妊娠・出産・育児の情報サイト


【医師監修】妊娠中の仕事、今までと同じ働き方で大丈夫?

妊娠中も仕事を辞めずに続ける妊婦さんが増えています。そんななか、妊娠中も妊娠前と同じように働き続けられるか、体調がつらいときの仕事はどうしたらいいのか悩む人も多いでしょう。妊娠と仕事の両立について考えるとき、知っておきたいことについて詳しく解説します。

監修医師

宗田 聡先生

広尾レディース院長
茨城県立医療大学客員教授

医学博士。日本産科婦人科学会認定医・指導医。臨床遺伝学認定医・指導医。筑波大学卒業後、筑波大学講師として臨床・研究・教育に従事。その後、米国ニューイングランドメディカルセンター(NEMC)遺伝医学特別研究員、茨城県周産期センター長(筑波大学産婦人科臨床准教授兼任)などを経て、2012年より広尾レディース院長。東京慈恵会医科大学非常勤講師、筑波大大学院非常勤講師などもつとめる。

仕事によるストレスや疲労の蓄積には注意を

妊娠中の体に負担のかからない働き方で

近年では女性の就業率が上昇して産休・育休制度の整備も進んだことから、妊娠中でも仕事を続ける人がとても増えています。特にハードな仕事をこなしてきた人などはこれまでと同じ働き方でも大丈夫なのか不安になる人もいるでしょう。おなかに赤ちゃんがいるという大事な体ですし体調にも波があり、良いときもあれば悪くなるときもあります。周囲の協力を得ながら負担のかからない働き方をすることがとても大切です。

危険な作業はできるだけ避けて

まず業務内容に転倒や事故による外傷(けが)の危険がある仕事は必ず避けましょう。事業主には妊娠中の女性を危険な業務に就かせることは法律で禁じられていますので、業務の転換などの措置をお願いすることができます。

一方この職種だから、この業務だから流産率や早産率が上がるという明確な統計学的処理が施されたデータはありません。続けても良い、悪いを絶対的に言い切れるわけでもないのです。

疲労に要注意

つわりがひどい、出血している、おなかが張っているというときは当然休むべきなのですが、それ以外にも妊婦さんが働く際のモノサシとして大切にすべきは、ストレスや慢性的な疲労の蓄積です。日々仕事をしていれば一時的なストレスや疲労は誰もが感じるでしょう。しかし問題はそれが慢性的で継続的であり、必要以上に自分が追い込まれるようなもの。妊娠中に業務内容の見直しをしないまま継続するのはあまりおすすめできません。

体に負担がかかる仕事は改善を要求しよう

働く妊婦はさまざまな法律に守られている

現在は、働く妊婦さんを守るための法整備が以前に比べてかなり進みました。例えば、妊婦さんにさせて良い作業は範囲が制限されており、以下のような負担の大きい仕事は、座ってできる仕事やデスクワーク、負荷の軽い作業に転換してもらうことができます。

コラム

負担の大きい仕事の例

1.重量物を取り扱う作業
 継続作業6~8㎏以上
 断続作業10㎏以上
2.外勤等連続的歩行を強制される作業
3.常時、全身の運動を伴う作業
4.頻繁に階段の昇降を伴う作業
5.腹部を圧迫するなど不自然な姿勢を強制される作業
6.全身の振動を伴う作業 等
【出典/厚生労働省委託 母性健康管理サイト「妊娠・出産をサポートする女性にやさしい職場づくりナビ」より一部改変】

体調に影響のない軽易な業務に転換を

こうした「負担の大きい仕事」はあくまで一例であり、ここに該当しなくても妊婦さんには労働基準法における母性保護規定により「妊婦の軽易業務転換」(労働基準法第65条第3項)が認められています。これは妊婦さん自身が請求すれば、ほかの軽易な業務に変えてもらうことができるという法律です。前述のようにストレスや慢性的な疲労が蓄積している状態の人は、妊娠中の体に対してキャパシティーを超えた業務が課されている可能性が高いでしょう。上司に今よりも軽易な業務の転換をお願いしてみることをおすすめします。また、妊娠中の体調は良いときもあれば悪いときもあります。いざ休みたいときには休めるという労働環境も大切です。

