妊娠・出産・育児の情報サイト


医師監修

【医師監修】働く妊婦さん、仕事中のつらいつわり、どう乗り切る? 産婦人科医がアドバイス!

吐き気、眠気、だるさなど、とにかくつらい「つわり」。おなかが目立たない時期だから職場のみんなにもわかってもらえないし、何より通勤電車で立っているのがつらい‥‥。働く妊婦さんがこの時期をどう乗り切ったらよいのか、産婦人科医の竹内正人先生に伺い…

【医師監修】妊娠中の「おなかの張り」が不安。どんな張りだと危険なの?

妊娠中、個人差はあるものの誰もが感じる「おなかの張り」。立ちっぱなしだったり、疲れたりしたときに感じる張りもあれば、早産に関係する張りもあるといいます。張りを感じたらどうすればよいのか、またどんな張りの症状なら受診すべきなのか。「おなかの張…

【医師監修】妊娠中もセックスしていい?

妊娠中にセックスをしていいのか注意点は何かあるのか、してはいけないときはあるのか、などなど性生活については疑問だらけの人もいるでしょう。おなかの赤ちゃんに何か影響は出ないのか流産や早産のリスクはないのかなど、妊娠中のセックスについて詳しく…

【医師監修】無痛分娩って本当に痛みがないの?安全性は?気になる部分を聞いてみました!

もともと痛みに弱かったというmmmikさんは、出産の際に無痛分娩を選択しました。でも無痛分娩って本当に痛みがないのか、どうやって絶叫するほどの痛みを取るのか、分娩トラブルのリスクについて、気になる人はぜひチェックを!

【医師監修】妊婦が安心して通勤するには?

特に都市部の満員電車などでは押されたりぶつかったりしたらどうしようと、通勤を「怖い」と感じる妊婦さんも少なくありません。妊娠中でもラクに快適に安全に通勤するためにはどういう方法があるのか、利用できる制度やグッズはあるか、詳しく解説します。 …

【医師監修】妊娠中のヘアカラーはOK?パーマは?エクステは?

妊娠中のおしゃれに関する悩み。これまで通りヘアカラーをしていいのか、パーマはどうか、エクステは大丈夫なのか…など、薬剤を使う施術でもあるため妊娠やおなかの赤ちゃんに影響がないのか気になるもの。ここでは妊娠中に美容室で行うヘアカラーやパーマ、…

【医師監修】おなかの赤ちゃんの心拍確認はいつできる? 確認できたらひと安心?

心拍とは、おなかの赤ちゃんの心臓の拍動。心拍が確認できるということは、胎児(胎芽)の存在を確認できたといえますが、それができるのはいつ頃でしょう? 心拍を確認できたら、もう安心といえるのでしょうか? 産婦人科医の竹内正人先生に伺いました。 目…

【医師監修】妊婦さんとペットの暮らし。気を付けることは?

今まで飼ってきた犬や猫などのペット。妊娠してもこれまで通り飼い続けて大丈夫なのか気になるもの。犬、猫、注意が必要なのはどちらなのか、飼ってもOKだったとして、飼い方で注意することはないかなど、詳しく解説します。 目次 今まで飼っていたペット…

【医師監修】妊娠中、飛行機に乗って海外旅行に行ってもいいの?

妊娠中の思い出作りに二人きりで旅行がしたい。海外に行くことは問題ないの?と考える人は少なくないでしょう。しかし、結論から言えば妊娠中の海外旅行は決しておすすめできない大きな理由があります。なぜ海外がNGなのか、なぜ長時間の飛行機がNGなのかな…

【医師監修】妊婦はインフルエンザの予防接種はして平気?

「妊婦さんもインフルエンザの予防接種をしましょう」と推奨される文章をあちこちで見て、妊娠中にインフルエンザワクチンを接種しても本当にいいの?と不安に思う人も多いでしょう。そもそも妊婦がインフルエンザにかかったらどうなるのか、また、ワクチン…

【医師監修】妊娠中のサプリメントとの付き合い方は?

