なのか! by あい

入院して15時間が経過し、ついに促進剤を使用することになったあいさん。しばらくすると、お尻のあたり、内側から何かが押し出てきそうな感じが…!そうかこれが「いきみたい」という感覚!?でもこれ… この感じはまるで◯◯◯のような…

妊娠中期から始めた母乳マッサージ。初授乳に向けて準備してきたけれど… by りんりんまま

産院の勧めで妊娠中期から母乳マッサージを続けていたりんりんままさん。妊娠後期になると分泌液も出るようになり、母乳育児に向けて準備を整えていったそう。でも出産時のトラブルで、赤ちゃんへ直母で授乳することができないことになり・・・

3分間隔の陣痛を耐えること一晩。子宮口はまさかのまだ1センチ!な、なんで? まきこんぶ

最初から3分間隔だったことに疑問を感じつつも、陣痛に耐えること一晩。けっこう痛みも強いし、さすがにだいぶお産が進んでいるだろうと内診を受けると…まさかの子宮口大1センチ!長期戦になることを覚悟したまきこんぶさんは、ある作戦にでます。

どうりでエコー写真が美人だと思った!性別が判明するやいなや親バカ全開モード発動! by あひる

女の子ママ=おしゃれで髪を上手に結えるママ、男の子ママ=子どもと外で元気に遊ぶママ。そんなイメージから、おなかの子は男の子かなぁと予想していたあひるさん。健診で「おなかの子は女の子」と言われたときは最初こそ予想外で驚いたものの…?

不育症の疑いがある、と言われたあとの妊娠判明。喜ぶのが怖い… by ちい

現在4歳になる息子さんの妊娠がわかったとき手放しで喜べなかったという、ちいさん。その理由は、過去に2度流産をしたことがあり、不育症の疑いがあると言われていたから。喜びたいのに喜べない辛さと葛藤を描いた体験記です。

自粛中に長くなってしまったテレビタイム、運動不足を心配したけれど… by ユキミ

家事をしている間やちょっと仕事を片付けたいときなどにお世話になっているテレビ。特に自粛期間中は、幼稚園へ行っているときと比べて格段に増えてしまっていました。ユキミさんは息子くんの運動不足を心配したのですが…

あの頃の私と娘を救ってくれた、海が見えるブランコ by まつざきしおり

瀬戸内海の小さな島、直島在住のまつざきしおり(@matsuzakishiori)さん。長女が赤ちゃんだった頃、ギャン泣きするのをひたすら立って抱っこしていました。腕は痛いしストレスもMAX。そんなときによく行っていた場所は…

抱っこ紐が漂白剤で色抜けしちゃった!思い切って布用染料で染め直してみた by まる美

ノロウイルスの吐瀉物が抱っこ紐に直撃!あわてて抱っこ紐を漂白してしまったまる美(@babymoni_marumi )さんですが、案の定マダラな感じに色抜けしてしまいます。悩んだ末に思いついたのは抱っこ紐を自分で染めること!

妻のために何かしたい!何度も練習して描いたマタニティペイント by papakoma

妊娠中の妻のために何かしたい!と、パパコマさんが挑んだのは妊婦さんのお腹に絵を描くマタニティペイントでした。自分で描けば思い出になるし、安産祈願になるし、何より妻が喜んでくれる!何度も練習して挑んだ結果は・・・?

妊娠8か月で破水。子宮口も開いているから生みましょう!って、えええええええ! by ふゆだこん子

ふゆだこん子さんは、妊娠8か月の頃のある日、朝からシクシクとした痛みをおなかに感じます。お昼を過ぎても痛みは治まらず、横になっていると、突然何かがジャバーっ!と出てきて…。まだ妊娠8か月なのに破水?ええええええー!

