妊娠・出産・育児の情報サイト


育児0歳

オシャレで高いベッドメリーが欲しかった! 3児のママが教える「三者三様」の反応は? by もつ

ベッドメリーがどうしても欲しかったもつ(@mameko_h)さん、どのくらい使えるのか悩んだもののやっぱり欲しい、とご主人を説得して購入!いざ、娘さんに使ってみると反応はイマイチ…。それから3年後、息子くんに使ってみると…

夫婦はそもそも違う人間だから「察して欲しい」じゃ伝わらない by いくたはな

共働きなのに家事育児の全てを丸投げで自分は飲みに出てばかりの夫。ついにため込んだ不満が爆発したいくたはなさんは、夫と腹を割って話し合いすることに。その結果どうなったのかというと…。書籍『夫を捨てたい』(祥伝社)を抜粋してご紹介!

何をやっても泣き止まない!そんな時、一番効果があったのは?! by プクティ

プクティ(@Pukutyma)さんは、産まれて数カ月はなかなか泣き止まない我が子に苦労し、泣き止まそうと色々と模索したそうです…。実際に試したことと、プクティさんの場合のそれらの効果のありなしをご紹介します!試してみる価値あり!

社交的な娘が、母の人見知りを克服させてくれた! by ぴまるママ

昔から人見知りだったというぴまるママさん。娘には社交的になって欲しいから、自分が人見知りを克服してお手本を見せなくては!と思っていたそう。だけど、支援センターなどでも緊張してうまくいかず。結局、人見知りを克服させてくれたのは…。

ゴミの吸引だけでなく水拭きまで!疲れた母の心も癒やす、ロボット掃除機『DEEBOT OZMO T8』 by 石塚ワカメ

こんにちは。石塚ワカメです。フリーダムすぎる小3男児と3歳女児、激務で影の薄い旦那と余裕なく暮らしています。 小さい子どもがいると、びっくりするくらいすぐに家が散らかりますよね…。とくに我が家の住人たちは床を収納かゴミ箱だと思っているらしく…

保育園からの呼び出し対応は毎回ママ。私の仕事は夫より軽んじられて当たり前? by いくたはな

育児に非協力的な夫への不満、そして社会から取り残された孤独感に押しつぶされそうになっていたいくたはなさん。予定より早く仕事復帰するも、早くも保育園から呼び出し電話の洗礼を受けて…!書籍『夫を捨てたい』(祥伝社)を抜粋してご紹介!

実父は説得できなかったけど…あきらめずに撮ってよかった、スタジオでの家族写真 by チーコ

お宮参りでは残念な写真しか残せなかったので、百日祝いでは絶対にスタジオで家族写真を撮る!と決めていたチーコさん。でも写真嫌いの実父に参加を断られ、義母も遠慮して辞退すると言われ…。でもあきらめずに撮影を決行した結果は?

1ヶ月健診で言われた「身長の伸びが悪いな」。妻の焦りがどんどん増していく… by しろやぎ秋吾

出産直後から母乳育児がスムーズにいかず、焦りと不安を感じていたしろやぎさんの奥さん。夫(父親)であるしろやぎさんは、奥さんの力になってあげられず1ヶ月健診の時期に。そこで医師から言われたひと言にどんどん焦りが増していくのです…

混ぜて焼くだけ、失敗なし!手づかみ食べに超おススメの“ベビーフードおやき” by 豆さん

赤ちゃんの「手づかみ食べ」のために豆さんが活用しているのはベビーフード!レトルトのパックに片栗粉を入れて混ぜ、フライパンで焼けば、あっという間におやきが完成~!味のバリエーションも豊富で失敗なしのおすすめレシピだそう。

「だって私は稼ぎがないから…」こうして夫にものを言えなくなっていった by いくたはな

出産直後、夫は仕事、妻は家事育児と役割分担してたけど、いつの間にか大きなストレスに。原因は「稼ぎのない自分は夫にものを言う権利がない」と思っていたから…。本日発売のいくたはなさんの書籍『夫を捨てたい』(祥伝社)を抜粋してご紹介!