おなかの赤ちゃんのため、普段よりもいっそう栄養に気を配りたい妊娠中。必要な栄養素がとれているか心配で、サプリメントを利用したいけど、飲んでもいいのか疑問に思うでしょう。妊娠中の体には、推奨されているサプリと、反対にとりすぎてはいけないサプ…

【医師監修】つわりはもう終わったはずなのに…妊娠後期の吐き気の原因は?

つわりのような吐き気・嘔吐の症状がある、胃が痛い、げっぷが増える、胸やけがする…。 妊娠後期になって起きるこれらの不快な症状は、妊婦さんの間では「後期つわり」とも呼ばれていて、悩んでいる人が多いことを示しています。どうしてこんな症状が起きるの…

【小児科医監修】「共感性羞恥」ってどんな状態?わが子がなったらどうしたらいい?

【小児科医監修記事】他人が怒られたり、失敗したりするのを見ると、あたかも自分のことのように感じてしまう。「共感性羞恥」という特性について、受診の必要性や接し方などを、“こどもの心”の専門家に伺いました。

【医師監修】 B群溶血性連鎖球菌(GBS)ってどんな病気? おなかの赤ちゃんへの影響は?

【医師監修記事】あひるさんが妊娠後期に診断された「B群溶血性連鎖球菌(GBS)」とはどんな病気なのでしょう?妊婦さんの10~30%はこの菌を保有しているそうなのですが、症状や注意点などを専門家に解説していただきました。

【医師監修】「出産予定日前後のセックスは陣痛を促す!?」に産婦人科医が解説します

出産予定日を過ぎてからセックスすると陣痛が起きやすい…?時に耳にするそんなジンクスについて、多くの妊婦さんの診察にあたる田園調布オリーブレディースクリニックの杉山先生に伺いました。妊娠中のセックスで気をつけたい注意点とは?

【医師監修】帝王切開後にすぐ妊娠するとどんなリスクがあるかを聞いてみました!

【医師監修記事】帝王切開後すぐの妊娠にはどんなリスクがあるのでしょうか。しばらく妊娠を控えた方がいい理由や、間をあけずに妊娠してしまった場合の注意点などを、専門家に聞いてみました。

【医師監修】「妊娠高血圧症候群」になりやすい人と出産後の症状など産婦人科医がスッキリ回答!

【医師監修記事】超優良妊婦だった白目みさえさんが突然診断された「妊娠高血圧症候群」とは、いったいどんなトラブルなの?自覚症状や原因、なりやすい人、予防法などを多くの妊産婦さんを診てきた専門家の杉山先生に解説していただきました。

【医師監修】妊娠中に「手足口病」になったらどうする?産婦人科医に聞いてみました!

妊娠中に手足口病にかかったという、まきこんぶさんの記事についての医師解説記事。手足口病とは?症状や妊娠中にかかったときの注意点、予防策などを、医学博士の杉山先生に解説していただきました。

【医師監修】妊娠中の血乳。専門家がその原因などを解説!

妊娠中におっぱいから血が出てきたというリコロコさんの体験記に対する医師解説記事。血乳が出た原因は?血乳が出た時の対処法や防ぐ方法は? 日々多くの妊産婦さんを診察している杉山先生に詳しく解説していただきました。

【医師監修】「臍帯付着異常」ってどんなトラブル?診断されたらどうすればいい?をズバリ解説!

ハナウタさんが妊娠中期に診断された「臍帯付着部異常」とはどんなトラブル?診断後に気をつけることや、トラブルに気づく時期などを産婦人科医の田園調布オリーブレディースクリニック院長・杉山先生に解説していただきました。

【医師監修】「プールでも熱中症に!?」赤ちゃんが熱中症になりやすいシーンとなったときの対策法

「熱中症に気をつけて」と言われても、どんな症状が出るのか、どういうケアをしたらいいのか具体的にはわからないという方も多いのでは?乳幼児が気をつけるべき「うっかり熱中症」のことや、症状、対処法などを小児科の先生に解説していただきました!

【医師監修】産婦人科医に聞いた!出産直後におっぱいが張って痛い!辛い!時の対処法とは

うまく授乳できず落ち込んでいたhibikさん。そんな中、助産師さんからおっぱいが張って痛む時の対策として水で濡らした紙おむつをあてる方法を教えてもらったそう。産婦人科医の杉山太朗先生におっぱいが張った時の対処法を聞きました。

【助産師監修】「おひなまき」をするとすんなりねんねするって本当?正しいやり方は?助産師の浅井貴子先生に聞いてみました!