交渉するときには働き続ける姿勢も大事

周囲に迷惑をかけたくないという気持ちから言い出しにくい人もいますが、おなかの赤ちゃんのためにも、お願いすべきことはしっかりお願いしましょう。軽易な業務への転換をお願いするときに気を付けたいのは今後の職場での人間関係や、産休・育休後の復帰までを見据えたうえで、自分にはずっとこの仕事を続けて戦力として貢献したい意思があるが、無事に妊娠・出産できるよう今は力を貸してほしいという姿勢です。また、協力してくれる上司、周囲の同僚には常に感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。

必要に応じて「母健連絡カード」を活用

医師が事業主に必要な措置を伝えるカード

例えば上司との交渉が苦手で言い出しにくい場合は主治医に相談して、事業主が必要に応じた措置をとってもらうための「母性健康管理指導事項連絡カード」を活用しましょう。母子健康手帳にも記載されています。

制度をうまく利用して柔軟な働き方を

現在では、働く妊婦さんはいくつもの法律に守られ、制度上では、妊娠・出産を最優先としたうえでの就業ができるようになっています。つまりつらい体調、危険な業務、負担の重い作業内容での就業をする必要はないので必要な療養期間をとる、作業を制限してもらうなどの措置を講じてもらうようにしましょう。もしも体調が悪いのに無理をして早産などになってしまった場合、気落ちして今後の就労にも意欲がわかず結果的に職場を離れる、といったケースもあります。今後を見据えたうえでも妊娠中の今だけは無理をせず体を大切にして、無事に出産に至ることができるよう働き方には十分に気を付けていきましょう。

コラム

もしも勤め先が納得してくれなかったら…

妊娠・出産・育児そのものやそれらに関する各種制度を利用したことを理由に、事業主が行う解雇、減給、降格、不利益な配置転換、契約を更新しないことを「不利益取扱い」といいます。万が一不当な扱いを受けた場合は会社の人事労務などの相談担当者や労働組合に相談してみましょう。社内に該当部署などがなければ都道府県の労働局などの外部機関にもぜひ相談を。

この記事のまとめ

妊娠・出産を最優先にできる働き方をしよう

妊娠中は体調に応じた無理のない働き方をしていくことが大切です。ケガの可能性がある業務をのぞけば特にやってはいけない仕事はありませんが、慢性的な疲労やストレスが蓄積する仕事は妊娠中には不向きなので業務の軽減や転換をお願いしましょう。妊婦さんはさまざまな法律に守られており、つらい体調のまま働く必要はありません。必要に応じて産科の主治医に記入してもらう「母健連絡カード」の活用も進められています。

構成・文/
秋田恭子
イラスト/
山村真代

【1400人にアンケート】妊娠・出産して、仕事続ける?辞める?いつ決めた?

妊娠・出産で、体調や働ける時間が大きく変わり、生活や働き方を見直す人も多いですよね。そこで、先輩ママたちに、妊娠前の仕事を続けられた?それとも退職や転職を考えた?いつ決断した?など「ワーママのお仕事」について大調査しました。 今回のテーマは…

【1400人にアンケート】職場への妊娠報告、みんないつした?

妊娠がわかってとても嬉しいけれど、このまま仕事をこなせる?会社にはどのタイミングで報告すべき?と迷いますよね。先輩ママたちがいつ職場に報告したか、上司・同僚にはそれぞれどんなふうに話したか、詳しくご紹介します。 今回のテーマは… 職場への妊娠…

【医師監修】働く妊婦さん、仕事中のつらいつわり、どう乗り切る? 産婦人科医がアドバイス!

吐き気、眠気、だるさなど、とにかくつらい「つわり」。おなかが目立たない時期だから職場のみんなにもわかってもらえないし、何より通勤電車で立っているのがつらい‥‥。働く妊婦さんがこの時期をどう乗り切ったらよいのか、産婦人科医の竹内正人先生に伺い…

【医師監修】妊婦が安心して通勤するには?