まぼろしのファーストシューズ物語 〜全く履かずにサイズアウトした理由〜 by hibik

小さくて柔らかくてかわいい「ファーストシューズ」。赤ちゃんの初めての靴にはたくさんの思い出が詰まってる……はずだったけど、実はhibik家の2人の子にはほとんどファーストシューズのエピソードがありません!それはなぜかというと…

母乳外来でおっぱいマッサージ、スーパーでいきなり発熱…乳腺炎エピソードあれこれ by 肉子

肉子さんは二人の子どもたちを母乳育児していたとき、何度も乳腺炎を繰り返していました。「詰まりをとってスッキリしたい」とマッサージに行ったら痛い経験をしたり、スーパーで買い物していたらいきなり発熱したり…乳腺炎あれこれ話です!

ママ友欲しいな…がきっかけで児童館デビュー!のはずが、ベストな時間帯間違えたー!  by もつ

もつ(@mameko_h)さんは、地域に友達がいなかったので孤独に育児をしていました。「ママ友欲しいけどどうやってつくるの?」と思い、児童館へ行ってみることに。でも、なんだかものすごいアウェー感…、まだ早かったかーと遠のいていたけど、後に勘違いをし…

これでもウケてくれるんかい!全力で遊んであげられない罪悪感が減った、ゆるゆる遊び by 豆さん

豆さんの初掲載記事。どんな時でも問答無用で遊べと駆けよってくる我が子。でも毎回全力で遊んであげられるわけではありません。子どもが大好きな「いないいないばぁ」ですが、HPゼロの時の超手抜きバージョンでも喜んでくれて複雑な気持ちに…。

食事中の立ち歩き問題は椅子でどうにかなるはず!我が家が辿り着いたベビーチェアは… by 石塚ワカメ

食事中、動きまくる子どもたちに苦労した石塚ワカメ(@WakameEnk)さん。「椅子さえ変えればどうにかなるはずだ!」と、5種のベビーチェアを試行錯誤。「最初からこれ買っときゃよかった」と思ったほどの神アイテムとは?

写真に無頓着な両親主導のお宮参り。がっかり写真しか残せず大後悔! by チーコ

もともと写真が好きなチーコさん。自分の子どもが生まれたら、たくさん写真を撮ろうと思っていてお宮参りの時には写真スタジオや出張撮影なんかを考えていたそう。でも写真に無頓着な父に相談すると、大反対されてしまいます。

この気持ちは忘れない…。早産で生まれた我が子に初めておっぱいをあげられた日 by ふゆだこん子

妊娠8か月で急遽出産することになったふゆだこん子さん。NICUに通いながら赤ちゃんのお世話を続けていたのですが、ある日、ついに赤ちゃんの呼吸器が取れたので初めておっぱいから授乳することができます。その時の感動といったら…。

赤ちゃんのお鼻が小さくて○○に苦戦! by ぴまるママ

産後、我が子の鼻が小さくて、可愛いなと思っていたぴまるママさん。だけど、可愛いだけではなかったことに気づくのです!せっかく寝かしつけてもHK(鼻くそ)が詰まって息苦しいのかすぐ泣いておきちゃう!!まさかそこに苦戦するとは…。

ハイチェアとテーブル取り付け型チェア。両方使ってみた感想は? by hibik

上の子の時はプラスチック製のハイチェア、下の子の時はテーブル取り付け型のチェアを使っていたhibikさん。両方を使ってみて、良かったところといまいちだったところを徹底比較!とくにテーブル取り付け型チェアがおすすめな理由とは?

可愛い服には罠がある。ビッグベビーの服選び、まずはアレをチェック! by わさび

生まれた時から大きめでその後もビッグに育った、わさびさんの娘ちゃん。生後半年を過ぎ、上下がわかれたセパレートの服を着るようになったころ、可愛い服には罠があることに気づきます。ビッグベビーならではの服選びの要チェックポイントとは?