はな@まるママさんの記事にも出てきた「おひなまき」。不思議と赤ちゃんがよく眠るようになるとのことですが、なぜ包むと眠ってくれるのか?正しい巻き方や注意点、向いている赤ちゃんのタイプなどを助産師さんに聞いてみました。

【医師監修】胎嚢が見えたのに心拍確認できないのは?子宮外妊娠の可能性は?産婦人科医の杉山太朗先生に聞いてみました!

子宮内膜ではないところに受精卵が着床してしまう子宮外妊娠。ママから栄養をもらうことができないので妊娠継続できないばかりか、放っておくとママの命に関わることも。産婦人科の医師に子宮外妊娠の自覚症状や心拍確認との関係性などを伺いました。

【医師監修】「前歯は15往復磨かないとダメ?」1歳半の歯科健診の指導内容について、歯科医師倉治ななえ先生が再チェック!

モチコさんが投稿した「チョコ、クッキー、ジュース…下の子の周りにある魅惑のあれこれ。早期デビューを1歳半健診で相談すると…」。そこで、歯みがきについて新たな発見があったり、認識していた内容と違うアドバイスされて驚いたことがあったそう。 それに…

【医師監修】妊婦が「はしか(麻しん)」に感染したら? 「風しん」との違いを産婦人科医 宗田聡先生に聞きました

沖縄を中心に流行した「はしか(麻しん)」。妊娠中に、はしか(麻しん)に感染するとどんな影響があるのでしょう? 体験記では、妊娠初期に「風しん」の疑いがあったというエピソードがありましたが、風しんとはしか(麻しん)の違いは? 広尾レディース院…

【医師監修】どんなお産がいいのかは、人によって全然違うもの。自分のお産は、自分がいいと思う産み方で。 荻田和秀先生(りんくう総合医療センター)に聞きました。

お産が間近に迫ってくるにつれて、「陣痛の痛みに耐えられるか不安―」、そんな声をもらす妊婦さんは少なくありません。どうにかしてポジティブにお産に望めるよう、お産の痛みや、産み方などについてどのように考えたらいいのか、「コウノドリ」の舞台のモデ…

【医師監修】もしもおなかの赤ちゃんに病気が見つかったら? 荻田和秀先生(りんくう総合医療センター)に聞きました。

妊娠したら、赤ちゃんには元気に生まれてきて欲しいと思うのは自然なこと。それゆえに、途中で何らかの異常が見つかった場合、その事実を受容するまでには大きな困難がともなうことでしょう。 胎児の異常を指摘されたお母さんやお父さんがどのように受け止め…

【医師監修】帝王切開の人は皆、痛みに耐えて頑張っている。 自分のお産に誇りを持って欲しい 荻田和秀医師(りんくう総合医療センター)に聞きました。

ふつう、出産、と言えば、経腟で産む自然分娩を思い浮かべる人が多いでしょう。 しかし、近年の日本では、帝王切開は増加傾向にあります。5人に1人が帝王切開で分娩する今日。妊娠すればだれもが帝王切開となる可能性はあり、想像以上に身近なことであると…

【医師監修】ハイリスクって言われても、妊婦さんには 「案ずるより、産むがやすし」の心でいて欲しい 荻田和秀医師(りんくう総合医療センター)に聞きました。

妊娠・出産は病気ではない―。このことは誰もが知っていることだし、普通は、お産をしても母子ともに元気であるものだ、と思っている人も少なくないでしょう。 しかし、大反響だったドラマ「コウノドリ」によって、妊娠・出産にはリスクがあり、医療の支えが…

【医師監修】「腹直筋離開」ってどんな病気?どんな人がなる?産婦人科医の井上裕子先生に聞いてみました

「赤ちゃんを出産後、出べそになってその後痛みが出てなかなか治らなかった」というゆきさんの体験談。 ゆきさん自身が後から調べたところによると「腹直筋離開」というこの耳慣れない病気について、どんな病気なのかを立川市の井上レディースクリニック院長…