特に都市部の満員電車などでは押されたりぶつかったりしたらどうしようと、通勤を「怖い」と感じる妊婦さんも少なくありません。妊娠中でもラクに快適に安全に通勤するためにはどういう方法があるのか、利用できる制度やグッズはあるか、詳しく解説します。 …

初めての妊娠と仕事の両立

私は24歳の時に妊娠しました。初めての妊娠で、つわりがこんなにも辛いモノだとは思いもしなかったので、仕事はアイリストをしておりましたので幸い座り仕事でしたが毎日の電車通勤が地獄のようでした。 妊娠してすぐ、悪夢の日々でした。そう、悪阻(つわり…

心も体も限界寸前だったけど…。気持ちを爆上げしてくれた産休前に作ったリスト by りんりんまま

妊娠後期のフルタイム勤務が想像以上にしんどく、いつも産休までの日数を数えて気が滅入りそうになっていたというりんりんままさん(@rin_rin_mama_T)。でも、あるリストを作ることを決めると気持ちが一変したのです!

仕事(教師)との両立

教師になって三年目の1月に妊娠が判明しました。 産休に入るタイミングは新学期が始まってからになるので、当時担任していたこどもたちには迷惑をかけることはないと思っていたのですが、予想外だったのが悪阻でした。 2月下旬ごろから悪阻がはじまり、食…

つわり?なんだかすっきりしない!

現在妊娠17週です。 妊娠が正確に分かったのは妊娠9週のときでした。 分かったとたんに、胃のもたれやのどがつっかえた感じ、これまで好きでたまらなかった甘いものを全く欲しなくなり、なんだかすっきりしない日が増えました。 新年度が始まってすぐだっ…

プロポーズ、妊娠、結婚式、家探し。全てが同時!全て2ヶ月の間に!

接客、販売業を約7年しています。性格はのんびり屋のぼちぼちが好きなタイプです。 そんな私が約2ヶ月の間に、婚約、入籍、結婚式の準備、新居探し、家具家電を揃える、ベビ子の準備をフルで仕事をしながら、何とかやり遂げた体験記です。 夫に年明けプロポ…

妊娠したらいつまで通える?通勤ラッシュ

妊娠が分かり喜んだのも束の間。ひとつ心配だったのは仕事との両立でした。幸いにも産休・育休の取得実績も多く、ちょうど育休を取っているスタッフもいる理解ある職場ではありましたが、都内へ電車通勤をしていた私にとっては通いきれるかどうかが一番の気…

ワーキングマザーについて

接客業で元々は立ち仕事をしていました。重い物を持ったり、脚立に登って作業とかもしなくちゃ行けなかい業務内容でした。 妊娠してからはデスクワークにシフトチェンジしてもらいました。職場の理解はちょっとまだまだだなって思う時はあるけど、頑張って理…

つわりで仕事が出来ない!普段からの段取り準備に救われた妊娠初期

妊娠が分かったのは部署を異動して10か月が経とうとするときでした。 事務職ですが専門的な知識が必要で残業も多く、これから頑張るぞ!と思っていた矢先の妊娠、嬉しかったけど、正直不安の方が大きかったです。 悪阻もそろそろ始まるかもねと産院で言われ…

隠さず相談してストレスフリーに

会社にはたくさん産休育休取得者がいましたが、チームには誰もいない状態でした。なので、妊娠後、どうするのが正しいのか分からず不安になったのですが、まずはすぐに(妊娠2ヶ月ほど)上司に先に伝えました。 不妊治療してたのも伝えてたせいか、とても喜ん…

理解のある職場

私は34歳の保育士です。 もともと結婚も遅かったのでなかなか妊娠に至らず、病院に通い始めたころに筋腫が見つかり手術を受けました。手術が終わり半年ほど安静にしたあと、妊活を再開しました。 きっとすぐにはできないだろうな…。高齢出産の時期に入るし、…

安定期に入るまで我慢

人によって色々な過ごし方や体験、経験があるかと思います。 私の場合の妊娠初期、以下をシェアします。 妊娠前まで、仕事の関係で出張が多く、忙しい毎日を過ごしていました。 将来のこと、保活や復帰タイミングなどを考え、妊娠については夫婦で計画的に進…

妊娠中期の体調不良

私はデスクワークがメインの仕事をしていて比較的休みやすく、また職場にママも多いので妊娠や出産には理解のある環境です。とは言え、やはり体調不良で休むのは気を遣います。 2人目の妊娠は、1人目の時の経験もあるので、つわりが本格的になる前に上長に報…

フルタイムは妊娠後期もつらい!