ハイハイ苦手な弟にクールなツッコミを入れる姉。きょうだいっておもしろい!by 野原のん

野原のん(@non4nohara)さんちの長男くんが寝返りで移動するようになった頃のこと。口に入れようとしたおもちゃをテーブルの上に移動すると、目を輝かせながら「ふん!ふん!」と鼻息荒く手足をバタつかせて、まさかの前進…!?

コレがなければ乗り越えられなかった!よく泣く双子+2歳児育児の救世主アイテム by こむすび

こむすびさんの初掲載記事。産院にいるときから「よく泣く双子ちゃんでお母さん大変そう…」と看護師さんから言われていた双子+2歳児の育児。こむすびさんが、「(ちょっと高かったけど)これがなければ乗り越えられなかった」という神アイテムとは?

ゴッドハンド降臨!!乳腺炎の痛みから解放される!! by さやかわさやこ

こんにちは、さやかわさやこです。 // 前回からの続きになります。 前回エピソード:乳腺炎で悲鳴をあげるほど痛い!市の相談窓口に電話すると・・・? by さやかわさやこ 自宅まで来てくれた助産師さん。溢れ出る凄腕オーラに、私はすでに救われたような気…

赤ちゃんのうんちは臭い?臭くない?いざ産まれてみると… by もつ

もつ(@mameko_h)さんは、出産前から赤ちゃんのうんちの処理ができるのか心配だったそうです。臭いのも耐えられるのか…周囲は臭くないと言うけれどホントに?半信半疑でいざ出産、うんちは臭い?臭くない?

子育てに向いている家って、どんな家? by ぴまるママ

子供が生まれるまでは気にならなかったのに、生まれてから気づくことってたくさん!ぴまるママさんは、家の周りの環境がそのひとつだったようです。産前は、小学校の前という立地を夫婦で気に入っていたそうですが、産後は悩まされることに・・・。

赤ちゃんに泣かれるのが怖い。新生児期のわたしを救ってくれた、あの音 by つぶみ

つぶみさんにとって、新生児期の育児はとにかく不安いっぱいだったそう。いつも赤ちゃんの泣き声にびくびくしていて、2人きりになると赤ちゃんが怖いと感じるほど。そんなつぶみさんを救ってくれたのは、寝かしつけに役立った、ある“音”でした。

ひどかった乳児湿疹。耳ガーゼの写真は、息子のために必死だった私の思い出 by チーコ

耳にガーゼをした息子の写真。これをみるとチーコさんは、乳児湿疹を治すために必死だったことを思い出すそう。生後3週間のころから出始めた乳児湿疹。耳の裏が特にひどくてガーゼをあてたり、髪をきったり。試行錯誤を繰り返します。

生きてる…よかったぁ…。保育器のなかの我が子に初対面してこみあげてきた想い by ふゆだこん子

妊娠8か月のときに緊急帝王切開で出産したふゆだこん子さん。後陣痛や術後の痛みに耐えながらも赤ちゃんと初対面!保育器のなかにいる小さな小さな我が子をみて不安を感じていたなか、赤ちゃんがふゆださんの指を強く握り返してくれます。

頭頂部が写真に収まらない!? 爆毛息子のふわふわ髪を切ってみたら驚きの展開に! by わさび

わさびさんの初掲載記事。生まれた時から髪の毛がふさふさだった、わさびさんの長男くん。やわらかくてお気に入りだったのですが、生後5か月の頃には伸びすぎてまるでソフトクリームのようになってしったので散髪をしたのですが…。

息子のお下がりで足りるけど、やっぱり娘に可愛い服を着せたい! by 笹吉

新品に近いお下がりをたくさんもらって衣装持ちだった4歳の息子。娘が生まれても特に買い足すこともなく過ごしていた笹吉(@sasakichidiary)さん。だけど、一度可愛い服を着させてみたらその可愛さに悶絶!こりゃ買ってしまう!