【医師監修】赤ちゃんの向きグセの原因は?どうすれば治る?頭の矯正は必要? 小児科医 北浜直先生に聞きました

関連記事:向きグセがある息子の頭が三角形になってしまった!? 4歳になった今の頭の形は… by ぽんぽん 向きグセの逆側に赤ちゃんの頭を向かせても、身体をそりながら戻ってきてしまう…。気づけば息子の頭は三角形に!!という、ぽんぽんさんの体験記にあった…

【医師監修】妊娠中にウイルスに感染したらどうすればいい? ワクチン接種は? 宗田聡先生に聞きました。

「妊娠中に上の子が水疱瘡に!? 自分に免疫があるかどうか焦った」というヒビユウさんの記事にあるように、妊娠中に身近な人がウイルス感染した場合はどうすればいいでしょう? ワクチン接種と合わせて、広尾レディースの院長 宗田聡先生にお聞きました。 …

【医師監修】新生児を大人と一緒にお風呂に入れても問題ないの?小児科医 森戸やすみ先生に聞く

新生児を大人と一緒の湯船に入れていたというこちらの体験記。 5人の子どもをお風呂に入れてきたベテラン父。新生児だってワイルドに入浴 一般的には生後1ヵ月頃まではベビーバスなどを使った沐浴を勧められますが、新生児期から大人と一緒のお風呂に入るこ…

【医師監修】初診で風邪と言われたのに再診でRSウイルス感染症が判明。これって医者の診断ミス?小児科医 森戸やすみ先生に聞く

当サイトでご紹介した体験記の中に、「生後5ヶ月で発熱し、小児科を三度受診してようやくRSウイルス感染症が判明した」という内容の記事がありました。 生後5ヶ月で初めての発熱!信頼できるかかりつけ医の大切さを痛感した出来事 記事の中に「もしも昨日こ…

【医師監修】1歳の子に伊勢海老や玉子かけご飯ってあり?子どもの食物アレルギーについて小児科医 森戸やすみ先生に聞く

当サイトでご紹介した体験記の中に、「子どもに伊勢海老のお刺身や玉子かけご飯を与えたら、嘔吐や痙攣を引き起こした」という記事がありました。 その時は突然やってくる!繰り返す嘔吐に痙攣…はじめてのアナフィラキシーショック 子どもの食物アレルギーを…

【医師監修】妊婦さんは子どもと食べ物を共有しないで!サイトメガロウイルスについて産婦人科医、きゅー先生に伺いました

軽い気持ちで受けた「サイトメガロウイルス」の検査でまさかの陽性反応!? 再検査から結果が出るまでの間、不安に押しつぶされた…というちぃすりぃさんの体験記。サイトメガロウイルスの名前は聞いたことがあるけれど、内容や症状についてはよく知らないと…

【医師監修】生理再開してないのに2人目を妊娠したのはどうして?! 産婦人科医・きゅー先生に伺いました

「産後、生理が一度も来なかったのに妊娠した!?」というまいこさんの体験記にもあるように「2人目妊娠は生理再開してから」と思っている人は結構いると思います。「月経がなくても妊娠はします」というのは、産婦人科医のきゅー先生。 妊娠前と産後の生理…

【医師監修】乳児にはちみつを与えてはいけないのはなぜ? 離乳食で気をつけたい食品を小児科医 森戸やすみ先生に聞く

はちみつ入りの離乳食を与えられた生後6カ月の乳児が死亡するという痛ましい事故のニュースが報じられました。はちみつを乳児に与えてはいけないのはなぜでしょうか?小児科医の森戸やすみ先生に伺いました。 Q. 赤ちゃんにはちみつを与えてはいけないのはな…

【医師監修】腹帯は着けなきゃダメ?人によって違うことを言われたら…? 産婦人科医・きゅー先生に伺いました

「産院で助産師さんに腹帯を薦められて購入したのに、翌週は別の助産師さんには外しなさいと言われて困惑した」、ゆうひまほさんの体験記にあるように、腹帯を着用する、しない、で悩まれる妊婦さんは結構いらっしゃるようです。腹帯は着用した方がいいので…