フルタイム勤務です。 特にトラブルがないので予定日前6週間前まで働いています。が、意外にも後期もお腹が大きいのできつかった! ちなみに、かなり理解のある会社ではありますが、有給などをくっつけて早く産休に入っていいような雰囲気はなく、むしろ元気…

看護師妊婦

私は看護師をしています。経験的にも中堅になってきた頃です。 妊娠がわかるまでは2交代の病院で夜勤を月に7回ほど入っていました。 看護師仲間が妊娠し切迫流産、早産になるのをかなりの人数みていたので妊娠がわかった段階で上司にのみ妊娠したため夜勤を…

妊娠しながら授業は辛かった

体育の教員です。仕事をしながらつわりとの戦いについて描きたいと思います。 私の職場は、先生方がとても協力的で本当によくして頂きました。しかし教科の特性上、他の先生方の協力だけではどうにもならないこともありました。 仕事をされている人にとって…

職場の先輩男性のマタハラ発言に同僚が激怒。相手に伝えることの大切さ by とまぱん

とまぱんさんの初掲載記事。妊娠中、職場での何気ない会話のなかで先輩男性からマタハラ発言が飛び出ます。ランチも一緒に行くような仲なのに…!とまぱんさんはスルーしようとしていましたが、一緒にいた同僚が激怒してくれて…。

職場に妊娠報告、オープンにして良かったこと&悪かったこと

私は妊娠がわかり、心拍が確認できて、母子手帳を受け取ったその日に会社の上司と管理職に出産報告をしました。 // もしその後流産になったとしても会社を休まなければならない可能性は高いことも考えれば、何も言わずに休むより、周りを信頼して全て打ち明…

2人目妊娠で無事最終出社日を迎える

職種:システムエンジニア 仕事内容:事務職総合、デスクワーク 1人目の子供が年少さんに上がった頃から、ふともう1人子育てしたいなーと思い、4月から妊活を始めました。無事に8月に妊娠が判明し、一安心!つわりライフが始まりました。 そもそもつわりがひど…

つわりの時期、職場へ妊娠していることを伝えていなかったのでとてつもなく辛い期間に

高等学校で教員をしています。 // 授業はもちろん、休日の部活指導や朝の校門指導、職員室ストーブの給油など、さまざまな仕事があります。 まだ安定期に入る前、管理職にだけ妊娠報告しており、全体への報告は年度末にしようと話し合いで決まっていました。…

妊娠と仕事の私なりの付き合い方

妊婦になった私なりの仕事の両立方法を書かせて頂きます。 妊娠が判明した後、私の場合幸いにもつわりがほとんどなかった為、仕事の時間が不規則でしたが以前と変わりなく働く事が出来ました。 つわりが酷くなかったのは単にラッキーなだけで、妊婦さん全員…

産休ぎりぎりまで働かない!

営業職のハツマタでした! 立ちっぱなし、歩き回るの長時間労働でしたが、どの程度まで働いて良いかわからず 「働きすぎると切迫になるよ〜」と先輩ママからは切迫流産についておどされておりました(笑) 勤務先は自由に有給がとれる制度だったので、産休よ…

アパレルの接客や品出しなどの立ち仕事。働きはじめてすぐに妊娠が判明して…

プチプラコーデでとっても人気な某アパレルメーカーで働いていました。 仕事内容は接客や品出しなどの立ち仕事。 入社当初は週4、1日6〜8時間程度働くつもりでいましたが、働いてすぐ妊娠が判明してしまい、妊娠報告がしづらかったです。 なので1ヶ月ほど経…

妊娠と仕事の両立

私は自然に妊娠ができないと病院で言われていました。 不妊治療に中々踏み込めず子供も諦めてた時に第1子を授かる事ができました! 色々突然だったのでとにかく不安な事ばかりでした。 私は事務の仕事をしているのでどのタイミングで職場に伝えるべきなのか…

迷惑をかけたくなくて仕事に燃えていた妊娠中。頑張りすぎな私に先輩がかけてくれた言葉 by あい

つわりも落ち着いてきた妊娠5ヶ月目。つわり中に仕事を休んだことと、産休で穴を開けてしまう申し訳なさを感じていたというあいさん。その分を少しでも取り戻したくて、必死に動いてアピールしていました。でも無理をしている姿に気づいた先輩が…

妊娠初期から新しい仕事をスタート。職場に妊娠報告をして受けいれてくれました!