歩いている子もいるのに、息子はハイハイもまだ!? ゆっくりめの成長が不安だったけど… by マルサイ

マルサイさん(@marusai_info)の長男くんがハイハイを始めたのは生後11カ月の頃。同月齢の子のなかには歩けている子もいるのに…と、成長がゆっくりめな事が不安だったそう。でも次男・三男の成長を見てきた今、感じていることは?

乳腺炎で悲鳴をあげるほど痛い!市の相談窓口に電話すると・・・? by さやかわさやこ

乳腺炎になって、風に当たるだけでも悲鳴をあげるほど痛かったという、さやかわさやこ(@futomomushi)さん。これはどうしようもないと、藁にもすがる思いで市の相談窓口に電話。アドバイスを求めることにしてみたら・・・。

もう全てを投げ出したい…どん底だった私を救ったのは実母の「子育ての後悔」の話でした by 野原のん

何一つ満足に出来ない子育て。「もう嫌だ。全部やめたい。逃げ出したい」そんな暗闇どん底な生活を送っている最中、野原のん(@non4nohara)さんの考え方を一変させてくれたのは、実母による「子育てで後悔していること」の告白でした。

2人目でもやっぱり『毎日が可愛さのピーク!』 by 笹吉

二人目育児は産後から精神的余裕があったという笹吉(@sasakichidiary)さん。新生時期は格別の可愛さだと悶絶し、表情が出てきたら「この頃が一番可愛かった」と思い、結局、二人目もいつまでも可愛さが更新するのでした。

大ピンチ!はじめてのお出かけでアレを忘れたー!そのとき代用したものは… by もつ

もつ(@mameko_h)さんは娘さんを連れて、はじめてのお出かけに行くことに。必要なものを準備して出発! 少しだけ買い物して帰る前におむつをかえようとしたら、おしりふきがない!パニック状態のもつさんは大切にしていたあるもので代用したのですが…

パパの抱っこを暴れて拒絶!このまま父嫌いっ子に成長したらどうしよう! by shin

1歳になる娘はパパが抱っこしようものなら嫌がって思い切り暴れて拒絶!産まれて間もない頃から触れ合うことさえ許してくれません。一体何故ここまで嫌がられるのか…。このまま成長したら大変なことに…!?shinさんの妄想が止まらない!

テーブルの周りをグルグル回るのは、腰も足も限界! 寝かしつけを昔ながらのアレに変えたら… by ぺぷり

赤ちゃん時代は、かなりの時間をあやしたり寝かしつけたりすることに費やされてしまう。抱っこしてテーブルをグルグル回り、寝たかと思って座ると何故か泣き出す…。足腰が限界になったぺぷりさんは、こんなとき昔ながらのアレで寝かしつけをするそうです。

楽してやせる道はない!?「〇〇するだけ」系の商品を散々試してきた結果 by hibik

骨盤矯正のコース特典だった耳つぼジュエリーを試してみたhibikさん。チタン製の小さなシールを付けると耳つぼが刺激され、ツボに連動した症状が改善する…というふれこみのものでした。さっそく自律神経を整えるというツボに貼ってみると…

こんなに忘れちゃうものなの?!3年ぶりの新生児。すっかり忘れていてびっくり! by 笹吉

二人目が生まれて3年ぶりの新生児期間。お世話のこと、色々覚えているだろうと思っていた笹吉(@sasakichidiary)さん。でも実際は、あんなに毎日触っていたオムツのことでさえすっかり忘れていて衝撃だったようです。

子どもにイライラするたび押し寄せる罪悪感。私に母親は向いてない? by 野原のん

イヤイヤ期真っ只中の2歳児と赤ちゃんを同時にお世話する日々。その頃の野原のん(@non4nohara)さんは、朝から夜寝る瞬間まで全く余裕がありませんでした。子どもにイライラするたびに「私に母親は向いてない」と思い詰めていき…

抱っこ紐が漂白剤で色抜けしちゃった!思い切って布用染料で染め直してみた by まる美

ノロウイルスの吐瀉物が抱っこ紐に直撃!あわてて抱っこ紐を漂白してしまったまる美(@babymoni_marumi )さんですが、案の定マダラな感じに色抜けしてしまいます。悩んだ末に思いついたのは抱っこ紐を自分で染めること!