【医師監修】混同しやすい「産後うつ」と「マタニティブルー」。症状の違いは? ~産婦人科医きゅー先生の本当に伝えたいこと~

こんにちは、産婦人科医のきゅーと申します。 前回は、「帝王切開」についてお話しさせていただきました。 今回のテーマは「産後うつ」。 前回同様、「とにかくわかりやすく信頼できる妊娠情報」をモットーに説明したいと思います。 前回のお話:自然分娩>…

【医師監修】授乳中に薬を服用するのはNG?風邪を引いたらどうすれば・・・?産婦人科医、きゅー先生に伺いました

授乳中に薬を服用するのはNGというイメージを持たれている方が多いと思います。 実際に、内科を受診して薬を処方してもらえなかったケースもあるようですが、そもそも、薬を飲んだママの母乳は、赤ちゃんへどう影響するのでしょうか。 授乳期間中も薬はたい…

【医師監修】どこまで拭くべき?石鹸はつける?女の子のおまたのお手入れ方法を泌尿器科医に聞く

女の子のおまたのケアの悩みは尽きません。 ママも女性とはいえ、陰部は自分では見えない場所にあるので、ひだの奥まで拭くべきなのか、石鹸で洗うのか?などわからないことは多いものです。 関連記事:悩ましい女の子のおまたケア。一体どこまで深追いして…

【医師監修】子宮頚管が2.5cmになったら要注意!「切迫早産」 ~産婦人科医きゅー先生の本当に伝えたいこと~

産婦人科医のきゅーです。 首都圏にある周産期センターで働きつつ、暇な時間を使って医療関係のブログなんかを書いています。 ブログを始めたきっかけは、「医者の話は難しい!わかりにくい!」「質問すると怒られる!」「お世辞にもいい対応とは言えない」…

【医師監修】子どもを産んだら内臓の位置が変わった!?産後の体の変化について、産科医の笠井先生に伺いました

今日公開の、内野こめこさんの体験記。 「出産を機に胃の位置が変わった?」という内容の記事、気になりますよね 元記事はこちら:出産で体質改善!? 出産を機に突然胃腸が健康になった話 そこで、産後の体の変化について、産婦人科医の笠井靖代先生に伺い…

【医師監修】3歳までにむかないと要・包茎手術!?ママの悩みの種、男の子のお手入れ方法を泌尿器科医に聞く

当サイトでご紹介した体験記の中に、 「ママがおちんちんをむくケアをしていたら、尿路感染症になってしまった」という内容の記事がありました。 誰にも言えなかった話。ママには疑問ばかりのおちんちん事情、ついには私のせいで尿路感染症に… 男の子ママに…

【医師監修】授乳中の検診は?セルフチェックは?小林麻央さんの報道で高まる乳がんへの関心。産科医・竹内先生に伺いました

女性の罹患率が年々上昇している「乳がん」。40歳以上で罹患率が上がると言われていましたが、近年では若い世代に発症するケースも少なくないようです。 先日、小林麻央さんが乳がん闘病中であることが発表されました。小林さんは33歳と若く、お子さんも小さ…

【医師監修】ゲップが出ない!そんな時にオススメの体勢は… 小児科医 森戸やすみ先生に聞く

当サイトでご紹介した体験記の中に、 「赤ちゃんの足をM字開脚にして背中をさするとゲップが出やすい」という内容の記事があり、「試したら本当出た!」と大きな反響をいただきました。 背中を叩くのは本当に合ってる? 赤ちゃんも苦しくない上手なゲップの…

【医師監修】肌トラブルから食物アレルギーに?ステロイドは?赤ちゃんのスキンケアについて、小児科医 森戸やすみ先生に聞く

当サイトでご紹介した体験記の中に、「赤ちゃんの肌トラブルが悪化し、食物アレルギーを発症した」という内容の記事がありました。 「お母さんの責任です」肌荒れの処方薬を敬遠していたら…娘が食物アレルギーに 赤ちゃんのスキンケアに頭を悩ませている方、…

【医師監修】赤ちゃんの落下事故、その時親はどうするべきか。小児科医 森戸やすみ先生に聞く

4月3日に当サイトに掲載した体験記について、読者の方から多くの声をいただきました。その体験記は「ママが留守の間に赤ちゃんをみていたパパが、オムツ替えの時にベッドから転落させてしまい、ママに知られないよう落下事故を隠した」という内容でした。(…