一般的には妊娠すると仕事を辞めるかどうかを悩むところですが、私の場合はいろいろなタイミングが重なって、妊娠してから仕事を始めました。 引越しを終え、子供の保育園の入所の手続きと職探しを同時進行して、保育園に通いだしてアルバイトの合否を待って…

働く女性が妊娠した時にぶつかる壁と出会うサポート

夫が転職し県外へ引越すため、長く働いた職場を泣く泣く辞める事になりました。それまで共働きで夫婦の時間が少なく、この機会に子どもが欲しいと思い、しばらく専業主婦をしていましたが、稽留流産を経験。その後不妊治療を開始するなど、家にいることが徐…

仕事をうまく続けていくコツ

私は現在妊娠8ヶ月で現役で仕事をしています。 はじめにつわりの時期の仕事をどう乗り越えてきたかお話しします。 まず、ほとんどの方が経験するというつわりですが、人によって時期や期間はバラバラらしいです。 私の場合、妊娠判明後すぐにはじまり約1ヶ月…

つわり中の仕事が辛すぎて涙の日々

契約社員として、1日実働8時間、拘束時間9時間という条件のもと働いていました。フロント事務でしたが、塾業界でしたので生徒の自転車の整理なども仕事のうちでした。 妊娠が判明するまでは自転車を持ち上げて整理していましたが、妊娠が分かってからは重た…

いつ終わるのつわり…

30歳にして初妊婦となり、夏につわりがやってきました。 仕事はフルで立ち仕事。 職場はほとんどが男性でしたが、妊婦に対しては理解がありました。 妊娠初期では立っていられないくらいの立ちくらみ、動機と息切れで戸惑う日々に加えて食べつわり。 食べな…

妊婦は働かせてもらえない

19歳です。 私は妊娠4ヶ月になったばかりの時に彼の転勤で引越しをしました。新しい土地に来て初めて産婦人科でお腹に赤ちゃんがいることが分かりました。 それまではスーパーで品出しのバイトをしていたこともあり、実母からのアドバイスも聞いて8ヶ月まで…

勤務時間

妊娠が分かった時、私はショッングモールの中にあるエステ店の店長をしていました。営業時間は朝10時から夜10時までで、責任者なのでだいたい遅番の夜は閉店までお店にいました。 若手に任せられない仕事もあったので早出をする事もしばしばありました。毎日…

仕事と自分の体調、どちらを優先する?難しかった妊娠初期の働き方

一人目を妊娠した時は、私は正社員としてフルタイムで働いていました。予備校職員で、教科を教えていたわけではないですが、教室運営に関わり、高校生の担任のような仕事をしていました。 そんな中、妊娠をした時いちばん大変だったのは、自分の体調を気遣う…

切迫流産、切迫早産で 産休前から休業

私は、小売の店舗で販売・接客の仕事をしていました。 妊娠初期のつわりの頃から 店長や仕事仲間には 妊娠を報告しており、「いつでも気分が悪くなったら座って休んでね!」「重いものを持ったり、高い所の物を取るときは私がするから呼んでね!」とたくさん…

妊娠初期は疲れやすい毎日…。周りの協力が何よりありがたかった

仕事をしながら不妊治療を経てようやく妊娠!妊娠が分かった時には喜びにあふれて毎日が楽しかったです。 妊娠当初から予想以上に疲れやすくて、仕事も家事もうまく回らないことが続いてしまいましたが、夫をはじめ、職場の理解があったおかげで、疲れやすさ…

なめてました。妊娠悪阻…

私は看護師をしています。看護師は5年目ですが、今の職場にきた時の10月。職場には内緒で妊活をスタートしました。何故このタイミングかと言うと育児休暇をもらうためです。 私の病院では、一年以上就業していないと育児休暇はあげられないという規定があり…

自分ひとりだけの身体ではないということ

思いがけない妊娠で、命を授かるのは本当に奇跡で有り難いことだと感じました。 私は仕事に没頭する毎日で、これからさらに多忙を極める時期での妊娠でした。 仕事を続ける中で 【このままでいいのかな?】 【ずっと現状の仕事を続けられるのかな?】 【結婚…

妊娠初期も在宅ワークに奮闘。眠気との戦いが一番の難関でした!