娘がかわいくて撮り始めた写真や動画が後に良い効果をもたらす! by もつ

「娘が産まれたとき、かわいくてかわいくて…」もつ(@mameko_h)さんは、娘さんの写真や動画を何枚も撮っていました。撮りためた写真を成長した娘さんと一緒に見たり、部屋に飾ったりしていると娘さんはあることをするそうです。

妊婦健診の付き添いだけで貧血になった夫。これは無理だな、と確信したこと by 園内せな

「俺も(赤ちゃんの)心拍聞きたい!」というので、夫と一緒に妊婦健診へ行くことにした園内せなさん。内診室で子宮にカメラをいれ、モニター越しに赤ちゃんの心拍を見ることができたのですが、夫はもともと体のことや血が超苦手だったため…。

前駆陣痛と思っていたら本陣痛だった!産後はコロナ感染拡大防止のため面会制限に

出産前日、日曜日だったため、夫と何度目かの最後のおいしいものデートをしていました。 ランチは私が食べたかったクアトロフォルマッジ。蜂蜜たっぷりで、「もう、しばらく外食できなくても後悔はしない」などと言っていました。おやつは大好きなアイスをお…

どんな状況下でもママは強い! コロナの影響を大きく受けたのは産後

数ヶ月の妊活を経て念願の妊娠! 『立ち合いは絶対!新生児時期から一緒にお世話したい!』という夫の強い希望もあり、里帰りせず立会いができる都内の産院をすぐに予約しました。 とはいえ、両家ともに初孫となるためプレッシャーもあり、毎日無事に育って…

作っているときも、使っているときも幸せ!手作りしてよかった育児グッズ by りんりんまま

妊娠中にベビーグッズを手作りしたりんりんままさん。ガーゼハンカチやお昼寝マットなど作ったものは4種類。大きなおなかで裁縫をするのは大変だったけれど、作っている間も、それを赤ちゃんが使ってくれるときもとても幸せな気分になれたそう。

しずみがちな毎日だけど…息子よ、たくさんのパワーをありがとう! byユーラシア

暗い気持ちだった朝、息子くんから聞こえた第一声は「きょうもぱーてぃだ!」…外出自粛の日々、子どもとずっと一緒にいると大変なことも多いけれど、息子くんにパワーを貰った~!というユーラシア(@yuh_rasia)さんの体験記

妊娠中に夫と2人で一泊旅行へ。準備するものと旅行中の過ごし方は? by ぺぷり

出産後しばらく旅行はできないだろうと、ご主人と旅行にいくことにしたぺぷりさん。産婦人科で相談、「安定しているから大丈夫だけど、無理はしないでね」と言われたので、隣県に一泊出かけることに。妊娠中に必要な持ち物や旅行中の過ごし方を教えてくれま…

新型コロナの影響と帝王切開のリスクをふまえ予想外のドタバタ転院!

コロナ渦の中、3,004gの女の子を出産しました。 予定日当日、通っていた産院から大きな病院(コロナ指定病院、後に転院することになる)で骨盤のレントゲンを撮ってくるように指示され、骨盤の形がキレイではないことが発覚。 そのせいでお産が進まなくなっ…

【医師監修】 B群溶血性連鎖球菌(GBS)ってどんな病気? おなかの赤ちゃんへの影響は?

【医師監修記事】あひるさんが妊娠後期に診断された「B群溶血性連鎖球菌(GBS)」とはどんな病気なのでしょう?妊婦さんの10~30%はこの菌を保有しているそうなのですが、症状や注意点などを専門家に解説していただきました。

妊娠後期に呼び出され診断されたGBS。自分を責めないでねって言われても… by あひる

妊娠後期のある日、あひるさんは医師に呼び出され、GBS(B群溶血性連鎖球菌)という聞きなれない診断を受けます。「ママのせいじゃないから自分を責めないで」と言われたのですが、念をおされたことで逆に自分のせいなの?と不安に…。

感染が怖い…新型コロナで理想のマタニティライフは送れなかったけど無事出産できました

はじめての妊娠、出産でした。 新型コロナウイルスがどんどん流行してきている頃、丁度出産の時期になりました。 妊娠後期は沢山歩くように。と産婦人科のドクターから言われており、『晴れの日は外、雨の日はショッピングモールとかね。』と話していた矢先…

14時間も苦しんでるのに子宮口3cmから一向に進まない!微弱陣痛と診断されて by あい

病院に到着し、子宮口を測ってもらった時点で3cm。そのまま入院して不安な長い夜を過ごし、もう一回子宮口を測ってもらうとやっぱり変わらず3cmのまま。ちゃんと痛いのになんで!?焦りの気持ちがだんだんと強くなってきたあいさんは…