念願の完母に喜ぶも、完母ならではの大変さを実感!! by さやかわさやこ

保健師さんに背中を押してもらったことで完母に移行することに成功したさやかわさやこ(@futomomushi)さん。今までのしんどさが報われたような気がしていたが、今度はその大変さを実感。夜中の細切れ睡眠に、乳腺炎まで…。

母乳をあげていれば自然に痩せると唱えていたら…。産後のわがままボティに愕然!  by つぶみ

産後すぐの体重測定でたった4キロしか減っていないことに驚いたつぶみさん。赤ちゃん分とその他もろもろ減ったはずなのになぜ⁉ しかもまだ妊娠中のようなお腹ぽっこり体型にもビックリ!そこでつぶみさんは産後ダイエットを決意したのですが…。

産後に言われて衝撃的だった言葉5選! by ぴまるママ

初めての育児で色んなことに悩んでいた時のぴまるママさんが、そんな時に「言われて衝撃的だった言葉5選」をご紹介!入院中や母乳外来の助産師さん、実のお兄さんからなど、どのエピソードも当時は厳しいお言葉。今となってはよき思い出?

「預けるのにも慣れが必要」。助成券で初めてベビーシッターをお願いして気づいたこと by まぼ 

生後3か月のころ、まぼさんは区の助成券を使って初めてベビーシッターをお願いしてみることにします。安心してお任せできそうだったので、とにかく寝よう!と布団に入ったのですが…、壁のむこう側が気になって寝られない!!

兄弟でも全然違ったヨダレ事情。 by 笹吉

一人目がヨダレが少ないタイプだったという笹吉(@sasakichidiary)さん。お下がりで足りるかな?と思っていたけど、二人目が産まれてびっくり!ヨダレの洪水でスタイが足りない…という事態に。こんなにも兄弟で差が違うもの?!

痩せた姿を妄想してムフフ…!産後の骨盤矯正10回6万円コースを即日契約しちゃった話 by hibik

二人目出産後、体型戻しに気合いが入っていたhibikさんは、ママ友に紹介されたサロン系の骨盤矯正に行ってみることに。そして勢いで即10回コースを契約!人生最高のプロポーションに生まれ変わった自分を想像してワクワクが止まらない!

新型コロナで中止になった慣らし保育。ぶっつけ本番保育園デビューした結果は? by いくたはな

今年の春、保育園デビューしたいくたはなさんの長女。本来なら入園1ヶ月前から毎日1時間ほど親同伴で「慣らし保育」をするのですが、今年は新型コロナウイルスの影響でぶっつけ本番入園ということに。人見知りが激しい子なのに大丈夫!?

赤ちゃんの1カ月健診で教わった、乳児湿疹が出た時に気をつけること by ハナウタ

ハナウタさんの娘さんの1カ月健診でのこと。あらわれた小児科のイケメン医師を前に事前準備していた質問が吹き飛び、絞りだした質問が“乳児湿疹への不安”。悩めるママも多い乳児期の肌荒れトラブルについての先生の回答は…?

また今日も…生後3ヶ月からはじまった「黄昏泣き」。泣き止むあやし方を見つけたけど、足がガクガク… by もつ

生後3ヶ月、日中は寝かしつけをしなくてもよく寝る子だったもつ(@mameko_h)さんの娘さんでしたが、この時から「黄昏泣き」がはじまったのです。しかも、きまって16時半にギャン泣き!抱っこしても揺らしても泣き止まない!試行錯誤であやした解決策が…