フリーランスでグラフィックデザインやイラストを描いて働いています。妊娠が分かってからも、代わりがいないため予定日直前まで仕事が入っていました。3人産みましたが3度とも吐き気といったつわりはなく、仕事への支障はそれほど無かったのです。しかし、…

妊娠初期の体調不良、辛く大変なこともあったけど仕事がストレス発散になっていました!

妊娠していることが分かったけど、職場にはいつ言えばいいのかとても悩みました。妊娠検査薬で妊娠していることが分かったのが5週目、病院で妊娠と確定されたのが7週目でした。産休の引き継ぎもあるので早めに報告しないととは思っていても、何が起こるか分…

つわりとの戦い

建築関係の仕事をしています。事務所のスタッフは男女半々で、皆さん子供がいる方々です。 自分自身、妊娠に気付いたのが妊娠2ヶ月に入ってからでした。周りの人は痩せていく私に心配していたようですが、病院に行く前だったので誰も妊娠とは思わなかったよ…

無理して仕事しすぎた妊娠初期。上司との話し合いで状況に変化が!

私の職業は建物の図面を描く仕事で、だいたい一人一物件の割り当て。職種的に男性比率が高め。ほぼ四六時中PCと睨めっこで、残業もありました。 アルバイトから正社員になり10年くらい経ちますが、支社含め未だかつて働きながら妊娠した女性がいない職場で、…

妊娠したことを同僚に話すタイミング

妊娠がわかってすぐ直属の上司とマネージャー、部長に報告。 部長より安定期に入ったら同僚に報告するということで話してたのですが、歓送迎会でマネージャーがふっと一部にもらしてしまいました。みんなで結婚に対しておめでとうと言ってたのですが、最近異…

においづわりで昼休憩難民に。見つけたオアシスは奥の奥にある、暗くて狭い、あの場所でした by あい

あいさんの初連載記事。においづわりだったあいさんが一番困ったのは、会社の休憩室のにおいに耐えられなかったこと。おかげで昼休憩をする場所がなく、途方にくれてしまいます。でもある日、人や寄り付かないオアシスような場所をみつけたのです!

会社でも通勤電車でもバスでも理解してもらえない妊婦生活。相談窓口に相談も…

私は20代後半の女性です。 妊娠前はIT関連企業の営業マンをしていました。入社して3年で妊娠がわかり、会社に報告しました。すると、会社での生活は一変しました。まずは事務業務をする部署に移動をさせられました。慣れない作業を一から教えてもらうことに…

職場への妊娠報告は不安だったけど…。産後復帰を固く決意した上司からの嬉しい言葉 by にくきゅうぷにお

世に溢れる職場でのマタハラの噂話。にくきゅうぷにおさん( @nikukyupunio)もそんな噂に怯えて、職場への妊娠報告は不安だったそう。でも実際に上司に妊娠を伝えてみると嬉しい言葉をかけてもらえ、あることを決意します。

妊婦にはキツかった…片道約2時間の高速バス通勤

職場(平日9時~17時の事務職)に正社員として勤めています。先々週、自然分娩で健康な女の子を出産しました。 妊娠初期には、つわりで1週間入院、その後1ヶ月は自宅療養のため妊娠障害休暇(14日間有給)と有給休暇20日程度を取得。妊娠4か月目から8…

妊娠報告後のマスク解禁に浮かれていた私に激震。女上司のマタハラ発言にワナワナワナ… by 白目向き子

女の敵は女。『妊娠した』ということを職場に告げて、少なからずきつい言葉や冷たい態度があるのだろうということはテレビや友人の話を聞いて覚悟していました。 けれど、まさかの妊娠・出産の経験がある女性に言われたということがとてもショックでした。 …